女の分かれ道研究所ブログ~ル・シネマにて映画「あなたの名前を呼べたなら」を1人鑑賞~


お盆休みにポツンと1人になる日があったので、

以前から観たいと思っていた映画を観るため渋谷のル・シネマへ。

8月2日公開 「あなたの名前を呼べたなら」 インドの映画だけどボリウッドとは全く異なり、 派手な音楽や踊りはなく、ストーリィは静かに進みます。

19歳で夫を亡くし、大都会ムンバイで大富豪の男性の 高級マンションで住み込みのメイドとして働くことになった主人公の女性・ラトナ。 住み込み先は、インドの建設会社の息子アシュビンのマンション。 アシュビンは、アメリカで仕事をしていたにも関わらず、 父の事業を継ぐことになり帰国。 さらに結婚式前日に破談になってしまい傷心中の男性。 ご主人様とメイドという関係ながら、 同じ屋根の下で時間を過ごすうちに少しずつ心が近づいていく2人……。

階級、身分の差をこえて2人の愛が結. なら普通のストーリィだけど、インドの身分の差は、そうやすやすと超えられない 原題は、「Sir」。つまり「ご主人様」。 邦題の「あなたの名前を呼べたなら」は、 超えることのできない2人の間の大きな隔たりを表した素晴らしいタイトルだと思います。

自由の国に生まれ育っていると、 超えることのできない階級・身分の差を歯がゆく感じるけれど、 この映画のストーリィもアシュビンがアメリカでの生活経験があって、 “自由”への意識を持っている人だったから展開したお話だと思います (詳しくは、映画をご覧くださいね)。

ラトナが生まれ育った山間の小さな村では、未亡人は服装の制約があり、 装飾品も身に付けることを禁じられている。 だから、それが許される(村の親戚が誰もいない)ムンバイに向かう 長距離バスの中で腕輪を付けるたくましさに、私は、思わず心の中でガッツポーズをしていました。

村に残る妹の学費と、夫の実家への仕送りもしつつ、 デザイナーになりたいという夢のためにご主人様にお願いして、 裁縫教室に通い始めるラトナ。 抗えない運命を受け入れつつも、生きていくために手に職を つけようと踏ん張るラトナに共感した劇場の人たちも多かったのではないかと思います。

長い間、根付いてきたこの国の理不尽な不公平さには、 外からワイワイ言う立場にないのかもしれないけど、 少なくともこの映画を観て、それを目撃したことに1つの意味があると思うことにします。 ちなみにこの映画は、インドでは公開されていないそうです。

「あなたの名前を呼べたなら」公式サイト http://anatanonamae-movie.com/

女の分かれ道研究所ブログ~雑に梱包された荷物を受け取って「美は細部に宿る」を考えた~

心底がっかりした先日の出来事から。外見はとっても美しく、インスタやフェイスブックなどSNSのフォロワーも大勢いらっしゃる女性から、とある荷物が届きました。届いた荷物を見て、荷物に貼られた伝票の文字、そして梱包の雑さにびっくり。梱包も袋がざざっと折られ、端を合わせるとか折り目を気にするとかで

女の分かれ道研究所ブログ~2020年もどうぞよろしくお願いいたします~

新年明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。ウーマンクロスロード代表の川崎あゆみです。早いもので、この「ウーマンクロスロード」を立ち上げて5年近くが経ちました。まだオウンドメディアなんていう言葉も知らないまま、「女性へのインタビュー」をどうしてもやりたい

女の分かれ道研究所ブログ~実践ドキュメンタリー映画「1日1ドルで生活」を鑑賞~

グアテマラに強い興味を持っていたわけではなかったんだけど、安田菜津記さんのトークイベントにうかがった1週間後には、映画「1日1ドルで生活」(原題:Living On One Dollar)を観に行ってきました。内容は、グアテマラの貧困地域で56日間で、1日1ドルで生活したアメリカの大学生たちによる実践

女の分かれ道研究所ブログ~日経xウーマンブログ更新「人生の中で抜け落ちているものがあれば、今からでも探しに行けばいい」~

今秋から、日経 x Woman(クロスウーマン)のアンバサダーとして発信させていただいてます。20から50代の3つの世代別WEBメディア「日経ARIA」「日経DUAL」「日経doors」の交差点となる日経クロスウーマン。さまざまな記事に関する感想や、テーマに対する意見などを発信する場になっています。

女の分かれ道研究所ブログ~「体は生きていけるけど、心が生きていけない」~

10月1日、フォトジャーナリストの安田菜津紀さんのトークイベントに出かけてきました。それまで「グアテマラ」に対してそれほど興味を持っていたわけではなかったのですが、夜の六本木に1人で出かけたのは、安田さんに以前から興味があったからでした。会場は、安田菜津紀さんがグアテマラ撮影した写真37

女の分かれ道研究所ブログ~ル・シネマにて映画「あなたの名前を呼べたなら」を1人鑑賞~

お盆休みにポツンと1人になる日があったので、以前から観たいと思っていた映画を観るため渋谷のル・シネマへ。8月2日公開 「あなたの名前を呼べたなら」。インドの映画だけどボリウッドとは全く異なり、派手な音楽や踊りはなく、ストーリィは静かに進みます。19歳で夫を亡くし、大都会ムンバイで大富豪の男性

