連載小説「今日。あの人に会いに」第6回


 

2016年10月から2カ月間、5回にわたって連載された「カフェ・コトリ」のスピンオフ小説。「カフェ・コトリ」「今日。あの人に会いに」どちらからでもお読みいただけます。

 

 (前回までのあらすじ)

盲目の波多江洋一は、30年振りに糸島の『カフェ・コトリ』を訪れ、元恋人のミキに会った。しかし帰りの車中、ミキへの手紙を代筆してくれた妻の悦子に申し訳ないと思う洋一だった。


今日。あの人に会いに  第6回

櫻井神社には、子供の頃から毎年初詣に来ていた。そうだ、ミキとも初詣に来た。あの時おみくじを引いて、小吉と末吉とどっちが上か、と二人で論争になったんだった。

車から降りると直ぐに洋一は、スッと背筋が伸び、身が引き締まるのを感じた。自分は目が見えないから、きっと殊更に感じるのかもしれない。厳粛な気が満ちている。

「こっちを行ったら近道みたいだけど?」
「ちゃんと入り口から入ろう」
「うんそうね、わかった」
 洋一と瞳は少し坂を下りて、大きな鳥居の前まで来た。

 瞳は案内板を読んでいる様だ。
「おとうさん、寛永六年っていつ?」
「さあ?あ、さっきカフェでもらったリーフレットが有っただろう?書いてないか?」
 瞳はゴソゴソとバッグの中を探っている。
「車に置いて来ちゃった」
 
 二人で頭を下げ、鳥居をくぐって歩いて行く。石の参道なのに、足裏からは不思議と冷たい感じが伝わって来ない。全てを受け入れてくれるような温かさだ。
「おとうさん、足元、気を付けて。石のアーチの橋なの。すごく急角度な」
「ああ、太鼓橋だな」
 瞳に導かれ、ゆっくりゆっくりと確かめる様に歩を進める。若い頃来た時の光景を思い出す。
「この下は池だろう?」
「うん、金魚が泳いでる」

 参道を歩く。樹の匂い。鳥の声。ああ、そうだ、鳥の声……ここに来て、良かったな。
瞳と一緒にお参りした事、きっと後々まで思い出すだろう。
「手を洗う?」
「ああ」
 手水舎で瞳が柄杓を渡してくれる。
洋一は丁寧に手と口を清め、瞳から受け取ったハンカチでそれを拭った。

門をくぐり拝殿の前までやって来る。
「私が杖持ってるから、はい、おとうさん、鈴鳴らして」
「瞳がすれば」
「ううん、おとうさんがして」
綱を引く。鈴がジャラジャラと音を立てる。瞳が何かを手に握らせた。賽銭だ。
「はい」
「お、すまんな」
「軽い感じで山なりに投げれば入るから」
まるで自分が子どもで、瞳が親になったみたいだ。洋一は少し微笑みながら賽銭を投げ、 心を込めお参りした。

 境内はひっそりと静かだ。
「順路が書いてあるよ。……沢山……色んな小さい神様がいるのかな」
「じゃあ、その通りお参りしよう」

 今度はいつ来れるかわからない。ましてや、瞳と一緒に来るのはこれがひょっとしたら、最初で最後になるかもしれない。洋一と瞳は一つ一つの小さな社(やしろ)の名前を確認しながらお参りした。そうして全部のお参りが済んだ後、
「おみくじ引く?」
 と、瞳が訊ねる。
「いや……おとうさんはいい。瞳は引いたらいい」
「いやぁ、怖い、凶が出たらどうしよう」
と言いながら、何時の間に買ったのか、もう紙を破いている音がする。
「やった!大吉だ!」
「おお、良かったなあ」
瞳は小躍りしてジャンプしている。

「鹿児島での新生活もバッチリ上手く行くな」
「そんなの当たり前じゃん」
「自信満々。えらい変わりようだな、凶が出たら怖いってビクビクしてた癖に」
「あたし、くじ運いいの忘れてた」
「こういうのもくじ運って言うのか?」
「勿論そうよ」
瞳の燥いだ声。他愛の無い会話。瞳が結婚して家を出て行ったら、こんな事も無くなるのか……。寂しいな。

その時、何か空気が変わった気がした。

荒い息。躍動する足音。動物だ。馬?

