「しくじりアラフォー 僭越ながら申し上げます。人生のたしなみ」第12回


第12回 お礼を言いたいのです

 

2019年になりました。今年もどうぞよろしくお願いします。

 

でも年始早々、私は大好きで大切な親戚のおばさんを亡くしました。

私が住んでいるのが大阪で、叔母は神戸でしたから行き来もよくしていましたし、大変愛に溢れる方で本当にお世話になりました。

 

本当はこの命日は10年前に訪れているはずでした。

10年前に余命三ヶ月を告知されていたからです。

某有名病院から告げられました。

「ただ一つこの手術を受ければ…」

と差し出されたプランは初症例であり前例がない。

 

そして言い方は失礼ですが、食べることも喋ることもできない

改造と言ってはいけませんが、この手術は受けることは難しい、

でもやはり、「生きていて欲しい」と家族は願っていました。

 

おばさんの娘に当たるお姉ちゃん(再従兄弟だけどそう呼んでました)も、

大好きな母親の余命宣告に疲れ果てていましたから、「まだ生きていて欲しいけれど何も考えることができない」と、憔悴していました。

 

私は薄い知識で“再生医療”にかけました。

保険適用外ですから莫大にお金はかかるものの、

幸いにも経済的には余裕があった家族でしたから、病院側の話を一緒に聞くことになりました。

でも、再生医療も当時はまだまだ認知度も低ければ、本当に効力があるのかわからないもの(今も私はよくわかっていないと思います)。

 

でも、「愛する人をなんとか」と思うお姉ちゃんの気持ちも考えれば

私もリサーチしてなんとか方法はないかと探り、

あるクリニックに行き着きました。

 

一人の男性のドクターが相談にのってくださることになりました。

もちろん再生医療を受けるための説明です。

保険適用外の医療をしている人はチャラいと、その当時かなり失礼な先入観を持っていた私は、先生のお姿を見たとき

「うわ、チャラい! やばいのきた!」と率直に失礼に思ってしまいました。

しかもかなりの大阪弁だし、ちょっとイケメンだし(関係ない)

 

治療費は、ワンクール130万だったと思います。それを何度か。

「でも完治するものではない」。

そう聞いて「そうだよね、知ってる・・・」と思いながら・・・

でも、その後私たちは天の声を聞くことになります。

 

先生が

「オペのプラン、ある?」と聞かれたので書類をお見せしたところ

「ここからは俺の独り言やねんけどさ」と続けられ

「このオペ、やめとき。俺のおかんやったらやらへんわ。

  「それと放射線もう、当てられへんって言われた言うてたけど

  それは違うんちゃうかな。ピンポイントで当ててもらい。

  君(私に)、その病院探せそうやから、探し。リサーチして突っ込み」

と言われました。

 

私たちは、その高額な医療を受ける覚悟を持ち、しかも余命を少し延ばすことだけしか期待せずに行きましたから、先生のその言葉にポカンとしてしまったものの、「まだいける」と思い私は関係各所にお願いして、なんとか治療をしてくださるところを見つけることができました。

 

先生は去り際、

「君ならできるやろ。そして、これは内緒やで! 俺もさ、立場があるからさ。じゃね!」

と。

「君ならできる」という言葉。後から思い返せば嬉しかったな。

 

かっこいい…。

 

何がって、先生の利益になるかといえば何にもならない。

彼は自分の立場よりも人を救うと言う医師の本分を優先させてくれたのです。

それが人として、医師としての本当の姿ではないかと。

 

おかげさまでピンポイントで当てる放射線治療は成功し、

余命3ヶ月は10年と延び、叔母は、2019年があけてすぐの先日天に召されました。

 

あの時、先生の独り言というべき天の声は私たち親族一同の祈りを叶えてくださいました。

 

そしてその先生は医師でありながらも、すでにその当時パラレルキャリアで一般企業の役員としてもお仕事されていました。

 

天寿を全うしたおばさんに代わり、お礼が言いたいのです。

 

自分の立場や利益を度外視して、人を救うことをしてくださった

先生。名前がわからない・・・どうされているかも知らない・・・

 

この場をお借りして御礼申し上げます。

そして私も、誰かの何かためになれるような仕事をして行きたいと思います。

 

次回の更新は、2019年2月20日(水)です。お楽しみに!

 

RICAさん

1973年生まれ。45歳。
大学時代から高級セレクトショップで働き、さまざまな人間模様を目にする。その後、国立大学秘書、人材派遣業を経て某電鉄系会社にて人事部人材育成を担当。現在、フリーで研修、時々販売員をしている。研修内容は、「マナーの前にまず躾」「気持ちで動く、働く」をモットーに伝えている。得意分野は医療、ファッション、社会問題、美容とさまざま。

 

 

 

「しくじりアラフォー 僭越ながら申し上げます。人生のたしなみ」第12回

2019年になりました。今年もどうぞよろしくお願いします。でも年始早々、私は大好きで大切な親戚のおばさんを亡くしました。私が住んでいるのが阪で、叔母は神戸でしたから行き来もよくしていましたし、大変愛に溢れる方で本当にお世話になりました。
コメントなし

