人材育成

  1. 「しくじりアラフォー 僭越ながら申し上げます。人生のたしなみ」第3回

    よく巷で聞く「じりつ」ですが、どの漢字を思い浮かべるでしょうか。「自立」と「自律」これは違うのです。私が新卒社員採用時に、上司から「君は、何を持った新入社員がいいと思う?」と「リーダーシップ!」と答えたのですが、 「リーダーシップってさ、面接の時に分からへんわ」

  2. 「しくじりアラフォー 僭越ながら申し上げます。人生のたしなみ」第2回

    そのひとは、ご存命ならまだ30代半ばであったと思います。私が人材育成担当として仕事をしていた時、いえ、入社前から彼女のことは知っていました。とある店舗のアルバイトさんで元気がいっぱい。声はでかい。呼び込みすごい。

おすすめ記事

ホンスキージョの気まぐれ読書:「あやうく一生懸命生きるところだった」

読書好き、書評好きの2人のライターによるオススメ本のご紹介(毎月10日&20日更新)今回の担当は、JUNKA。本は、こちら。「あやうく一生懸命生きるところだった」ハ・ワン著「ん?どういうこと??」と、まずは目が素通りすることを許さないタイトル。そしてタイトルのインパクトに畳み掛けるような表紙イラスト。今回は、タイトルと著者本人が描いた表紙のなんとも脱力しきったイラストに、思わず吹き出しそうになりながらもレジに直行してしまった不思議な一冊をご紹介します。

ピックアップ記事

PAGE TOP