代々木上原の人気エステサロン ヴィヴァーチェ代表 挑戦し続けるオーナー舟津真里さん


子どもを1人で育てるため見せた母のガッツ

専門学校卒業後に就職したエステサロンで脱毛をみっちりやった経験が、シングルマザーになった後、武器になりました。

―離婚して、仕事を再開したのですね。

離婚した後は、子どもを1人で育てないといけませんから。「仕事をするならエステの仕事がしたい」と思い、正社員として働くために10社ほど応募しましたが、数年間のブランクもあるし、子どもが小さいのもあって不採用が続きました。やる気はあるのに落ち続けるという状況は、精神的にかなりきつかったです。でもとにかく、「エステティシャンになりたい」という一心で、不採用になった会社にもう一度行って、社長に直談判したら、その場で「とりあえず最初はアルバイトから」と雇ってくれたんです。

―すごいガッツですね。久しぶりのエステのお仕事は、いかがでしたか? 

必死でしたよ。仕事に関しては、ブランクはありましたが、体が感覚を覚えていました。そのお店に誰も使えない脱毛の機械が放置されていたので、「私、この脱毛の機械使えますよ」といったところ、「じゃあ、やってみて」と。

とにかく雇ってもらったからには結果を出したくて、朝は誰よりも早く来てお掃除したり、すごく頑張りました。しかも脱毛がお店の施術メニューに加わったら、お客様がどんどん増えて、お店の売り上げも3倍アップ。それからボディ、フェイシャルを担当できるようになりました。すぐに店長になって、アルバイトで雇ってもらってから1年で社員になりました。仕事がとにかく楽しくて仕方ありませんでした。

―シングルマザーとして働いていらしたわけですが、お子さんはどうされていたのですか?

お店に連れていっていました。スタッフルームでお菓子を与えて、「絶対におとなしくしていてね」ってビデオを見させるんですが、途中で飽きてきて、「ママー!」っていう子どもの声が、お店の中に子どもの声が響いて(笑)。でも、周囲のみんなの協力があったから、なんとか乗り切れました。そのお店では、8年働きましたが、お店の運営方針が変わってきてしまって。社長には本当に感謝していたのですが、退社して独立しました。それが11年前のことです。

◆紆余曲折を経て、自分のサロンを代々木上原にオープン

―独立のための準備は、どうされたのですか?

たまたま、母親と一緒に代々木上原を歩いていたら、「空室あり」という看板が目に入ったんです。お店をやるなら閑静な住宅街でやりたいと思っていたので、その日のうちに見学。狭いけど、家賃もとても安くて、それまでのお客様が「独立したら教えてね」と言ってくださる方が何人かあったので、お家賃分くらいはなんとかなるだろうと思い、その日のうちに部屋を決めました。

―2006年、vivace開業ですね。独立後は、順調でしたか?

とはいえ、本当に前の会社時のお客様が来てくださるくらいだったんです。それに私の怠けグセがつい出て、ふらふらと外出してしまって、お客様がいらしても私がお店にいない(笑)。これではだめだと思って、サロンオープンから1年後に、2LDKのマンションに引っ越して、スタッフを1人雇って勝負に出ました。

―あえて自分を厳しい立場に追い込んだわけですね。

はい。でもその後は、自分で編み出した手技が、お客様の間でクチコミで広がり、お店の経営状態もどんどん良くなっていきました。新しいことを発掘するのが好きなので、まだ誰もやっていない時にファスティングを始めたり、コルギが流行っていた韓国に行って、小顔系のオリジナルメソッドを考えたりしていました。

 

さらに、不定愁訴に悩んでいる女性のためにと、目黒に体質改善をテーマにしたサロンを2010年にオープンした真里さんでしたが…。

ページ:
1 2

3

4 5

ピックアップ記事

  1. その声に洋一は、体が一瞬痺れた。「ミキだ!」心の中で叫んだ。ミキは今、自分を見ているのだろうか?洋一…
  2. やっと今週が終わったというか、今週は濃厚だったぁ。 14日納品だった例の「リライト」は13日の深夜1…
  3. 代々木上原の住宅街に佇む瀟洒な一軒家エステサロン「vivace(ヴィヴァーチェ)」代表の舟津真里さん…
PAGE TOP