嫌な過去

  1. 第5回「あきらめない生き方④~トラウマと向き合う」by 永嶋泰子 

    こんにちは。永嶋泰子です。生きていれば、いやな過去、思いだしたくない過去に向きあわなければならないことがあります。それがトラウマと向きあうということ。さて、娘を亡くして10ヶ月後。あたらしい命をさずかりました。妊娠ってうれしいことのはずなのに。手放しによろこべなかったのです。

おすすめ記事

ホンスキージョの気まぐれ読書:「あやうく一生懸命生きるところだった」

読書好き、書評好きの2人のライターによるオススメ本のご紹介(毎月10日&20日更新)今回の担当は、JUNKA。本は、こちら。「あやうく一生懸命生きるところだった」ハ・ワン著「ん?どういうこと??」と、まずは目が素通りすることを許さないタイトル。そしてタイトルのインパクトに畳み掛けるような表紙イラスト。今回は、タイトルと著者本人が描いた表紙のなんとも脱力しきったイラストに、思わず吹き出しそうになりながらもレジに直行してしまった不思議な一冊をご紹介します。

ピックアップ記事

PAGE TOP