オーディション

  1. 「自分の人生を自由に描きましょう」メイクアップアーティスト 柴田祐美子さん 前編

    福岡市・天神にある骨格分析メイクレッスンサロン「スリーグラフィティ」代表・柴田祐美子さん。大学卒業後、広告代理店に勤務。その後、プロのメイクアップアーティストになるべく銀座でメイクを学び、実地経験を重ねて29歳で独立。現在、福岡はもちろん、遠方各地から足を運ぶ人も多い人気メイクアップアーティストです。

  2. 「しくじりアラフォー 僭越ながら申し上げます。人生のたしなみ」第12回

    2019年になりました。今年もどうぞよろしくお願いします。でも年始早々、私は大好きで大切な親戚のおばさんを亡くしました。私が住んでいるのが阪で、叔母は神戸でしたから行き来もよくしていましたし、大変愛に溢れる方で本当にお世話になりました。

  3. 「しくじりアラフォー 僭越ながら申し上げます。人生のたしなみ」第11回

    この2018年は私にとってアラフォーと呼ばれる最後の年でした。そして色々あった年でもありました。はじめにこのコラムを皆様に読んでいただいた時に私は自身をフリーターだと紹介したと思います。今でもそれは変化していないのですが、唯一、この年の最後に誓ったことは

  4. 「しくじりアラフォー 僭越ながら申し上げます。人生のたしなみ」第10回

    来月はとうとうアラフォーを卒業し、アラフィフを迎える私。そして、今年も色々なできごとの中、改めてありがたいと思うことがありました。窮地に立った時、どれだけの人がどれだけ助けてくれるのかということです。そして、なんとこの方が!と思う人がとても力になってくださったり、

  5. 「しくじりアラフォー 僭越ながら申し上げます。人生のたしなみ」第9回

    最近、少し思うことがあります。センシティブな問題と思いつつもあえて発信しようと思います。決して否定的なことではないのですが、何か生きていく上で不都合が生じた場合に、「私、メンヘラなんで」 「私、発達障害なので」と、あまりにも精神的疾患を「診断を受けたわけではない」のに

  6. 「しくじりアラフォー 僭越ながら申し上げます。人生のたしなみ」第8回

  7. 「しくじりアラフォー 僭越ながら申し上げます。人生のたしなみ」第7回

  8. 「しくじりアラフォー 僭越ながら申し上げます。人生のたしなみ」第6回

  9. 「しくじりアラフォー 僭越ながら申し上げます。人生のたしなみ」第5回

  10. 「しくじりアラフォー 僭越ながら申し上げます。人生のたしなみ」第4回

おすすめ記事

ホンスキージョの気まぐれ読書:「あやうく一生懸命生きるところだった」

読書好き、書評好きの2人のライターによるオススメ本のご紹介(毎月10日&20日更新)今回の担当は、JUNKA。本は、こちら。「あやうく一生懸命生きるところだった」ハ・ワン著「ん?どういうこと??」と、まずは目が素通りすることを許さないタイトル。そしてタイトルのインパクトに畳み掛けるような表紙イラスト。今回は、タイトルと著者本人が描いた表紙のなんとも脱力しきったイラストに、思わず吹き出しそうになりながらもレジに直行してしまった不思議な一冊をご紹介します。

ピックアップ記事

PAGE TOP