“奇跡の50代”! 美容研究家 飯塚かこさんインタビュー


kakosan1

「短大を卒業してすぐに結婚したので、50歳になるまで働いたことが なかったんですよ」

  苦しかった40代を乗り越えて、50代から大きな変化が起きました。寝たきりの間に美容に励んだ結果、美肌に磨きがかかり、光文社「HERS」読者モデルとして誌面に登場。同社「美ST」でKawaii美魔女として話題になり、テレビ番組「笑っていいとも」から出演依頼が入ったほどです。

 

50歳で初めて社会人に

 あれよ、あれよという間に雑誌やテレビに出る機会が増えていきましたね。2013年には、事務所(ホリプログループ・ステラキャスティング)に入られましたが、事務所に入った理由は何ですか?

  雑誌の読者モデルだけではなく、テレビ出演や商品プロデュースのお話をいただくようになって、マネージメントしてくださる方が必要だなと思っていたのが1つです。もう1つは、実際に試した新しいコスメや美容情報などをずっとブログで紹介してきましたが、個人での発信には限りがあると常々感じていたので、より多くの方に伝えるためには事務所に入る必要があると思ったのです。

 

 読者モデルだった頃から、5年が経とうとしていますが、お仕事に対するスタンスは、最初の頃と変化はありますか? 

はい。これまでも頂いたお仕事は、もちろん100%全力投球で頑張ってきたのですが、今までお断わりしてきた企画もこれからは挑戦していこうと思うようになりました。 実は、「絶対に嫌です」と頑なにお断りしてきたのが”脱毛企画”。でも昨年、私が肩の手術を受けた時に、脱毛をしておいて良かったと思う場面があったんです。“自分で試して本当に良かったものをお伝えする”のが私のポリシーですから、これはみなさんに伝えなくてはと思い、それまで自分の中ではNGだった企画をお受けすることにしたのです。

最近は、商品のプロデュースも手掛けていらっしゃいますね。50歳まで社会経験がないかこさんにとって、ハードルは高いと感じませんでしたか?

すごく高いハードルでした。打ち合わせや会議でも自分の意見を言ったり、要望を伝えたりする時になかなか本意が伝わらないんです。“なんとなくこんな感じ”で伝えてしまうと想像と違うものが出来てしまったり。事務所の社長に「ニコニコして言うから、伝わらないんじゃないの?」って言われ、今年は「きちんと、はっきり伝えたいことを伝える」ことが私の課題です。 ですが、プロデュースした商品を手に取ってくださった方から「とても良かった」とうれしいコメントをいただくと、とても励みになっています。

 

  通販サイト「ステラスタイル クローバー」で、かこさんセレクトの商品を販売されていますが、どのように商品を選んでいるのですか?  

クリニックやサロン、お買い物に行きたいけれど遠いとか、地方にお住まいの方で近くで入手できないというような方にも幸せに、楽しくキレイになってもらえるものをお届けしようという思いでやっています。紹介するものは、これ1つだけ!というのではなく、実際に試して「いいな」と思ったものをラインナップの中にいくつも入れていますので、ご自分に合うものを選んでいただきたいと思っています。    

 

◆お肌のお手入れは、自分を癒すこと

kakosan9

「私は、タレントではなく”美容研究家”。主婦や母親の立場で、手軽に買えるものを使って自宅でお肌のケアをしましょう」ということを伝えたいんです。

かこさんは、ご自宅でのケアが基本だとか。「お肌のお手入れが大好き」とおっしゃっていますが、かこさんにとって、お肌のお手入れタイムはどういう時間なのですか? 

肌のお手入れタイムは、自分を癒す時間です。女性は肌がキレイだと、それだけで理由もなく幸せな気持ちになるし、外にでかけたいと思ったりしませんか? お手入れすることは、自分を大事にすることだと思っているんです。シワ・タルミは、完全にはなくならないけど、エステサロンに行かなくても、自分自身を慈しんでお手入れをしたら、お肌は絶対に応えてくれます。自分の手で自分の肌に触れることが癒しになって、しかもキレイになれるなんてこんないい方法はないと思うんです!私はいつも、自分を「自分専属のエステティシャン」だと思ってお手入れしているんですよ。    シンプルで、毎日続けられるお手入れなら、時間的にも経済的にもサロンに通うのが難しい方もいらっしゃる方でもできるので、これからも自宅でできる肌のお手入れ方法や健康でいられるものを発信していきたいと思っています。 

 

なるほど。どんな方でもできるお手入れ方法に本当にこだわっていらっしゃるのですね。今後の活動のご予定をお聞かせください。

これからもコスメや美容グッズなどを実際に試して、良かったと実感できたものを発信していきますし、引き続き商品のプロデュースにもどんどん挑戦したいです。また、トークイベントなど、全国の方とも交流を図りたいですね。私がいつも使っている美顔器の使い方・導入の仕方・これまで実践してきたフェイスエクササイズなどのレッスンを動画配信することも考えています。

 

  50歳まで社会経験がないというお話でしたが、読者モデルになってから5年。現在のかこさんは、ご自分の立ち位置をしっかり見極めて、求められる役割をきちんと果たそうというプロの自覚がよく伝わってきました。柔らかい口調の中にも、ご自分の経験を活かして、現状に苦しんでいる方々に、「お肌をお手入れすることでキレイになって毎日を明るく過ごしましょう」というメッセージを届け続けたいという”強く優しい思い”を感じたインタビューでした。

 

撮影・ヘアメイク/STUDIO KUMU 取材/川崎あゆみ  

ページ:
1

2

3

ピックアップ記事

  1. 2019年8月からインターネットラジオ番組「ウーマンクロスロード」が始まります。これまでウェブに掲載…
  2. 今年のゴールデンウィークは40歳を過ぎてからはじめたスキューバーダイビングを楽しみました。40歳を過…
  3. 今年のゴールデンウィークは40歳を過ぎてからはじめたスキューバーダイビングを楽しみました。40歳を過…

Twitter

バナーエリア

Because I am a Girl 世界の女の子たちに、生きていく力を 国際NGOプラン・ジャパン

Webをもっと
貴方の身近に B&Cカンパニー
PAGE TOP