Mamemo:イギリス英語の特徴


Mamemo(マメモ)…豆知識+メモの意味の造語で、日々の生活で役立てていただける情報を不定期にお届けします。

Mamemo:イギリス英語の特徴

最近は、ネットフリックスなどで海外の映画やドラマが気軽に楽しめる時代になり、「英語がわかるようになりたい」「話せるようになりたい」という方は多いのではないでしょうか。

ところであなたが「わかるようになりたい」「話せるようになりたい」英語は、アメリカ英語、イギリス英語、どちらでしょう?

「違う」っていうことは聞いたことあるけど、どう違うのかわからないという方に、「イギリス英語」の特徴をご紹介します。

◆イギリス英語は、育ちが表れる!?

イギリスで話されている英語には、もともと別だった国同士が連合したこともあり、興味深い特徴がいくつもあります。

そもそもイギリスは、イングランド・スコットランド・ウェールズ・北アイルランドの4つの国で成り立っている連合王国です。正式名称は「United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland」で、グレートブリテン及び北アイルランド連合王国といいます。

日本語の方言同様、英語にも地域によって訛りが存在し、一口にイギリス英語と言っても、イングランドとスコットランドではそれぞれアクセントが異なります。

さらに話す英語によって社会階級、人種、居住地域や教育レベルが表れると言われるイギリス英語。長きにわたり、厳格な階級社会が存在するイギリスでは、階級や教育レベルは連動するとされ、住むエリアも階級によって分かれています。

ロンドンの下町といわれる「イーストエンド」を中心に話されている「コックニー」は、かつての貧しい労働者階級を指し、高等教育を受けていないという判断をされます。こうしたことが原因で、就職のためにアクセントを矯正する人も少なくありません。現在も根強く残っている階級に対する意識が、イギリス英語の多様化に繋がっているのかもしれません。

伝統的な標準発音とされている「容認発音」は「Received Pronunciation(略してRP)」と言われ、王室や上流階級の人々、BBCのアナウンサーが話す英語を指し、クイーンズイングリッシュとも呼ばれます。ちなみにイギリス人でも厳密なRPで話す人は、ごくわずかだそうです。

◆イギリス英語の特徴

日本の学校教育では、アメリカ英語に準拠した英語が指導されているので、あまりなじみがないかもしれませんね。

最も顕著な違いといえば、イギリス英語とアメリカ英語の「r」と「t」の発音の違いでしょう。アメリカ英語は、舌を巻くように「r」を発音するイメージが強いのではないでしょうか。

例えば「t」の場合。「Water」は、イギリス英語では「ウォータ」と「t」をはっきり発音し、「タ」をのばしません。対してアメリカ英語では「ウォーラー」と「ラ」に近い音で発音します。

 

イギリス英語とアメリカ英語では、スペルが違うものが数多く存在します。

例えば、「プログラム」という単語ですが、みなさんが見慣れているのは、アメリカ英語の「program」だと思いますが、イギリス英語では、「programme」となります。

他にもいくつか例を挙げてみましょう。

 

<綴りが違うもの>

色 米/color 英/clour

好き 米/favorite 英/favourite 

ユーモア 米/humor 英/humour

噂 米/rumor 英/rumour

センター 米/center 英/centre

劇場 米/theater 英/theatre

カタログ 米/catalogue  英/catalog

認める 米/recognise 英/recognize

記憶する 米/memorize 英/memorise

 

<単語そのものが違うもの>

階数 米/1階First floor 2階Second floor 英/1階Ground floor 2階First floor

エレベーター 米/elevator 英/lift

ポテトチップス 米/chips 英/crisps *イギリスではchipsは、ポテトフライのこと

サッカー 米/succer 英/ football

列 米/line 英/queue

他にもたくさんあるので、調べてみると面白いですよ。

            

イギリス英語は、アメリカ英語に慣れている日本人には同じ英語でも戸惑いがあるかもしれません。でも大切なのは「伝えようとする気持ち」であり、世界中で問題なくコミュニケーションが取れる言語であることは間違いありません。イギリス英語が持つユニークさに触れて、違う世界観を楽しんでみませんか?