女の分かれ道研究所ブログ~年齢を重ねてもなお尽きることのない知的好奇心、たぎる情熱~

 「余命3年」の宣告を受け、80歳で大学院入学 先日、80歳の女性が18歳のお孫さんと一緒に同志社大学に入学したというニュースが話題になりました。 「何かを学ぶのに遅すぎることはない」という諺を体現している阪田美枝さん。 […]

女の分かれ道研究所ブログ~「これが最後」なんて言わないで~

今回は、ちょっとプライベートモードなお話を。息子の使い捨てコンタクトは、いつもネットで購入している我が家。昨日の夜、「また、注文をお願いできる?」と息子から言われ、夜中に購入。 今朝、起きてきた彼に「注文しておいたからね」と伝えると、「ありがとう。お母さんに注文してもらうの、これが最後だね」なんて言う(;;)

女の分かれ道研究所ブログ~「45歳以上 独身 無業 女性」の方へ~

最近、「年齢を重ねても美しく元気で、人生を謳歌している女性」たちに注目が集まっていますが、現実的な話をすると、50歳で一度も結婚していない人の比率「生涯未婚率」が年々上昇傾向にあるってご存じでしたか?ざっくりとですが、「7人に1人の女性は結婚をしない」ということになるそうで、ちょっとした衝撃です。

女の分かれ道研究所ブログ~夫が転職したい!? 嫁が阻止する「男の分かれ道」~

「嫁ブロック」という言葉、知っていますか?見られてはよろしくないスマホを嫁が見られないようにブロックすることではありません^^;嫁が止める、つまりブロックするんです。夫の転職を。転職や起業をしたいと思った既婚男性が、妻から強く反対されて断念することを「嫁ブロックされる(た?)」というそうです。

女の分かれ道研究所ブログ~キレイになりさえすれば、失くしたものを取り戻せると思った。~

キレイになりさえすれば、失くしたものを取り戻せると思った。 でも夫は言う。 「今さら、お前に女を求めていない」と。 そんなことを言われる前に 自分でも「もう女じゃないかも」と思っていたけど。 さらに夫は、 「主婦は、家を守るのが仕事だろ。見せ物じゃないんだから、飾る必要はないだろう」 と続ける。

女の分かれ道研究所ブログ~アラ還の次は、「アラ古希」!元気とキレイは続くよ、どこまでも~

アラサー、アラフォー、アラフィフ、アラ還・・・「アラウンド」とは、英語で「だいたい」とか「前後」を意味しますが、「アラウンド古希」、「アラ古希」ということばをご存じでしたか? 古希とはご存じの通り、70歳のお祝い。中国の唐時代の詩人、杜甫の詩の一節である「人生七十古来稀なり」に

女の分かれ道研究所ブログ~あなたの英語は、アメリカン? それともブリティッシュ?~

2020年の東京オリンピックに向けて、ボランティアの募集登録も始まりました。語学学習に熱が入っている方も多いのではないでしょうか。先日、知人からとても面白いサイトを教えてもらいました。あなたの話す英語は、「アメリカ英語? それともイギリス英語?」というサイトで

女の分かれ道研究所ブログ~子どもが小さいうちに、こっそりキレイ♡~

「子どもが小さいうちは、何もできない」と思って、いろいろ諦めてしまっていませんか? ウーマンクロスロードが主宰しているオンライン講座のサイト「クレ・ド・キャリエール」には、メイク、ファッションの講座がありますが、「子どもが小さくて、外でレッスンを受けられないから」

女の分かれ道研究所ブログ~大人になるって、楽しいこと~

数か月前のことになりますが、今年の成人の日の朝刊を見ていて、 こんな文章を見つけて、ページの一部を思わず切り抜きました。 *********** 人生は、大人になるほど楽しくなる。 それは40代になったって変わらない。 […]

女の分かれ道研究所ブログ~もはやビューティアプリでの加工はメイクと同じ~

読者モデルとして雑誌に載りたいと希望する方に写真を送ってくださいとお願いすると、少し前では、プリクラで撮ったものを送ってくる人が何人かいました。最近では、さすがにプリクラでの画像はありませんが、その代わりにスマホの加工アプリで撮ったものを送ってくる人が

女の分かれ道研究所ブログ~年齢を重ねてもおしゃれを楽しむ女性たち~

先日の読売新聞夕刊に「おしゃれもできない老後が憂鬱」というトピックが掲載されていて、びっくり。 YOMIURI ONLINE「発言小町」に寄せられたものでした。 投稿者は、子育てを終えた48歳の女性。 「友人は、これから […]

女の分かれ道研究所ブログ~「Womancrossroad」商標登録されました~

女の分かれ道インタビューサイトとして、2015年にスタートしたウーマンクロスロードも、皆さまのお蔭で3年目を迎えることができました。このタイミングで、Womancrossroadの商標登録も完了したことをご報告させていただきます。

