NEW!「しくじりアラフォー 僭越ながら申し上げます。人生のたしなみ」第2回


第2回 忘れられない 女性(ひと)。人を育てるということ

そのひとは、ご存命ならまだ30代半ばであったと思います。

私が人材育成担当として仕事をしていた時、

いえ、入社前から彼女のことは知っていました。

とある店舗のアルバイトさんで元気がいっぱい。

声はでかい。

呼び込みすごい。

 

彼女はもう、何年もその店舗も含め周辺のチェーン店舗で

働いていたので私は顔を覚えていました。

巡り巡って私は、彼女の勤務する店舗の企業へ

人材育成担当として入社することになりました。

 

彼女は私が入社後、間も無くアルバイトから社員に登用となり、

たまたま私の研修を受講することになりました。

何だか不思議な気分ですが、頑張っていた姿を一般客としても

見ていたので嬉しかったんですよね。

研修終了後、彼女に

「私、あなたを知っていました」と告白しました。

 

彼女は

「そうですよね!私もなんです。よくお越しになっていたお客様だったから。」

と言ってくれたんです。

しばらくの世間話の後、彼女は私に

「でも、嬉しいんです。この会社、研修もちゃんとするようになって。

なんか、ちゃんとしてるって感じで」

と言ってくれました。当時の私は、外部入社だったため、

既に在籍している社員からは

「お前に何がわかる」という目で見られていた上、

研修アンケートでも結構ボロカス書かれていました。

 

何でも立ち上げ時というのはそういうもの。産みの苦しみがあるんです。

 

だからその時も、私たちの話を聞いていた男性社員が

「でもなー、店も忙しいのに呼び出してさー、売上あげるのが先やろ!」

と言ってきました。

彼女は

「そんなことありません!中山さんだって一生懸命してくれてるんです!」

と反論してくれたんです。

涙が出る思いですよ。それから私達は、社内で会うたび立ち話を

仲良くする関係となっていったのです。

 

当たり前だけれど、その日は突然でした。

朝、出勤すると私の席の後ろの労務関係の人たちが騒がしい。

どうしたかな?と思っていた矢先

雑音は聞こえず、その言葉だけが耳に入りました。ドラマみたいな本当の話。

 

「佐藤さん(仮名)、高速バスの中で亡くなったってことですか?」

 

今・・・なんて言った?振り返ると労務関係の社員が私と目が合い、

彼は小さく頷きました。

彼女は20代半ばで天に召されて行きました。

忙しい中、やっと取れた有給を使って楽しみに東京へ行く

深夜バスの中で。1人で。

 

私は、こんな若い方を身近で亡くしたことはなかったし、ましてや、

応援してくださっていた人を失ってしまいました。だからせめて、

彼女が、「一生懸命やってくれてるんです」と言ってくれた言葉通り、

私は研修に手を抜いたことはありません。

 

人材育成担当をしているとある種、花形的に見られることもあります。

「教えている」というように見えるからでしょう。

大勢の人の前で話すからでしょう。

いろんなイメージがそうさせることもあります。

 

でも私は、この経験を通じて人材育成担当とは、育ててもらうもの、

受講生から私達は学ぶのだと思いました。決して自分にスポットが当たらぬよう。

 

今でも忘れられない。

入社当時の研修デビュー時は酸素ボンベを持ち込んでやりました。

緊張と不安と、私も始めての仕事だったから。過呼吸になってしまうんです。

 

そんな中でもらった彼女からの言葉は私を育ててくれたんです。

育て、育てられ、支えて、支えられる。

生きることも同じこと。

 

きっとこの記事を読んでくださっている皆さんにも

私は育ててもらうんだと思うのです。

 

人を育てているとおごるなかれ。

 

私はしくじっってもこのことだけは忘れないのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

RICAさん

1973年生まれ。44歳。
大学時代から高級セレクトショップで働き、さまざまな人間模様を目にする。その後、国立大学秘書、人材派遣業を経て某電鉄系会社にて人事部人材育成を担当。現在、フリーで研修、時々販売員をしている。研修内容は、「マナーの前にまず躾」「気持ちで動く、働く」をモットーに伝えている。得意分野は医療、ファッション、社会問題、美容とさまざま。

 

 

 