(文/ウーマンクロスロード編集部)

 

【オンラインで「イギリス英語の発音」について学べる講座】

伝わるイギリス英語 発音入門講座

日本では数少ない正統派イギリス英語発音の専門家からイギリス英語の美しい発音を学びませんか?

高島講師の発音講座の特筆すべきポイントは、発音と音符を組み合わせたメソッド。世界的指揮者・小澤征爾さんの広報を担当していた高島さんが、小澤征爾さんがお話しになる英語に音楽的なリズムを感じられたことがきっかけで、英語の音と音符を見合わせたメソッドを発案。その内容を講座にしました。15,000円(税別) 

詳細はこちらをクリック↓

伝わるイギリス英語 発音入門講座

Mamemo:結婚式当日までに花嫁がしておくべきこと

結婚が決まったら、式場、招待ゲスト、当日供する料理など決めなくてはいけないことがたくさん! さらに新居選びや新生活の準備など、仕事をしながらこれらの準備を進めるのはなかなか大変ですね。でもそ

Mamemo:イギリス英語の特徴

最近は、ネットフリックスなどで海外の映画やドラマが気軽に楽しめる時代になり、「英語がわかるようになりたい」「話せるようになりたい」という方は多いのではないでしょうか。ところであなたが「わかるよう

Mamemo:離乳食作りに便利な調理器具

離乳食作りには、どんな調理器具が必要なのでしょう。家にある物でいいのか、買い揃えるべきか悩みますよね。離乳食作りに絶対に必要なもの、あると便利なものをご紹介します。◆離乳食作りに必要な道具は? 

Mamemo:うちの子どもはADHD?

子育て中のお母さんたち、日々の生活の中で自分の子どもと同年代のお子さんとの違いを感じてしまうこと、ありませんか?「落ち着きがない」「みんなと同じことができていない」など、自分が気にしすぎているだ

Mamemo:フリーランスで働きたい!

コロナ禍(新型コロナウイルスが招いた災難や危機的状況)により、大きなダメージを受けた日本経済。政府からの休業要請、事業縮小により、解雇や自宅待機となった方も多いでしょう。大幅な収入減、また収

Mamemo:離乳食の始め方 ~月齢に応じた離乳食~

子育てをする中で、お母さんたちを悩ませることの1つが「離乳食」です。「いつから始めるの?」「どうやって進めていけばいいの?」など、わからないことばかり。そんな不安を解消できるように、離乳食につ

Mamemo:今更聞けない! ジェルネイルって何?

オシャレ女子の間で、人気の高いジェルネイル。よく聞くけど「どういうものなの?」「マニキュアとどう違うの?」」と思っている方。興味はあるのに今さら誰にも聞けないっていう方のためにジェルネイルの魅

 

ピックアップ記事

  1. Vol.25 テルユキの世界ドラマ「半沢直樹」も好調のまま最終回を迎えたらしいが…、案の定、何をやっ…
  2. こんにちは、大内順加です。激動の2020年も、残すところあと3ヶ月となりました。今年は多くの人が様々…
  3. ここ2ヶ月間続いていた仕事の山がようやく終了。途中、疲弊しきっていた時もありましたが、働きづめの日々…
  4. 結婚が決まったら、式場、招待ゲスト、当日供する料理など決めなくてはいけないことがたくさん! さらに新…
  5. 書評好きの読書好きなライターによるオススメ本コーナー。毎週日曜日の読売新聞の書評欄にくまなく目を通し…

Twitter

バナーエリア

Because I am a Girl 世界の女の子たちに、生きていく力を 国際NGOプラン・ジャパン

Webをもっと
貴方の身近に B&Cカンパニー
PAGE TOP