女の分かれ道研究所ブログ~これぞ「男の分かれ道」~

以前、ご挨拶させていただいたカリスマ・マーケッターの方から、「女の分かれ道、いいね~ 男の分かれ道も書いてよ」と言っていただいたことがあった。女の人は(日本においては)「選ぶことができる人生」だけど、男性の場合は、「選びたいけど、選べない人生」を歩む人が多いのかなぁとよく思う

女の分かれ道研究所ブログ~2017年明けましておめでとうございます~

新年明けましておめでとうございます。昨年は、多くの方にサイトをご覧いただきましたこと心からお礼申し上げます。

女の分かれ道研究所ブログ~「シニア」っていったい何歳から?~

夫婦ともども齢50歳を超え、109CINEMAの「夫婦50割引き」をフル活用中。 「夫婦50割引き」とは、 「夫婦どちらかの年齢が50歳以上のお客様が、揃って同じ映画をご鑑賞いただく場合、曜日や時間を問わず、

女の分かれ道研究所ブログ~主婦モデルは、稼げなくてもいい!?~

第1回「通販番組に出ている主婦モデルは、どんな人たちなのですか?」の続きです。―事務所に登録して活動している方たちなんですね。若い時に、モデルをしていた方が多いのですか?

女の分かれ道研究所ブログ~主婦モデルになりたい人たち~

「24時間流れっぱなしのテレビの通販番組。 出演者の熱の入った商品紹介に見入ってしまい、つい注文してしまった」という方は多いのでは?   仕事でストレスがたまると通販番組を見て、(知らない間に!?)バンバン注文してしまう […]

女の分かれ道研究所ブログ~人生の”北極星”として~

美容雑誌のライターを引退した時、周りの人からは、 「有名雑誌のライターを辞めるなんて、もったいない!」「どうして辞めたの?」 「ウーマン・クロスロードというサイトは、何のサイトなの?」「どうやって作ったの?」 「独立した […]

女の分かれ道研究所ブログ~45歳で出来たかけがえのない「同期」という仲間~

さて、50代の仕事の話。  私は、フリーランスでライターを20年やってきましたが、実は意外とライター仲間というか、ライターどうしの横のつながりってあまりないんです。 ライバルだから仲良くしないとかそういうことではなく、現 […]

女の分かれ道研究所ブログ~30代女性からの疑問。50代ってどんな感じ?~

私は、なぜか30代の友人が多いのですが、最近よく聞くのが彼女たちの10年、15年先の不安。最近は、40代女性向けのファッション雑誌、美容雑誌もたくさん出ていますし、上手に年齢を重ねていらっしゃるタレント、モデル、女優さんも多いので、

女の分かれ道研究所ブログ~インタビューってセラピーなんだと気付いた~

過去に何度か、私が「どうして今の仕事をしているのか」について取材をお受けしたことがあったのですが、今年前半もDRESSのWEB版に掲載していただいたり

女の分かれ道研究所ブログ~インタビュー撮影風景~

2月18日(木)に8人目となるWoman Crossroadインタビューを実施しました。 今回撮影させていただいたのは、シェアコスメ®という低価格で自分ブランドのコスメが作れるシステムを発信されている株式会社abilit […]

女の分かれ道研究所ブログ~Advanced Style~NYマダムのおしゃれスナップ~~

昨日西部渋谷店で開催された「Advanced Style~NYマダムのおしゃれスナップ~展」の プレスプレビューに行ってきました。 NYは、おしゃれで刺激的で、大好きな街だけど、こんなおしゃれなおばあちゃんたち、 こんな […]

女の分かれ道研究所ブログ~いい香りのする女性になろう~

先日、映画館で観て、深く感動したマイケル・ジャクソンの映画「This is it」。 映画の中でマイケルがツアーのためのダンサー選びに言った言葉、「香りのない造花はいらない」。 もちろん、「造花」そのものを否定したのでは […]

女の分かれ道研究所ブログ~果たせていますか、自分との約束~

先週土曜日、10月3日に51歳の誕生日を迎え、 たくさんの方からお祝いメッセージをいただいて、 とても幸せな気持ちでおります。   過ぎていった50歳が、もしかしたら人生で一番「楽しい」と 思えた1年だったかも […]

女の分かれ道研究所ブログ~「男前な女性」と「中身が男」は違う~

「男前な女性」っていう言葉、よく褒めことばとして使われますね。小さいことにはこだわらず、すっぱり決断したり、気前がよかったり、いろいろな意味で使われています。 私もよく言われますが、言われて嫌な感じはしません。 でも先日 […]

ピックアップ記事

  1. パンデミックでどんよりした今日。今回こそ、リコの中の静かなブーム「赤ウィンナー」に触れようと思ったが…
  2. 今回は最近リコの中でホットな「赤ウィンナー」のことでも綴ろうと思ったが、、どうやらそんな空気でもなさ…
  3. こんにちは、大内順子です。新型ウィルスの脅威に騒然とする昨今、錯綜する情報に不安を煽られたり、一喜一…

Twitter

バナーエリア

Because I am a Girl 世界の女の子たちに、生きていく力を 国際NGOプラン・ジャパン

Webをもっと
貴方の身近に B&Cカンパニー
PAGE TOP