連載小説「カフェ・コトリ」第4回


 カフェ・コトリ  第4

(前回までのあらすじ)

糸島の海辺に立つ『カフェ・コトリ』を訪れた2人の客。女店主ミキは、盲目の男性が30年前に別れた恋人、洋一だと気付き心騒ぐ。洋一の娘、瞳と話す内に洋一と別れた時の事を思い出すミキだった。

 

 洋一と店で二人きりになったミキは、急に気持ちが焦り出した。洋一と、もう二度と会う事は無いかもしれない。胸が締め付けられる。ミキは心の中で叫んだ。

 

「洋一、私は此処にいるのよ! ごめんなさい。あの時、あなたを見捨てた事を謝りたい。私に気付いて!」

 

どうしたらいい? 洋一に話しかける? 『私はミキよ』と? いや、出来ない。今更言ってどうなるの? でも、このまま又別れてしまうのは……

 

キョロキョロと辺りを見渡す。ミキは傍らのCDプレイヤーのボタンを押した。

 

店内にCDの鳥の声が流れる。

 

「ああ……」

 

洋一が喉の奥で小さな声を上げた。ミキには、洋一の頬に赤みが差した様に見えた。

 

「これは……アカショウビンの声」

「はい。良くご存知ですね」

「綺麗な声だ」

 

ミキはゆっくりと、洋一の方に歩みを進めながら言う。

 

「昔、付き合ってた人と一緒に良く山にバードウォッチングに行きました。アカショウビンは私達の憧れの鳥で……朝の挨拶の声を聞きたくて夜中から出発したんです。やっとこの声を聞けた時、とっても感激しました。二人で喜び合った……思い出します」

 

洋一は、カップに少しだけ残っていた珈琲を飲み干した。サングラスに覆われた目の表情は見えない。だが、ミキは洋一が早朝の山の光景とアカショウビンの姿を今、はっきりと見ているように感じられた。

 

「私もです。私も良く山に登って鳥の声を聞いたり、珍しい植物を探したり……若い頃は……目の見えていた頃は……ミキは、今も行くと?」

「えっ?」

 

今、何て? 私の名を呼んだ?

 

その時、瞳が小走りに戻って来た。

「お待たせ。行こう、おとうさん」

「ああ」

 

洋一は立ち上がり、その手に瞳が杖を渡す。そして二人はゆっくりと出口に向かって歩き出す。ミキの目の前を通る時、瞳は「ご馳走様でした」と言って、軽く頭を下げた。

洋一は何も言わない。

 

「有難うございました」

 

自分の声が何処か遠くで聞こえる。

 

二人は店を出て行った。

 

あの人が行ってしまう!

ミキは、素早く荒々しく紙袋にスコーンを数個詰め込むと、それを鷲掴みにして出口に向かって駆け出した。(続く)

new-1045954_1280

著者/SWAN14516367_1081643321932051_8572239103342503126_n(日高 真理子)
人生の後半戦を『書く事で勝負する!』と目覚め、福岡の『花野塾』にて作家活動中。入塾していきなり、MPA/DHU第2回シノプシスコンテストでベスト8に入り、ハリウッドプロデューサーの前でプレゼンする。第9回南のシナリオコンテスト佳作受賞。バレエとフィギュアスケートと着物を愛する56歳。 

 

 

 

最終回 連載小説「今日。あの人に会いに」

その声に洋一は、体が一瞬痺れた。「ミキだ!」心の中で叫んだ。ミキは今、自分を見ているのだろうか?洋一は白杖をつき、瞳と一緒に店の奥へと歩みを進める。足の裏から感じるのは、弾力と暖か味の有る木の床だ。珈琲と焼けた香ばしい小麦粉の香り。胸の鼓動を抑えきれない。
コメントなし

連載小説「今日。あの人に会いに」第6回

櫻井神社には、子供の頃から毎年初詣に来ていた。そうだ、ミキとも初詣に来た。あの時おみくじを引いて、小吉と末吉とどっちが上か、と二人で論争になったんだった。車から降りると直ぐに洋一は、スッと背筋が伸び、身が引き締まるのを感じた。自分は目が見えないから、きっと殊更に感じるのかもしれない。厳粛な気が満ちている。
コメントなし

