連載小説「カフェ・コトリ」第2回


 カフェ・コトリ  第2回

(前回までのあらすじ)

糸島の海辺に立つ『カフェ・コトリ』にある日、二人の客が訪れ、店主のミキは驚く。盲目の男性は30年前に別れた恋人、洋一だ。もう一人の若い女性は彼の娘らしい。

 

 年はおそらく20代前半。小柄な体にショートカットが良く似合っている。

「可愛らしい娘さん」

ミキは心の中で呟く。クルクルと良く動く瞳が愛らしい。きっと洋一は、自分が失ってしまった『瞳』を娘の名前に託したのだろう。ミキは胸がつぶれる思いがした。洋一は、どんなにか、娘の姿を見たいだろう…… 

 瞳がメニューを閉じたのを見て、ミキは声を掛ける。

「お決まりですか?」

瞳は一瞬父親を見たが、自分から答えた。

「私は『グァテマラ』を。おとうさんは?」

「『コトリ・ブレンド』を」

「はい、かしこまりました」 

 窓の外は一段と暗くなった。やはり雨が降り出したのだ。ミキはまだ心を静めることが出来なかった。30年振りに会った洋一。少し傾げた首は昔からの洋一の癖だ。声も若干低くなったが、あまり変わらない。 

 糸島には陶芸家が多く住み、沢山の窯が有る。ミキはカフェの定休日には多くの窯を巡り、気に入った珈琲カップや皿を購入するのが常だ。その器を販売もするが、本当に気に入ったカップは手元に置き、カフェで珈琲を淹れて出す。客が来ると、この客にはこれ、とミキは直感で選ぶ。客がそのカップで飲む姿を見て、ほらピッタリだ、と自己満足に浸るのがミキの楽しみであった。 

 ミキは瞳には黄色い野の花を描いた優しい雰囲気のカップ、洋一には素朴でぼってりとした、表面に線状の模様をつけたカップを選んだ。それに丁寧に珈琲を注ぎ、運んで行く。

 「お待たせしました」 

声が震えていないだろうか。 

「有難う」

「おとうさん、熱いから気を付けてね」

「ああ、わかった……このカップは面白い手触りだな……いいね」

「私のカップには可愛い花が描いてあるの」 

 雨が激しくなって来た。 

 洋一と別れた時も雨だった。 

あの日、二人は車中にいた。フロントガラスに激しく打付けては流れて行く雨を見ていた。心も粉々にちぎれ砕かれて流れて行きそうだった。暫く続いた重苦しい沈黙を洋一が破った。

 

「結婚する前で良かった……目の病気が分かるのが」

ミキは、すすり泣いていた。

「ごめんなさい」

「ご両親が反対するのは当然だ。失明する男と結婚させる親はいないよ。娘が苦労するとわかってて」

「でも、洋一は?」

「僕の事は心配しないで」 

 

瞳が甲高い声を上げた。

「お父さん!どうしよう!土砂降りになって来ちゃった」

ミキはハッと我に返った。これから二人は何処に行くのだろう。ミキはお節介かと思ったが、黙っていられず二人に声を掛けた。

 

「あの……傘はお持ちですか?良かったら、お貸ししましょうか?」

瞳は戸惑って瞳を丸くした。

「あ、いえ……」

「何かのついでの時にでも、返して頂ければ。直ぐで無くていいですよ」

「有難うございます。車の中には、傘有るんです。もう少し、小降りになるのを待ちます」

「……そうですね」 

 ミキはゆっくりとカウンターに戻る。洋一は私の声に気付かないのかしら?洋一の声は変わらないけど、私の声は年を取って変わっているのかもしれない。私は洋一が見えるけれど洋一からは私は見えない。そうよ、声で分かる筈が無い、30年も経っているんだもの。 (続く)

rain-1514257_1280

著者/SWAN14516367_1081643321932051_8572239103342503126_n(日高 真理子)
人生の後半戦を『書く事で勝負する!』と目覚め、福岡の『花野塾』にて作家活動中。入塾していきなり、MPA/DHU第2回シノプシスコンテストでベスト8に入り、ハリウッドプロデューサーの前でプレゼンする。第9回南のシナリオコンテスト佳作受賞。バレエとフィギュアスケートと着物を愛する56歳。 

 

 

 

最終回 連載小説「今日。あの人に会いに」

その声に洋一は、体が一瞬痺れた。「ミキだ!」心の中で叫んだ。ミキは今、自分を見ているのだろうか?洋一は白杖をつき、瞳と一緒に店の奥へと歩みを進める。足の裏から感じるのは、弾力と暖か味の有る木の床だ。珈琲と焼けた香ばしい小麦粉の香り。胸の鼓動を抑えきれない。
コメントなし