「しくじりアラフォー 僭越ながら申し上げます。人生のたしなみ」第9回

最近、少し思うことがあります。センシティブな問題と思いつつもあえて発信しようと思います。決して否定的なことではないのですが、何か生きていく上で不都合が生じた場合に、「私、メンヘラなんで」 「私、発達障害なので」と、あまりにも精神的疾患を「診断を受けたわけではない」のに
コメントなし

「しくじりアラフォー 僭越ながら申し上げます。人生のたしなみ」第8回

一貫してこのようなことをこのしくじりアラフォーで書かせていただいているような気がします。相手のことを思う、ということほど深く、難しいことはないと思います。そして、必ずしも「付き合いの長さ」と「思いやりの深さ」が比例しないことも最近、気づかされることもあります。 様々な職種や人として考えた時、この「当たり前」主張が気になり始めました。
コメントなし

「しくじりアラフォー 僭越ながら申し上げます。人生のたしなみ」第7回

私は最近気になっていることがあります。「お金を払っているのだから、そのくらい当たり前でしょう」 という主張。確かに、商品に対する代金であったりサービスに対する料金であったり、支払ったからには、 提供する側も努力することもあるでしょう。 様々な職種や人として考えた時、この「当たり前」主張が気になり始めました。
コメントなし

「しくじりアラフォー 僭越ながら申し上げます。人生のたしなみ」第6回

この6月から7月にかけては、地震とお大雨で私の住んでいる地域でも被害がありました。余震や土砂崩れに怯える毎日の中で、私でも少々疲れていますから、更に酷い被害を受けられた方を思いますと、本当にお気の毒でございます。人は有事の際に内省すると私は思っています。例えばこの天災時においても様々なことを考えさせられました。
コメントなし

「しくじりアラフォー 僭越ながら申し上げます。人生のたしなみ」第5回

この話は宝くじの話ではありません。「しごと」についてのお話であります。私が自称「しくじり」を名乗っている理由の中には、「私、一山当てるから!」と言いながら、その一山が来ないままアラフォーになったということです。若い頃からそうでした。幸か不幸かある程度はこなしてしまう
コメントなし

「しくじりアラフォー 僭越ながら申し上げます。人生のたしなみ」第4回

このように私も、コラムという形で自分の考えを皆様にお伝えする機会をいただいて、とてもありがたく思っています。最近はSNSで今まであり得なかったであろう、どんな方も公共の場において自分の考え等や情報を発信できるようになりました。と、同時にもちろんたくさんのトラブル
コメントなし

「しくじりアラフォー 僭越ながら申し上げます。人生のたしなみ」第3回

よく巷で聞く「じりつ」ですが、どの漢字を思い浮かべるでしょうか。「自立」と「自律」これは違うのです。私が新卒社員採用時に、上司から「君は、何を持った新入社員がいいと思う?」と「リーダーシップ!」と答えたのですが、 「リーダーシップってさ、面接の時に分からへんわ」
コメントなし

NEW!「しくじりアラフォー 僭越ながら申し上げます。人生のたしなみ」第2回

そのひとは、ご存命ならまだ30代半ばであったと思います。私が人材育成担当として仕事をしていた時、いえ、入社前から彼女のことは知っていました。とある店舗のアルバイトさんで元気がいっぱい。声はでかい。呼び込みすごい。
コメントなし

NEW!「しくじりアラフォー 僭越ながら申し上げます。人生のたしなみ」第1回

こんにちは。しくじりアラフォー、Ricaです。軽く自己紹介をさせていただきます。仕事は、フリーターです。ある時は販売員、ある時は研修講師、ある時はライター・・・フリーランスなんてものではなく、フリーター。です。(ここ肝心です!)女性のキャリア形成が騒がれている昨今に
コメントなし

ピックアップ記事

  1. アラサー、アラフォー、アラフィフ、アラ還・・・「アラウンド」とは、英語で「だいたい」とか「前後」を意…
  2. 2020年の東京オリンピックに向けて、ボランティアの募集登録も始まりました。語学学習に熱が入っている…
  3. 「子どもが小さいうちは、何もできない」と思って、いろいろ諦めてしまっていませんか? ウーマンクロスロ…

Twitter

バナーエリア

Because I am a Girl 世界の女の子たちに、生きていく力を 国際NGOプラン・ジャパン

Webをもっと
貴方の身近に B&Cカンパニー
PAGE TOP