連載小説「カフェ・コトリ」第3回


 カフェ・コトリ  第3

(前回までのあらすじ)

糸島の海辺に立つ『カフェ・コトリ』を訪れた2人の客。女店主ミキは、盲目の男性が30年前に別れた恋人、洋一だと気付き心騒ぐ。雨が降り出し、ミキは洋一の娘、瞳に話し掛ける。

 

「あの……」

カウンターに戻りかけたミキの背中に瞳が声を掛けた。

「はい?」

「ちょっと聞いてもいいですか?」

「はい、どうぞ」

「糸島は沢山パワースポットが有るんですよね?」

「パワースポット。そうですね……二見ヶ浦が有名ですね。夕日が美しくて……櫻井神社もいい神社ですよ。厳かな気持ちになります。此処からすぐですよ」

 

ミキは棚から『糸島めぐり』のリーフレットを持って来て瞳に差し出した。

「今日はお父様とパワースポット巡りですか?」

瞳は恥じらうような笑みを見せた。

「そういう訳じゃ無いんですけど……実は、私……結婚が決まって」

「あら!おめでとうございます」

「有難うございます。結婚したらちょっと遠くに行くので、その前に父と一緒に御先祖様に報告しよう、と言う事になって。お墓がこちらに有るんです」

「そうなんですか」

「お墓参りと、後……パワースポットでお願いしたら、少しでも父の目が見えるように

ならないかと思って……」

「今更、無理だよ」

「でも、もしかしたら、奇跡が起こるかもしれないでしょう?」

 

「奇跡」

どうにもならないとわかっていても、それでも人は奇跡を願うものだ。あの時、私も奇跡を願った。もしも奇跡が起こっていれば……でも…… 

 

「治る可能性は無いの?」

「無いらしい……」

「ごめんなさい。あなたが一番辛いのに」

「同情しないでくれ。哀れに思われるのが嫌なんだ」

「同情なんか。あなたの気持ちに寄り添いたいだけ」

「それが辛いって言ってるのがわからないのか」

洋一は苛立った声を出した。これ以上何か言ったら、張り詰めている糸が切れそうで必死に耐えているようだった。もう、私達は終わりなのだ。それでも、せめて最後に洋一に抱き締めてもらいたかった。手を伸ばそうとした。触れたかった。でも、指がほんの少し動いただけだった。 

「……もう……会わない方がいいの?」

「……会わない方がいい」 

最後の洋一の言葉は、自分自身に深く言い聞かせるようだった。 

両親に言われたからでは無かった。ミキは、自分でも、目の見えなくなった洋一をずっと愛して行けるか自信が無かった。失意の洋一を励まし支える事が自分に出来るのか?そう決意したとしても、日々の生活の中で愛するどころか彼を重荷に感じ、憎んでしまうかもしれない。果たして経済的にやって行けるか?どう考えても無理そうに思えた。洋一が別れよう、と言った時、ミキは何処かホッと安心したのだ。そして、二人は別れた。その後、洋一は目の治療のため糸島を離れた。しかし、治療の甲斐無く失明した、と数年後ミキは風の噂で聞いた。  

「少し、小降りになって来た。明るくなって来たわよ、おとうさん」

「そうか」

「良かった」 

微笑ましい父娘の様子を見ながら、ミキは自分と別れた後の洋一に思いを巡らしていた。言葉では表せない程の苦労が有ったに違いない。でも、こんな娘を授かったのなら、洋一は良き伴侶を得たのだろう。それに引きかえ私は…… 

ミキは自分が惨めに感じられた。 

瞳が伝票を掴んで立ち上がったので、ミキはレジに向かった。

「850円になります」

キラキラしたハートが付いた長財布から硬貨を取り出し支払うと、瞳は洋一に優しく声を掛けた。 

「おとうさん、ちょっと待ってて。お化粧直して来るから」

「ああ、わかった」

「奥の左のドアです」 

ミキが指し示すと、弾むような足取りで、瞳は歩いて行った。(続く)

woman-1006102_1280

著者/SWAN14516367_1081643321932051_8572239103342503126_n(日高 真理子)
人生の後半戦を『書く事で勝負する!』と目覚め、福岡の『花野塾』にて作家活動中。入塾していきなり、MPA/DHU第2回シノプシスコンテストでベスト8に入り、ハリウッドプロデューサーの前でプレゼンする。第9回南のシナリオコンテスト佳作受賞。バレエとフィギュアスケートと着物を愛する56歳。 

 

 

 

最終回 連載小説「今日。あの人に会いに」

その声に洋一は、体が一瞬痺れた。「ミキだ!」心の中で叫んだ。ミキは今、自分を見ているのだろうか?洋一は白杖をつき、瞳と一緒に店の奥へと歩みを進める。足の裏から感じるのは、弾力と暖か味の有る木の床だ。珈琲と焼けた香ばしい小麦粉の香り。胸の鼓動を抑えきれない。
コメントなし