「しくじりアラフォー 僭越ながら申し上げます。人生のたしなみ」第11回

この2018年は私にとってアラフォーと呼ばれる最後の年でした。そして色々あった年でもありました。はじめにこのコラムを皆様に読んでいただいた時に私は自身をフリーターだと紹介したと思います。今でもそれは変化していないのですが、唯一、この年の最後に誓ったことは
コメントなし

「しくじりアラフォー 僭越ながら申し上げます。人生のたしなみ」第10回

来月はとうとうアラフォーを卒業し、アラフィフを迎える私。そして、今年も色々なできごとの中、改めてありがたいと思うことがありました。窮地に立った時、どれだけの人がどれだけ助けてくれるのかということです。そして、なんとこの方が!と思う人がとても力になってくださったり、
コメントなし

「しくじりアラフォー 僭越ながら申し上げます。人生のたしなみ」第9回

最近、少し思うことがあります。センシティブな問題と思いつつもあえて発信しようと思います。決して否定的なことではないのですが、何か生きていく上で不都合が生じた場合に、「私、メンヘラなんで」 「私、発達障害なので」と、あまりにも精神的疾患を「診断を受けたわけではない」のに
コメントなし

「しくじりアラフォー 僭越ながら申し上げます。人生のたしなみ」第8回

一貫してこのようなことをこのしくじりアラフォーで書かせていただいているような気がします。相手のことを思う、ということほど深く、難しいことはないと思います。そして、必ずしも「付き合いの長さ」と「思いやりの深さ」が比例しないことも最近、気づかされることもあります。 様々な職種や人として考えた時、この「当たり前」主張が気になり始めました。
コメントなし

「しくじりアラフォー 僭越ながら申し上げます。人生のたしなみ」第7回

私は最近気になっていることがあります。「お金を払っているのだから、そのくらい当たり前でしょう」 という主張。確かに、商品に対する代金であったりサービスに対する料金であったり、支払ったからには、 提供する側も努力することもあるでしょう。 様々な職種や人として考えた時、この「当たり前」主張が気になり始めました。
コメントなし

「しくじりアラフォー 僭越ながら申し上げます。人生のたしなみ」第6回

この6月から7月にかけては、地震とお大雨で私の住んでいる地域でも被害がありました。余震や土砂崩れに怯える毎日の中で、私でも少々疲れていますから、更に酷い被害を受けられた方を思いますと、本当にお気の毒でございます。人は有事の際に内省すると私は思っています。例えばこの天災時においても様々なことを考えさせられました。
コメントなし

「しくじりアラフォー 僭越ながら申し上げます。人生のたしなみ」第5回

この話は宝くじの話ではありません。「しごと」についてのお話であります。私が自称「しくじり」を名乗っている理由の中には、「私、一山当てるから!」と言いながら、その一山が来ないままアラフォーになったということです。若い頃からそうでした。幸か不幸かある程度はこなしてしまう
コメントなし

「しくじりアラフォー 僭越ながら申し上げます。人生のたしなみ」第4回

このように私も、コラムという形で自分の考えを皆様にお伝えする機会をいただいて、とてもありがたく思っています。最近はSNSで今まであり得なかったであろう、どんな方も公共の場において自分の考え等や情報を発信できるようになりました。と、同時にもちろんたくさんのトラブル
コメントなし

「しくじりアラフォー 僭越ながら申し上げます。人生のたしなみ」第3回

よく巷で聞く「じりつ」ですが、どの漢字を思い浮かべるでしょうか。「自立」と「自律」これは違うのです。私が新卒社員採用時に、上司から「君は、何を持った新入社員がいいと思う?」と「リーダーシップ!」と答えたのですが、 「リーダーシップってさ、面接の時に分からへんわ」
コメントなし

NEW!「しくじりアラフォー 僭越ながら申し上げます。人生のたしなみ」第2回

そのひとは、ご存命ならまだ30代半ばであったと思います。私が人材育成担当として仕事をしていた時、いえ、入社前から彼女のことは知っていました。とある店舗のアルバイトさんで元気がいっぱい。声はでかい。呼び込みすごい。
コメントなし

NEW!「しくじりアラフォー 僭越ながら申し上げます。人生のたしなみ」第1回

こんにちは。しくじりアラフォー、Ricaです。軽く自己紹介をさせていただきます。仕事は、フリーターです。ある時は販売員、ある時は研修講師、ある時はライター・・・フリーランスなんてものではなく、フリーター。です。(ここ肝心です!)女性のキャリア形成が騒がれている昨今に
コメントなし

ピックアップ記事

  1. シュールなコラムとイラストで人気だった「結婚したい!40代独身Rico's コラム」のRicoさんが…
  2. インターネットラジオ番組「ウーマンクロスロード」第2回ゲストワードローブ管理コーチ 玉木晶子さん…
  3. 以前、あるタイ人のTEDでのスピーチで耳にしたのは「生きることは楽しいこと。でも、楽しさの矛先を見失…

Twitter

バナーエリア

Because I am a Girl 世界の女の子たちに、生きていく力を 国際NGOプラン・ジャパン

Webをもっと
貴方の身近に B&Cカンパニー
PAGE TOP