婚活の分かれ道 ~マリッジ・クロスロード~ 第5回 気持ちはわかる!でも…婚活ファッションの注意点


vintage-pretty-roupas-skirt-Favim.com-4039163第5回 婚活ファッションの注意点 

太ってみられたくない気持ちはとてもよくわかる。でも…。

ぽっちゃり体型を気にして、少しでも細く小さく見えるようにワンサイズ小さめの洋服を着てしまう人も多いようです。無理矢理ボタンを留めた感じは、余計に太って見えます。 

逆に体型を隠すために大き目の洋服を着ると、余計にぽっちゃりして見えますし、だらしない印象、老けた印象を与えがち。「ふんわり優しい感じに見える洋服」と「ただ楽に見えるゆったりした洋服」は、違います。

小さすぎず、大きすぎず、ご自分のサイズのあった洋服の方がすっきり見えますので、体型にあったものを着用するようにしましょう。

こだわりファッションも“適度”が肝心

「好きなブランドへのこだわりが強い」「おしゃれ大好き」「趣味に走り過ぎている」など、「好みのファッションへの思い入れ」が強すぎると男性は、引いてしまうよう。 

・ブランドで全身コディネート

・最先端のトレンドファッション

・ファッション誌から抜け出たようなファッショナブルなスタイル

・ロック・パンク調、極端なミリタリー

・カジュアルすぎ 

などなど、もちろんこれらが悪いわけではありませんが、自分の趣味、好みを最初から全面に押し出すとインパクトが強すぎるので、少しず伝えていくようにするのがいいみたいです。 

かといって適度な〝ぬけ感も大事

がちっと固めたファッションでは、ガードが固すぎる印象を与えてしまいます。ソフトめの明るい色で少し首元が開いているものや、シフォンなど柔らかい素材のもの、ひざ丈やひざ下くらいのスカートなど、脚元を品よく魅せられるファッションを選ぶようにしてみましょう。 

自分に似合うファッションがわからないという人は、いろいろ試着してみては?

一度に全身のファッションを変えるのに抵抗があるなら、小物や靴、ヘアスタイルから取り入れてみるのもひとつの方法です。 

若い年代向けの店でも、バッグやアクセサリーなどの小物は、取り入れやすいかも。ただし、全身をプチプラファッションで固めないこと。プチプラブランドは、とかく若い人の体型にあわせて作られていることが多いので、ご自分の年齢、体型に無理のないものを選び、「イタイ若作り」と思われないようにしたいものです。 

プロの手を上手に借りるbampw-black-and-white-cry-cut-decrease-Favim.com-458173

「人からどのように見られているか」をあまり気にし過ぎるのもよくありませんが、自分を客観的に見てもらう機会を積極的に作りましょう。 

ヘアサロンで、男性の美容師さんに似合うヘアカラーや新しいヘアスタイルを相談してみましょう。ただし、全て「おまかせ」にすると、後から「こんなはずではなかった」ということになってしまっては悲劇ですから、ある程度自分の希望を伝えられるように雑誌のヘア特集などで研究してからいきましょう。 

イメージコンサルタントに、自分に似合う色(パーソナルカラー)を診断してもらったり、体型にあった似合う洋服を提案してもらうことで、新たな自分の魅力に気付かせてもらえます。また、予算にあわせて一緒にショッピングに同行し、似合う洋服選びのアドバイスをしてくれるサービスもありますから、お財布に余裕がある人は利用するといいですね。 

とはいえ、「婚活ファッション」とは、自分らしさや好きなスタイルを否定したり、捨てたりすることではありません。自分の「好き」は、大切にした上で、知らなかった自分、新しい自分の一面を発見する感覚で、ぜひ楽しみながらトライしてみてください。

情報提供/結婚情報センターNOZZE 取材・執筆/川崎あゆみ

【Backnumber】

婚活の分かれ道 年下夫のススメ 第5回「年下夫と上手くいく人 行かない人」

年下夫をすすめる私ですが、人それぞれに性格や結婚生活で求めることによっては、向き不向きがあることも否めません。 そこで、まずはいくつか年下夫質問をまとめてみました。下記の問いにあてはまるかチェックしてみてくださいね。 Q 1:自らのキャリアを積むために、結婚してからも仕事を続けたい
コメントなし

婚活の分かれ道 年下夫のススメ 第4回「年下は デキル男の ステイタス」

「容姿もキャリアを磨き、料理の腕だってファッションセンスだって磨き上げて、なんでまだ私は独身なんだろう・・・。周りは再婚もしているのに・・・」 友人独女が毒を吐き捨てました。 でも、キャリアを磨いているのは、自分だけではありません。
コメントなし

婚活の分かれ道 年下夫のススメ 第3回「盛りまくり 嫁対象から 漏れまくり」

「どこでどうしたら、出会いが訪れるんだろう・・・」と、今日もまた婚活難民の友達がつぶやきました。 パートナーとなる男性はたしかに簡単に見つかるものではないのですが、独身で結婚を望む男性ならば、
コメントなし

