40代独身。ライターになりたい! ドキドキの挑戦日記「ライターへの獣道その8」


ライター志望、アラフォー、派遣社員。独身。

娘の結婚を望むも40歳を過ぎても結婚の気配のない娘を憂う80歳を過ぎた母親と2人暮らし。

アメブロ「アラフォーOL」「貧乏OL」カテゴリで人気ブログを書き、「ウーマンクロスロード」スタート以来、2年にわたってコラムを担当してくださっていたRICOさんがライターの仕事に挑戦した時のブログの転載です(2010年1月から10月。全編原文まま)

<ライターへの獣道 その8 バックナンバーは、こちら

「今日、19時からのセミナーよろしくお願いしますね」
先日面接に行った市内の広告会社のマエダさんから留守電にメッセージが2件も残されていた。

親切な人だなぁ。

会社を出て、予定通りにセミナー会場に向かった。
15分ほど早く着いたので、トイレに入り、ケイタイを見ると、「本日、宜しくお願いします」と、またメッセージ。

ほどなくして会場入りすると、マエダさんが待っていたかのように笑顔で近づき、本日の講師と名刺交換を促された。
リコは名刺を持っていないが、講師は経営コンサルタントで少々割腹のいい男性。

セミナーは定員20人。

「ユビキタス時代の広告戦略」という内容だった。
要は、これからはケイタイ広告で稼げる!みたいな。
で、このケイタイサイトのFC加盟者を募るが目的だということがわかった。

なるほどぉ。
そういうわけでしたか、マエダさん。
そりゃ、親切心も働くか。

マエダさんの広告会社は昔からあるし、怪しいベンチャー企業でもないし、でも・・・どうしてもこの手の話ってのが「臭う」

初期費用●●円。
加盟者数を増やすことで報酬を得られるらしい。

セミナー自体は非常にわかりやすく、総務省が計画するユビキタスジャパンの話もあったりと、説得力もあった。

おっと、これが既にマインドコントロール??

セミナーが終わると、マエダさんに「内容どうでした?この後・・時間あります?良ければ、喫茶店でお茶でも」と言われ、指定の喫茶店に向かった。

するとさっきセミナーに参加していた数人がそれぞれの顧客と各テーブルにちらばり、パンフレットを前に口説く光景。

20年前を思い出す。

当時、会社の同僚が浄水器の販売代理店FCに加盟。
何十万かの浄水器を購入し、これを紹介していくごとに報酬が入るというヤツにハマっていた。
「セミナー参加してみて。すっごくいいから!」と誘われ、しぶしぶ参加した後の「口説き」と全く同じ光景。

小心者のリコは、何の興味を示すことも、金に目がくらむこともなく冷静に判断し、この後の数回にわたる口説きにも揺らぐことはなく終わった。

そして、この会社は詐欺容疑で捕まった。

「リコさんも、4月からライターとバイト兼業するわけでしょう? ウチの仕事を出せることもあるかもしれないけど、FC加盟すれば定期的な報酬があるし、安定するんじゃないかぁ。自分のHP立ち上げて『ライター』を売り込むこともできるわけだし・・また、お話しましょう」

一通りそのシステムの説明を受けたが、おつむの悪いリコにはちょっと飲み込みも悪く、最後にはシステムを考えることがもう面倒くさくなってしまった。
で、「またお話しましょう」った口説かれちゃうの?

どうもこの手の話って胡散臭い気がしてしょうがない。
今の時代、新しいことをやらないやつがバカを見るのかもしれないが。

やっぱり、ウマい話には何とやら・・って思うんだなぁ。

古い人間なんでございましょうかねぇ。

 

 

 

 

 

 

次回の記事アップは、8月24日です。お楽しみに。

40代独身。ライターになりたい! ドキドキの挑戦日記「ライターへの獣道その9」

2/中旬に、編プロB社から3/10締め切りで、宿題原稿を5題もらっていた。某フリーペーパーを想定しての宿題原稿。各記事とも300文字~400文字程度の内容だった。1.行ったことのある「カフェ」について 2.行ったことのある「エステマッサージ」について 3.春ファッションについて 4.映画、演劇、音楽などのレビュー 5.気に行った「広告」のテキストベタ打ち
コメントなし