「あっ!馬が!2頭!」
「馬?」
「うん、まだ若い……黒い馬が2頭、山の方からすごい勢いで駆け下りて来た!すごい、
すごいほら、こんなに近くに。どうして? 野生?」
「野生?どうだろう?」
空気を荒々しく掻き回すように、2頭の馬の力強い蹄の音がする。そしてその音は直ぐに遠ざかって行った。
「行っちゃった」
「……」
「何か、信じられない。あっという間に来て、 あっという間に行っちゃった。夢みたい。 夢だったのかな」
「神社に2頭の馬か……飼っているのかな」
「放し飼い?」
「伊勢神宮には神馬がいたぞ。確か、鶏も」
「そうなんかな。まるで私達に会いに出て来てくれたみたいね。良い事有るかもね、おとうさん」 
「良い事……ああ、そうだな」

 洋一と瞳はその後、伊勢神宮の分祠である櫻井大神宮にお参りし、車に乗り込んだ。陽が西に傾きかけている。

「さあ、帰ろう」
「ああ」
「疲れたでしょ、おとうさん」
「いや、平気だ。瞳こそ」
「うん。家まで気を抜かないで運転する」

 洋一は、いつの間にか睡魔に襲われ眠ってしまった。どれくらい寝ていたのだろう。

「ああ、すまん……起きていようと思ったのに」
「別に謝らなくていいよ」
「今、どこ?」
「もう、北九州市内よ」
「そうか……」

 突然、軽快な着信メロディーが流れた。

「あ、ちょっとちょっと待って」
 音が止んだ。瞳は車を停め、バッグを探っているようだ。
「おかあさんからだ」
と、呟く。
「何だろう?」
「何だろうね?今、掛け直す」
 微かな呼び出し音が聞こえる。
「あ、おかあさん?……うん、大丈夫…………うん、うん、もう帰って来よう……え?……いいよ。じゃあ、そこで待ってて、直ぐ行くけん……うん、じゃあね」
「おかあさん、なんて?」
「今、仕事終わったんだって。もう市内まで帰って来てるって言ったら『拾って」って」
「そりゃ、ちょうど良かったな」

 数分車を走らせただろうか。瞳が弾んだ声を出した。

「あっ、いたいた!おかあさん、手を振ってる!」《続く》 

 

著者/SWAN

14516367_1081643321932051_8572239103342503126_n(日高 真理子)
人生の後半戦を『書く事で勝負する!』と目覚め、福岡の『花野塾』にて作家活動中。入塾していきなり、MPA/DHU第2回シノプシスコンテストでベスト8に入り、ハリウッドプロデューサーの前でプレゼンする。第9回南のシナリオコンテスト佳作受賞。バレエとフィギュアスケートと着物を愛する57歳。 45回創作ラジオドラマ大賞コンクールでベスト8入り。

 

 

 

 

最終回 連載小説「今日。あの人に会いに」

その声に洋一は、体が一瞬痺れた。「ミキだ!」心の中で叫んだ。ミキは今、自分を見ているのだろうか?洋一は白杖をつき、瞳と一緒に店の奥へと歩みを進める。足の裏から感じるのは、弾力と暖か味の有る木の床だ。珈琲と焼けた香ばしい小麦粉の香り。胸の鼓動を抑えきれない。
コメントなし

連載小説「今日。あの人に会いに」第6回

櫻井神社には、子供の頃から毎年初詣に来ていた。そうだ、ミキとも初詣に来た。あの時おみくじを引いて、小吉と末吉とどっちが上か、と二人で論争になったんだった。車から降りると直ぐに洋一は、スッと背筋が伸び、身が引き締まるのを感じた。自分は目が見えないから、きっと殊更に感じるのかもしれない。厳粛な気が満ちている。
コメントなし

連載小説「今日。あの人に会いに」第5回

車は再び海岸線を走っていた。「おとうさん、櫻井神社に行ってみる?」「ああ、そうしよう」「珈琲美味しかったわね」「ああ」車内には、スコーンの香りが溢れている。洋一は心を静める様に深呼吸した。目的は果たした。半年前から、心に秘めていた事を実現させることが出来た。    良かったのか?これで。自分は気が済んだけれど、ミキの心に余計な波風を立たせたんじゃないだろうか?
コメントなし

