交感神経

  1. ナチュラルライフ・コンシェルジュ 一條智加のハッピーモーニングライフ 第35回

    忙しく過ごす現代人は、ストレスや緊張感、睡眠不足などから交感神経が優位になっています。自分では気にしていなくても、世の中がザワザワしているときはさらに大きな影響を受けています。交感神経で張り詰めた状態が続くと、さらに不眠や過食、考えすぎなど、あらゆる悪影響を引き寄せます。

  2. ナチュラルライフ・コンシェルジュ 一條智加の日本茶ハッピーライフ 第21回

    食欲の秋、スポーツの秋、そして朝活の秋がやってきました!朝の爽やかな季節は朝活はじめにぴったりです。先日、仕事で女子数名の撮影を行いました。当日は朝9時集合。東京・外苑前の銀杏並木を約10分歩いてパチリ。そこから、また銀杏並木を歩きながら数カ所で撮影し、最後は室内撮影でした。

  3. オンライン講座 「産前カラダリズムメソッド通信講座」

    厚生労働省が発表した平成14年度の不妊治療患者数は、推計466.900人。赤ちゃんは、「天か…

  4. ナチュラルライフ・コンシェルジュ Chikaの日本茶ハッピーライフ 第10回

    東欧はルーマニアで遅い夏休みを楽しんできました。東欧のパリとも言われるルーマニアは、全てが新鮮!さらに、日に日に澄んでいく秋空が心地良く、最高の休暇となりました。 海外旅行時に体調を崩す原因の一つでもある時差。ルーマニアは日本から遅れること6時間。

  5. ナチュラルライフ・コンシェルジュ Chikaの日本茶ハッピーライフ 第9回

    毎日何時間寝ていますか?個人差があるものの理想の睡眠時間は、6〜8時間。睡眠中の自律神経はリラックスモード(副交感神経が優位)になっている時間で、逆に、起きている時には、活動モード(交感神経が優位)にスイッチが入っている状態です。本来、自律神経は「交感神経」と「副交感神経」がバランスを取り合って私たちの体を支えてくれています。

おすすめ記事

ホンスキージョの気まぐれ読書:「より少ない生き方 ものを手放して豊かになる」

読書好き、書評好きの2人のライターによるオススメ本のご紹介(毎月10日&20日更新)今回の担当は、今回の担当も、JUNKA。本は、こちら。「より少ない生き方」ジョシュア・ベッカー 著 「ミニマリスト」という言葉をよく耳にするようになった数年前、「断捨離は趣味のひとつではあるけれど、私はそこまでやれないな」と思いながら何気なく手に取った一冊。

ピックアップ記事

PAGE TOP