連載小説「今日。あの人に会いに」第5回

車は再び海岸線を走っていた。「おとうさん、櫻井神社に行ってみる?」「ああ、そうしよう」「珈琲美味しかったわね」「ああ」車内には、スコーンの香りが溢れている。洋一は心を静める様に深呼吸した。目的は果たした。半年前から、心に秘めていた事を実現させることが出来た。    良かったのか?これで。自分は気が済んだけれど、ミキの心に余計な波風を立たせたんじゃないだろうか?
コメントなし

連載小説「今日。あの人に会いに」第4回

突然、洋一は思い出した。そうだ、れちゃいけない。瞳が席を外している内に。洋一は素早く上着の内ポケットから封筒を取り出した。ミキへの手紙を持って来ていた。悦子に代筆してもらったものだ。どうする?ミキに手渡すか?「後で読んでください」と頼むか?いや、変だ。
コメントなし

連載小説「今日。あの人に会いに」第3回

瞳はミキに話し掛け、糸島のパワースポットの事などを訪ねている。ミキは嬉しそうに答えている。ミキはどんな男性と結婚したのだろう?何人子どもがいるのかな。瞳と同じ位の年か。男か、女か……「今日はお父様とパワースポット巡りですか?」「……そういう訳じゃ無いんですけど…… 実は、私……結婚が決まって」「あら!おめでとうございます」
コメントなし

連載小説「今日。あの人に会いに」第2回

その声に洋一は、体が一瞬痺れた。「ミキだ!」心の中で叫んだ。ミキは今、自分を見ているのだろうか?洋一は白杖をつき、瞳と一緒に店の奥へと歩みを進める。足の裏から感じるのは、弾力と暖か味の有る木の床だ。珈琲と焼けた香ばしい小麦粉の香り。胸の鼓動を抑えきれない。
コメントなし

連載小説「今日。あの人に会いに」第1回

ほのかに流れて来る髪の香りを感じながら、波多江洋一は後部座席に座っていた。運転しているのは娘の瞳だ。洋一は、目が見えない。網膜色素変性症と言う目の病気で30年前に失明した。カーナビが、無機質な女性の声で「この先1キロメートル目的地です」と教えてくれる。
コメントなし

連載小説「カフェ・コトリ」最終回

「あの……」カウンターに戻りかけたミキの背中に瞳が声を掛けた。「はい?」「ちょっと聞いてもいいですか?」「はい、どうぞ」「糸島は沢山パワースポットが有るんですよね?」「パワースポット。そうですね……二見ヶ浦が有名ですね。
コメントなし

連載小説「カフェ・コトリ」第4回

 洋一と店で二人きりになったミキは、急に気持ちが焦り出した。洋一と、もう二度と会う事は無いかもしれない。胸が締め付けられる。ミキは心の中で叫んだ。「洋一、私は此処にいるのよ! ごめんなさい。あの時、あなたを見捨てた事を謝りたい。私に気付いて!」
コメントなし

連載小説「カフェ・コトリ」第3回

「あの……」カウンターに戻りかけたミキの背中に瞳が声を掛けた。「はい?」「ちょっと聞いてもいいですか?」「はい、どうぞ」「糸島は沢山パワースポットが有るんですよね?」「パワースポット。そうですね……二見ヶ浦が有名ですね。
コメントなし

連載小説「カフェ・コトリ」第2回

 年はおそらく20代前半。小柄な体にショートカットが良く似合っている。「可愛らしい娘さん」ミキは心の中で呟く。クルクルと良く動く瞳が愛らしい。きっと洋一は、自分が失ってしまった『瞳』を娘の名前に託したのだろう。ミキは胸がつぶれる思いがした
コメントなし

“女の分かれ道”をテーマにした連載小説「カフェ・コトリ」スタート!

そのカフェは、福岡県糸島半島の海辺にあった。 「カフェ・コトリ」。 珈琲と手作りスコーンを出す店だ。この頃はテレビや雑誌でも「糸島特集」が組まれ洒落た店が増えつつあるが、ミキが始めた頃は未だカフェは珍しかった。
コメントなし

 

ピックアップ記事

  1. 更年期のさまざまな悩みをママ友など近しい人と悩みをシェアできたら、ずいぶん心的負担も軽減されるようで…
  2. 東欧はルーマニアで遅い夏休みを楽しんできました。東欧のパリとも言われるルーマニアは、全てが新鮮!さら…
  3. 「更年期」は、閉経前後の10年間を指しますが、最近は、40代、50代でも若々しく美しい女性が増えてい…
PAGE TOP