流産

  1. 最終回 「あきらめない生き方⑦~過去の事実は変えられない。だけど意味づけは変えることができる」by 永嶋泰子 

    生きていれば、不条理なことに出会います。ですが、不条理なことをバネとして前を向く人がいます。 あなたは、その共通点をご存じでしょうか?  1.人間としての強さを自覚する  1.感謝を深める  1.他者との関係を深める 1.人生により多くの意味を見出す 1.新たな可能性を見出す     

  2. 第7回「あきらめない生き方⑥~トラウマから前を向いたきっかけ」by 永嶋泰子 

    待ち望んでいた第2子の妊娠。ですが、第1子と同じ状況がおとずれトラウマに苛まれることになりました。妊娠4か月で産科病棟に入院するも、不安で眠れない日々。精神科医に相談し、睡眠薬を飲むこともありました。そんな私が前を向けるようになったのは、ひとつのきっかけがあったからでした。

  3. 第6回「あきらめない生き方⑤~トラウマと向き合う」by 永嶋泰子 

    こんにちは。永嶋泰子です。生きていれば、いやな過去、思いだしたくない過去に向きあわなければならないことがあります。それがトラウマと向きあうということ。実際に、私が向きあったトラウマ。娘を亡くしたときとおなじ状況におちいったのでした。娘のときは、妊娠6か月検診で

  4. 第5回「あきらめない生き方④~トラウマと向き合う」by 永嶋泰子 

    こんにちは。永嶋泰子です。生きていれば、いやな過去、思いだしたくない過去に向きあわなければならないことがあります。それがトラウマと向きあうということ。さて、娘を亡くして10ヶ月後。あたらしい命をさずかりました。妊娠ってうれしいことのはずなのに。手放しによろこべなかったのです。

  5. 第4回「あきらめない生き方③~ロールモデルを見つける方法」by 永嶋泰子 

    こんにちは。永嶋泰子です。今日の5年前。妊娠24週(妊娠7ヶ月)、670g、30センチで生まれたちいさな娘は、なくなりました。前々日に心臓の手術をし、「このままいけば、順調に大きくなれますよ」と言われた矢先。突然のできごとでした。あらためて思うのは、生死はだれにもコントロールできない、ということ。

  6. オンライン講座 「産前カラダリズムメソッド通信講座」

おすすめ記事

ホンスキージョの気まぐれ読書:イシューからはじめよ――知的生産の「シンプルな本質」

読書好き、書評好きの2人のライターによるオススメ本のご紹介(毎月10日&20日更新)今回の担当は、今回の担当も、JUNKA。本は、こちら。「ISSUEからはじめよ―知的生産のシンプルな本質」 安宅 和人 著私には「もっと早く読んでおけばよかった…!」と心から切実に思ったことのある本が何冊かありますが、本書は間違いなくそのうちの一冊と言え

ピックアップ記事

PAGE TOP