婚活の分かれ道 年下夫のススメ  第2回「来ぬのなら 探しに行こう 王子様」

相変わらず「出会いがない」と嘆く私の友人たち。誰か紹介してあげようにも、そろそろ私の独身の男友だちも尽きつつあり、合コンのセッテイングにも限界を感じる今日この頃。
コメントなし

婚活の分かれ道 年下夫のススメ 第1回「年下夫 育成すれば イイ男]

私の周りには、30代、40代の未婚の女友達が多くいる。仕事に対する姿勢も、応援したくなる働きぶりで、才能豊かで、その上”美人”。ただ、そうした女性に限って、なぜか一度も結婚をしていない。そして恋人もいない。
コメントなし

婚活の分かれ道 ~マリッジ・クロスロード~ 第9回 「可愛げのある女」

先日、「結婚したい」男性・女性からよく相談をもちかけられ、実際に知り合いの結婚相談所に紹介などをされている60代男性にうかがったお話です。結婚相手を探している人を見ていて思うことは
コメントなし

婚活の分かれ道 ~マリッジ・クロスロード~ 第8回 「結婚したくない女性が3割!」

先日、とある女優さんが「結婚に興味がない」「家に人がいるのが嫌」だと発言されたことがネットで話題になりました。 今まで私は、「結婚したい」という方にしかお会いしたことがなかったので、少し驚きましたが、調べてみると「女性の […]
コメントなし

婚活の分かれ道 ~マリッジ・クロスロード~ 第7回 「年齢じゃなかった」

先日、友人が8年間の愛を実らせて、晴れてゴールインしました。 結婚式・披露宴にご招待いただき、夫婦2人でお祝いにうかがってきましたが、ご家族、友人たちからの愛に溢れた、心温まる素敵な結婚式・披露宴で、出席した私たちまで幸 […]
コメントなし

婚活の分かれ道 ~マリッジ・クロスロード~ 第6回 [いい男は、みんな結婚している」 でも「いい女も、みんな結婚している」

結婚情報センターNOZZEさまご協力記事は、第5回にて終了しました。 今回から独自の記事作成を行って参りますので、どうぞよろしくお願いいたします。 「いい男は、みんな結婚している」と嘆く独身女性が多いようですが、ちょっと […]
コメントなし

婚活の分かれ道 ~マリッジ・クロスロード~ 第5回 気持ちはわかる!でも…婚活ファッションの注意点

第5回 婚活ファッションの注意点  太ってみられたくない気持ちはとてもよくわかる。でも…。 ぽっちゃり体型を気にして、少しでも細く小さく見えるようにワンサイズ小さめの洋服を着てしまう人も多いようです。無理矢理ボタンを留め […]
コメントなし

婚活の分かれ道 ~マリッジ・クロスロード~ 第4回 外見は、あなたの一番外側の中身

第4回 外見は、あなたの一番外側の中身 ファッションの目的の1つは、コミュニケーション。着ている洋服は、その人の職業、立場、キャラクターなど、その人となりをたくさん語っています。例えば、ドラマや映画の登場人物が画面に登場 […]
コメントなし

婚活の分かれ道 ~マリッジ・クロスロード~ 第3回 女性が結婚相手として男性に望むこと

第3回 女性が男性に望むこと  女性が男性に求める結婚条件は、「高学歴」「高収入」「高身長」いわゆる“3高”と言われていた時代もありましたが、現代において、一般的に女性が結婚相手に望む男性像を見てみましょう。*結婚情報セ […]
コメントなし

婚活の分かれ道 ~マリッジ・クロスロード~ 第2回 「一目惚れ」の決め手は、本当に一瞬!

第2回 「一目惚れ」の決め手は、本当に一瞬!   第1回は、第一印象を決めるのは、3~5秒という内容でした。 今日は、さらに面白い数字を教えていただきましたのでご紹介しますね。   人は、初対面の方に […]
コメントなし

婚活の分かれ道 ~マリッジ・クロスロード~ 第1回 「何を話したか」より、とにかく「見た目」

第1回 「何を話したか」より、とにかく「見た目」   「人は、見た目が9割」とよく言われ、第一印象ってすごく大切なことだという認識も広まっています。最近ではパーソナルカラー診断を受けて、普段のお洋服選びからパー […]
コメントなし

婚活の分かれ道 マリッジ・クロスロード 婚活コラム

女性にとって「結婚」は、人生最大の“分かれ道”かもしれません。   私の周りにも「幸せな結婚」に憧れるものの、「いい出会い」がないと嘆いている人がとても多く、また逆に両親の離婚や不仲などで、自分の結婚に夢を持て […]
コメントなし

 

 

ピックアップ記事

  1. 本日は編プロA社の取材に同伴させていただいた。市内のエステサロンの会報向けの、顧客インタビュー。A社…
  2. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…
  3. はじめまして。韓国ブロガーのマッコリと申します。この度ご縁を頂戴し、Womancross…
PAGE TOP