連載小説「今日。あの人に会いに」第6回

櫻井神社には、子供の頃から毎年初詣に来ていた。そうだ、ミキとも初詣に来た。あの時おみくじを引いて、小吉と末吉とどっちが上か、と二人で論争になったんだった。車から降りると直ぐに洋一は、スッと背筋が伸び、身が引き締まるのを感じた。自分は目が見えないから、きっと殊更に感じるのかもしれない。厳粛な気が満ちている。
コメントなし

連載小説「今日。あの人に会いに」第5回

車は再び海岸線を走っていた。「おとうさん、櫻井神社に行ってみる?」「ああ、そうしよう」「珈琲美味しかったわね」「ああ」車内には、スコーンの香りが溢れている。洋一は心を静める様に深呼吸した。目的は果たした。半年前から、心に秘めていた事を実現させることが出来た。    良かったのか?これで。自分は気が済んだけれど、ミキの心に余計な波風を立たせたんじゃないだろうか?
コメントなし

連載小説「今日。あの人に会いに」第4回

突然、洋一は思い出した。そうだ、れちゃいけない。瞳が席を外している内に。洋一は素早く上着の内ポケットから封筒を取り出した。ミキへの手紙を持って来ていた。悦子に代筆してもらったものだ。どうする?ミキに手渡すか?「後で読んでください」と頼むか?いや、変だ。
コメントなし

連載小説「今日。あの人に会いに」第3回

瞳はミキに話し掛け、糸島のパワースポットの事などを訪ねている。ミキは嬉しそうに答えている。ミキはどんな男性と結婚したのだろう?何人子どもがいるのかな。瞳と同じ位の年か。男か、女か……「今日はお父様とパワースポット巡りですか?」「……そういう訳じゃ無いんですけど…… 実は、私……結婚が決まって」「あら!おめでとうございます」
コメントなし

連載小説「今日。あの人に会いに」第2回

その声に洋一は、体が一瞬痺れた。「ミキだ!」心の中で叫んだ。ミキは今、自分を見ているのだろうか?洋一は白杖をつき、瞳と一緒に店の奥へと歩みを進める。足の裏から感じるのは、弾力と暖か味の有る木の床だ。珈琲と焼けた香ばしい小麦粉の香り。胸の鼓動を抑えきれない。
コメントなし

連載小説「今日。あの人に会いに」第1回

ほのかに流れて来る髪の香りを感じながら、波多江洋一は後部座席に座っていた。運転しているのは娘の瞳だ。洋一は、目が見えない。網膜色素変性症と言う目の病気で30年前に失明した。カーナビが、無機質な女性の声で「この先1キロメートル目的地です」と教えてくれる。
コメントなし

連載小説「カフェ・コトリ」最終回

「あの……」カウンターに戻りかけたミキの背中に瞳が声を掛けた。「はい?」「ちょっと聞いてもいいですか?」「はい、どうぞ」「糸島は沢山パワースポットが有るんですよね?」「パワースポット。そうですね……二見ヶ浦が有名ですね。
コメントなし

連載小説「カフェ・コトリ」第4回

 洋一と店で二人きりになったミキは、急に気持ちが焦り出した。洋一と、もう二度と会う事は無いかもしれない。胸が締め付けられる。ミキは心の中で叫んだ。「洋一、私は此処にいるのよ! ごめんなさい。あの時、あなたを見捨てた事を謝りたい。私に気付いて!」
コメントなし

連載小説「カフェ・コトリ」第3回

「あの……」カウンターに戻りかけたミキの背中に瞳が声を掛けた。「はい?」「ちょっと聞いてもいいですか?」「はい、どうぞ」「糸島は沢山パワースポットが有るんですよね?」「パワースポット。そうですね……二見ヶ浦が有名ですね。
コメントなし

連載小説「カフェ・コトリ」第2回

 年はおそらく20代前半。小柄な体にショートカットが良く似合っている。「可愛らしい娘さん」ミキは心の中で呟く。クルクルと良く動く瞳が愛らしい。きっと洋一は、自分が失ってしまった『瞳』を娘の名前に託したのだろう。ミキは胸がつぶれる思いがした
コメントなし

“女の分かれ道”をテーマにした連載小説「カフェ・コトリ」スタート!

そのカフェは、福岡県糸島半島の海辺にあった。 「カフェ・コトリ」。 珈琲と手作りスコーンを出す店だ。この頃はテレビや雑誌でも「糸島特集」が組まれ洒落た店が増えつつあるが、ミキが始めた頃は未だカフェは珍しかった。
コメントなし

 

ピックアップ記事

  1. 2/中旬に、編プロB社から3/10締め切りで、宿題原稿を5題もらっていた。某フリーペーパーを想定して…
  2. 代々木上原の住宅街に佇む瀟洒な一軒家エステサロン「vivace(ヴィヴァーチェ)」代表の舟津真里さん…
  3. みなさま、こんにちは〜 だんだんと夏から秋になってきましたね。今回の韓国美容は「生マッコリ」のおすす…
PAGE TOP