経営コンサルタント

  1. 「しくじりアラフォー 僭越ながら申し上げます。人生のたしなみ」第12回

    2019年になりました。今年もどうぞよろしくお願いします。でも年始早々、私は大好きで大切な親戚のおばさんを亡くしました。私が住んでいるのが阪で、叔母は神戸でしたから行き来もよくしていましたし、大変愛に溢れる方で本当にお世話になりました。

  2. 「しくじりアラフォー 僭越ながら申し上げます。人生のたしなみ」第11回

    この2018年は私にとってアラフォーと呼ばれる最後の年でした。そして色々あった年でもありました。はじめにこのコラムを皆様に読んでいただいた時に私は自身をフリーターだと紹介したと思います。今でもそれは変化していないのですが、唯一、この年の最後に誓ったことは

  3. 「しくじりアラフォー 僭越ながら申し上げます。人生のたしなみ」第10回

    来月はとうとうアラフォーを卒業し、アラフィフを迎える私。そして、今年も色々なできごとの中、改めてありがたいと思うことがありました。窮地に立った時、どれだけの人がどれだけ助けてくれるのかということです。そして、なんとこの方が!と思う人がとても力になってくださったり、

  4. 「しくじりアラフォー 僭越ながら申し上げます。人生のたしなみ」第9回

    最近、少し思うことがあります。センシティブな問題と思いつつもあえて発信しようと思います。決して否定的なことではないのですが、何か生きていく上で不都合が生じた場合に、「私、メンヘラなんで」 「私、発達障害なので」と、あまりにも精神的疾患を「診断を受けたわけではない」のに

  5. 「しくじりアラフォー 僭越ながら申し上げます。人生のたしなみ」第8回

    一貫してこのようなことをこのしくじりアラフォーで書かせていただいているような気がします。相手のことを思う、ということほど深く、難しいことはないと思います。そして、必ずしも「付き合いの長さ」と「思いやりの深さ」が比例しないことも最近、気づかされることもあります。 様々な職種や人として考えた時、この「当たり前」主張が気になり始めました。

  6. 「しくじりアラフォー 僭越ながら申し上げます。人生のたしなみ」第7回

  7. 経営者の「想い」を「ことば」にするプロ ココロイキ代表 大野幸子さん

おすすめ記事

女の分かれ道研究所ブログ~もう一度~

キレイになりさえすれば、失くしたものを取り戻せると思った。でも夫は言う。「今さら、お前に女を求めていない」と。そんなことを言われる前に 自分でも「もう女じゃないかも

ピックアップ記事

PAGE TOP