Mamemo:うちの子どもはADHD?


うちの子どもは、ADHD?

子育て中のお母さんたち、日々の生活の中で自分の子どもと同年代のお子さんとの違いを感じてしまうこと、ありませんか?

「落ち着きがない」「みんなと同じことができていない」など、自分が気にしすぎているだけなのか、何かサポートが必要なのかなんて考えてしまう時がありますよね。何もしないでいたずらに不安を募らせるより、正しい知識を持って母としてできることを探したいあなたにADHDについて調べてみました。

◆ADHDとは

ADHDとは、英語の「Attention-deficit hyperactivity disorder」の略で注意欠如・多動性障害のことをいいます。「不注意」と「多動・衝動性」を主な特徴としている発達障害の一つで、その原因はまだよくわかっておらず、遺伝や環境などさまざまな要素が複雑にに関連していると言われています。約5%のこどもがADHDと診断されていること、また男児は女児より3から5倍多いことも知られています。

 

◆ADHDの兆候を知るチェックリスト

以下は、国立精神・神経医療研究センターのHPに掲載されている「不注意」「多動・衝動性」を見るためのチェックリストです。それぞれ9つずつ、計18の症状のうちどれだけあてはまるかチェックしてみてください。両方で6項目以上みられる上にその症状が6か月以上継続し、家庭や学校などで、生活や学業に悪影響をきたしているかどうかが判断のポイントとなります。 

<不注意を疑う場合>

□学業・仕事中に不注意な間違いが多い。

□課題や遊びの活動中に、注意を持続することが出来ない

□直接話しかけると聞いていないように見える。

□指示に従えず、業務をやり遂げることが出来ない

□課題や活動を順序立てることがむずかしい

□精神的努力の持続を要する課題を避ける、いやいや行う

□なくし物が多い

□他の刺激によって気が散りやすい

□日々の活動の中で忘れっぽい

<多動・衝動性を疑う場合>

□手足をそわそわ動かしたり、いすの上でもじもじする

□授業中に席を離れる

□不適切な状況で走り回ったり高いところに登ったりする

□静かに遊べない

□まるでエンジンで動かされているように行動する

□しゃべりすぎる

□質問が終わる前に出し抜けに答えてしまう

□順番を待てない

□他人の邪魔をする

とはいえ、他の要因によって、ADHDに似た症状を引き起こしている場合もあるそうですから、安易に自己判断するのではなく思い当たる方は発達障害を専門とした医療機関で受診しましょう。

 

ADHDは症状を予防したり、軽減させたりすることは困難だとされています。学校の先生をはじめとする周囲の人から「子育ての仕方が悪い」「しつけがなっていない」「迷惑なお子さん」など非難されたり、電話が鳴るたびに「またトラブルを起こしたのではないか」とビクビクしたり、自分を責め続けて精神的に追い込まれてしまう親御さんも多いのも事実。

お子さんもその都度、周囲や親から「なんでこんなことができないんだ」など」注意を受け続けると「自分はだめだ」と落ち込みがひどくなったり、不安感をコントロールできないとそれがまた問題行動を引き起こしたりすることもあります。

原因がわからないことが不安を大きくしていることもありますからお子さんに気になる行動が目立つようであれば、専門医師の元を訪れましょう。

ADHDが原因であると診断された場合には、医学的治療が必要になることもあります。いきなり専門医にかかるのはハードルが高いという方は、問診や診察、知能検査や発達検査などを通して診断されることもありますので、まずは小児神経科・児童精神科などを受診してみるのも一案です。

<参考>厚生労働省『e-ヘルスネット』 /NCNP病院(国立精神・神経医療センター

(文/ウーマンクロスロード編集部)

 

【オンラインで「ADHDの子育て」について学べる講座】

これからADHDのお子さんを育てる方から、すでに育てていて苦しみの取れないあなたへ。 ADHDのお子さんと幸せになるための6つのステップ

ADHDの娘を24年間育ててきた講師から、同じ苦しみを持つあなたにこれまでの経験を通して、周囲のお母さん、学校の先生との関わり方など、お子さんともっと幸せになれる6つのステップをお伝えします。8,000円(税別)

 

Mamemo:うちの子どもはADHD?

子育て中のお母さんたち、日々の生活の中で自分の子どもと同年代のお子さんとの違いを感じてしまうこと、ありませんか?「落ち着きがない」「みんなと同じことができていない」など、自分が気にしすぎているだ

Mamemo:フリーランスで働きたい!

コロナ禍(新型コロナウイルスが招いた災難や危機的状況)により、大きなダメージを受けた日本経済。政府からの休業要請、事業縮小により、解雇や自宅待機となった方も多いでしょう。大幅な収入減、また収

Mamemo:離乳食の始め方 ~月齢に応じた離乳食~

子育てをする中で、お母さんたちを悩ませることの1つが「離乳食」です。「いつから始めるの?」「どうやって進めていけばいいの?」など、わからないことばかり。そんな不安を解消できるように、離乳食につ

Mamemo:今更聞けない! ジェルネイルって何?

オシャレ女子の間で、人気の高いジェルネイル。よく聞くけど「どういうものなの?」「マニキュアとどう違うの?」」と思っている方。興味はあるのに今さら誰にも聞けないっていう方のためにジェルネイルの魅

 

ピックアップ記事

  1. Vol.23 カラダの傷なら治せるけれど♪ カラダの傷なら治せるけれどぉ…と、ジュリーはその昔唄って…
  2. 子育て中のお母さんたち、日々の生活の中で自分の子どもと同年代のお子さんとの違いを感じてしまうこと、あ…
  3. コロナ禍(新型コロナウイルスが招いた災難や危機的状況)により、大きなダメージを受けた日本経済。政府か…
  4. 子育てをする中で、お母さんたちを悩ませることの1つが「離乳食」です。「いつから始めるの?」「どうやっ…
  5. こんにちは、大内順子です。私たち人間は、人の間に生きています。支え合い、いつも思いやり助け合っていた…

Twitter

バナーエリア

Because I am a Girl 世界の女の子たちに、生きていく力を 国際NGOプラン・ジャパン

Webをもっと
貴方の身近に B&Cカンパニー
PAGE TOP