文春砲

  1. 結婚したい!アラフィフ独身Rico’sコラム 第10回「新春砲弾」

    2月になり“新型ウィルス”のじわじわ感に緊張しながらも、どうすることもできない日常に文春砲が炸裂している。東出昌大の不倫がワイドショーを賑わせたかと思えば、お次は鈴木杏樹。どちらも“硬派”な印象だっただけに驚きもあったが、フタを開ければ“ただの人”だったか…と、どこか安心したところもあった。

おすすめ記事

あなたに勇気をくれる言葉 「明日一歩踏み出す力」第20回

こんにちは、大内です。みなさんは時として、「意味」を探して迷子になってしまうことはありませんか。仕事をする意味、頑張る意味、耐える意味、生きる意味…ここまでして頑張る意味があることなのか。自分や周りの人の幸せにとっても意味があることなのか。つらいときほど、そんなふうに意味を探すこともあるかもしれません。

ピックアップ記事

PAGE TOP