連載小説「今日。あの人に会いに」第6回

櫻井神社には、子供の頃から毎年初詣に来ていた。そうだ、ミキとも初詣に来た。あの時おみくじを引いて、小吉と末吉とどっちが上か、と二人で論争になったんだった。車から降りると直ぐに洋一は、スッと背筋が伸び、身が引き締まるのを感じた。自分は目が見えないから、きっと殊更に感じるのかもしれない。厳粛な気が満ちている。
コメントなし

連載小説「今日。あの人に会いに」第5回

車は再び海岸線を走っていた。「おとうさん、櫻井神社に行ってみる?」「ああ、そうしよう」「珈琲美味しかったわね」「ああ」車内には、スコーンの香りが溢れている。洋一は心を静める様に深呼吸した。目的は果たした。半年前から、心に秘めていた事を実現させることが出来た。    良かったのか?これで。自分は気が済んだけれど、ミキの心に余計な波風を立たせたんじゃないだろうか?
コメントなし

連載小説「今日。あの人に会いに」第4回

突然、洋一は思い出した。そうだ、れちゃいけない。瞳が席を外している内に。洋一は素早く上着の内ポケットから封筒を取り出した。ミキへの手紙を持って来ていた。悦子に代筆してもらったものだ。どうする?ミキに手渡すか?「後で読んでください」と頼むか?いや、変だ。
コメントなし

連載小説「今日。あの人に会いに」第3回

瞳はミキに話し掛け、糸島のパワースポットの事などを訪ねている。ミキは嬉しそうに答えている。ミキはどんな男性と結婚したのだろう?何人子どもがいるのかな。瞳と同じ位の年か。男か、女か……「今日はお父様とパワースポット巡りですか?」「……そういう訳じゃ無いんですけど…… 実は、私……結婚が決まって」「あら!おめでとうございます」
コメントなし

連載小説「今日。あの人に会いに」第2回

その声に洋一は、体が一瞬痺れた。「ミキだ!」心の中で叫んだ。ミキは今、自分を見ているのだろうか?洋一は白杖をつき、瞳と一緒に店の奥へと歩みを進める。足の裏から感じるのは、弾力と暖か味の有る木の床だ。珈琲と焼けた香ばしい小麦粉の香り。胸の鼓動を抑えきれない。
コメントなし

連載小説「今日。あの人に会いに」第1回

ほのかに流れて来る髪の香りを感じながら、波多江洋一は後部座席に座っていた。運転しているのは娘の瞳だ。洋一は、目が見えない。網膜色素変性症と言う目の病気で30年前に失明した。カーナビが、無機質な女性の声で「この先1キロメートル目的地です」と教えてくれる。
コメントなし

連載小説「カフェ・コトリ」最終回

「あの……」カウンターに戻りかけたミキの背中に瞳が声を掛けた。「はい?」「ちょっと聞いてもいいですか?」「はい、どうぞ」「糸島は沢山パワースポットが有るんですよね?」「パワースポット。そうですね……二見ヶ浦が有名ですね。
コメントなし

連載小説「カフェ・コトリ」第4回

 洋一と店で二人きりになったミキは、急に気持ちが焦り出した。洋一と、もう二度と会う事は無いかもしれない。胸が締め付けられる。ミキは心の中で叫んだ。「洋一、私は此処にいるのよ! ごめんなさい。あの時、あなたを見捨てた事を謝りたい。私に気付いて!」
コメントなし

連載小説「カフェ・コトリ」第3回

「あの……」カウンターに戻りかけたミキの背中に瞳が声を掛けた。「はい?」「ちょっと聞いてもいいですか?」「はい、どうぞ」「糸島は沢山パワースポットが有るんですよね?」「パワースポット。そうですね……二見ヶ浦が有名ですね。
コメントなし

連載小説「カフェ・コトリ」第2回

 年はおそらく20代前半。小柄な体にショートカットが良く似合っている。「可愛らしい娘さん」ミキは心の中で呟く。クルクルと良く動く瞳が愛らしい。きっと洋一は、自分が失ってしまった『瞳』を娘の名前に託したのだろう。ミキは胸がつぶれる思いがした
コメントなし

“女の分かれ道”をテーマにした連載小説「カフェ・コトリ」スタート!

そのカフェは、福岡県糸島半島の海辺にあった。 「カフェ・コトリ」。 珈琲と手作りスコーンを出す店だ。この頃はテレビや雑誌でも「糸島特集」が組まれ洒落た店が増えつつあるが、ミキが始めた頃は未だカフェは珍しかった。
コメントなし

 

ピックアップ記事

  1. 更年期のさまざまな悩みをママ友など近しい人と悩みをシェアできたら、ずいぶん心的負担も軽減されるようで…
  2. 東欧はルーマニアで遅い夏休みを楽しんできました。東欧のパリとも言われるルーマニアは、全てが新鮮!さら…
  3. 「更年期」は、閉経前後の10年間を指しますが、最近は、40代、50代でも若々しく美しい女性が増えてい…
PAGE TOP