40代独身。ライターになりたい! ドキドキの挑戦日記「ライターへの獣道その8」

「今日、19時からのセミナーよろしくお願いしますね」先日面接に行った市内の広告会社のマエダさんから留守電にメッセージが2件も残されていた。親切な人だなぁ。会社を出て、予定通りにセミナー会場に向かった。15分ほど早く着いたので、トイレに入り、ケイタイを見ると、「本日、宜しくお願いします」と、またメッセージ。
コメントなし

40代独身。ライターになりたい! ドキドキの挑戦日記「ライターへの獣道その7」

-コピーライター募集-この田舎で珍しい募集広告を見つけたのは、金曜の夜だった。経験も実績もないリコだが、こんな募集を見逃すわけがない。昨日昼休みに連絡を取り、今日面談となった。経歴書と今までのトライアル原稿を数点用意して向かった小さな広告会社。ココは市内でフリーペーパーを発行している。
コメントなし

40代独身。ライターになりたい! ドキドキの挑戦日記「ライターへの獣道その6」

本日は編プロA社の取材に同伴させていただいた。市内のエステサロンの会報向けの、顧客インタビュー。A社代表の「アイ子」さん今日も相変わらずキレイにしていた。ネイルも。肌も。洋服も。バッグも。アイ子さんはB社に比べるとそんなに「愛」というものを感じないのだが、「いきなり」感が意外と好きだったりした。以前、2点ほどの宿題提出と、30分ほどの面接だけで「リライトやってみよっか?」とか。
コメントなし

40代独身。ライターになりたい! ドキドキの挑戦日記「ライターへの獣道その5」

今週は疲れた。会社では、睡魔との死闘。このワケは・・先日の大NG原稿を何度も何度も書きなおしては、一日寝かし、翌日書き直し、また寝かし・・こんなことばかりやっていて今週は毎日寝るのは深夜2時近く。たかが300字の原稿2本というのに。   実際の記事になるものではないが、リコが書いた原稿にはほぼ真っ赤と言っていいほどの赤字コメントがビッチリ。
コメントなし

40代独身。ライターになりたい! ドキドキの挑戦日記「ライターへの獣道その4」

夕方から凹んだ。目を疑った。先日の取材の原稿をトライアルで納品したところ、「思った以上に文章が全然だめ。これじゃ、小さな仕事を出すわけにいきません」と、「愛」ある編プロの女性代表からダメ出しメールが来た。   実際の記事になるものではないが、リコが書いた原稿にはほぼ真っ赤と言っていいほどの赤字コメントがビッチリ。
コメントなし

40代独身。ライターになりたい! ドキドキの挑戦日記「ライターへの獣道その3」

会社に契約更新打ち切りは告げたものの、もう一つの厚い一枚壁、75歳の「母親」にいつ「フリーライターへの道」を白状しようか考えていた。父が30年以上前に他界してから、母は教師をやりながらリコを女手ひとつで育てて来た。だから、とても強い。75歳になっても強さはそのまま。
コメントなし

40代独身。ライターになりたい! ドキドキの挑戦日記「ライターへの獣道その2」

やっと今週が終わったというか、今週は濃厚だったぁ。 14日納品だった例の「リライト」は13日の深夜1時過ぎに書きあげ、A社に送り、日程がタイトだった為、修正はA社が既に行ってくれた。そして、本日、校正のコメントとの成果品がメールで送られてきた。 
コメントなし

40代独身。ライターになりたい! ドキドキの挑戦日記「ライターへの獣道その1」

正月休みも終わり。3連休明けたばかりと言うのに・・今日は会社は「午前半休」を取って、去年からコンタクトを取り始めた編集プロダクションA社の面談に向かった。A社からは提出課題も出されたりと、メールだけのやりとりが続き、やっと今日にこぎつけたのだった。
コメントなし

ピックアップ記事

  1. 「更年期」は、閉経前後の10年間を指しますが、最近は、40代、50代でも若々しく美しい女性が増えてい…
  2. みなさま、こんにちはー^^ 急に寒くなって来ましたね! ソウルは10度以下の毎日のようです。今の時期…
  3. 毎日何時間寝ていますか?個人差があるものの理想の睡眠時間は、6〜8時間。睡眠中の自律神経はリラックス…
PAGE TOP