連載小説「今日。あの人に会いに」第4回

突然、洋一は思い出した。そうだ、れちゃいけない。瞳が席を外している内に。洋一は素早く上着の内ポケットから封筒を取り出した。ミキへの手紙を持って来ていた。悦子に代筆してもらったものだ。どうする?ミキに手渡すか?「後で読んでください」と頼むか?いや、変だ。
コメントなし

連載小説「今日。あの人に会いに」第3回

瞳はミキに話し掛け、糸島のパワースポットの事などを訪ねている。ミキは嬉しそうに答えている。ミキはどんな男性と結婚したのだろう?何人子どもがいるのかな。瞳と同じ位の年か。男か、女か……「今日はお父様とパワースポット巡りですか?」「……そういう訳じゃ無いんですけど…… 実は、私……結婚が決まって」「あら!おめでとうございます」
コメントなし

連載小説「今日。あの人に会いに」第2回

その声に洋一は、体が一瞬痺れた。「ミキだ!」心の中で叫んだ。ミキは今、自分を見ているのだろうか?洋一は白杖をつき、瞳と一緒に店の奥へと歩みを進める。足の裏から感じるのは、弾力と暖か味の有る木の床だ。珈琲と焼けた香ばしい小麦粉の香り。胸の鼓動を抑えきれない。
コメントなし

連載小説「今日。あの人に会いに」第1回

ほのかに流れて来る髪の香りを感じながら、波多江洋一は後部座席に座っていた。運転しているのは娘の瞳だ。洋一は、目が見えない。網膜色素変性症と言う目の病気で30年前に失明した。カーナビが、無機質な女性の声で「この先1キロメートル目的地です」と教えてくれる。
コメントなし

連載小説「カフェ・コトリ」最終回

「あの……」カウンターに戻りかけたミキの背中に瞳が声を掛けた。「はい?」「ちょっと聞いてもいいですか?」「はい、どうぞ」「糸島は沢山パワースポットが有るんですよね?」「パワースポット。そうですね……二見ヶ浦が有名ですね。
コメントなし

連載小説「カフェ・コトリ」第4回

 洋一と店で二人きりになったミキは、急に気持ちが焦り出した。洋一と、もう二度と会う事は無いかもしれない。胸が締め付けられる。ミキは心の中で叫んだ。「洋一、私は此処にいるのよ! ごめんなさい。あの時、あなたを見捨てた事を謝りたい。私に気付いて!」
コメントなし

連載小説「カフェ・コトリ」第3回

「あの……」カウンターに戻りかけたミキの背中に瞳が声を掛けた。「はい?」「ちょっと聞いてもいいですか?」「はい、どうぞ」「糸島は沢山パワースポットが有るんですよね?」「パワースポット。そうですね……二見ヶ浦が有名ですね。
コメントなし

連載小説「カフェ・コトリ」第2回

 年はおそらく20代前半。小柄な体にショートカットが良く似合っている。「可愛らしい娘さん」ミキは心の中で呟く。クルクルと良く動く瞳が愛らしい。きっと洋一は、自分が失ってしまった『瞳』を娘の名前に託したのだろう。ミキは胸がつぶれる思いがした
コメントなし

“女の分かれ道”をテーマにした連載小説「カフェ・コトリ」スタート!

そのカフェは、福岡県糸島半島の海辺にあった。 「カフェ・コトリ」。 珈琲と手作りスコーンを出す店だ。この頃はテレビや雑誌でも「糸島特集」が組まれ洒落た店が増えつつあるが、ミキが始めた頃は未だカフェは珍しかった。
コメントなし

 

ピックアップ記事

  1. 「更年期」は、閉経前後の10年間を指しますが、最近は、40代、50代でも若々しく美しい女性が増えてい…
  2. みなさま、こんにちはー^^ 急に寒くなって来ましたね! ソウルは10度以下の毎日のようです。今の時期…
  3. 毎日何時間寝ていますか?個人差があるものの理想の睡眠時間は、6〜8時間。睡眠中の自律神経はリラックス…
PAGE TOP