interview

”働く母ちゃんの背中を見せてやる!” 日本ママ起業家大学 代表理事 近藤洋子さん インタビュー


 

一般社団法人日本女性起業家支援協会 日本ママ起業家大学代表理事として女性支援のスクール事業を行っている近藤洋子さん。以前はラジオDJとしてご活躍され、現在は各種イベントの司会や通販番組のナビゲーターとしてのお顔も持っていらっしゃいます。“話す仕事”から女性支援事業を起こすまでにいたった経緯、思いをうかがいました。

_MG_6928

 

 

◆“表現することが大好き”が 原点 

-子どもの頃から、「将来は、ラジオのDJになりたい」と思っていらしたのでしょうか。

小学生の頃は、音読したり詩を書いたり、発表会や舞台に立つなど、“表現”することは好きでしたが、授業中に自分から手を挙げるようなことはしない大人しい子でした。何かを表現する仕事につきたいけれど、具体的にやりたいことが決まっていないまま大学に進学。就職活動の段階でも自分が何をしたいのかわからなくて、様々な企業にやみくもにエントリーはがきを送っていたような状態だったので、はがきは200 枚以上は出しましたが、なかなか採用には至りませんでした。

 

_MG_7001

会社での電話対応で「近藤ちゃん、声がいいね」と褒めてもらっていたことを「小さな成功体験」と笑う洋子さん。

◆会社勤務をしながらアナウンサースクールに 

-意外です。最初から目標をはっきり持っていらしたのかと思っていました。

最終的に入社した外資系の食品会社では、事務や商品開発等の仕事に従事。「社会に出て経験を積みながら、自分がやりたいことや向いていることを探そうと思っていました。でも「何かを発信していきたい」という思いがだんだん大きくなってきて、「音読が好きだった」こともあり、ナレーターを目指そうとアナウンサースクールに通うことにしました。

 

-子どもの頃に「好きだったこと」がここで職業としての目標になったわけですね。でも”声のお仕事”は、競争率の高そうな職業というイメージがありますが、スクールを修了してすぐにプロになれるものなのですか? 

私が通っていたアナウンサースクールは、全過程を終えると、プロのアナウンサー・DJへの登竜門としてオーディションを受ける権利が与えられるカリキュラムだったんです。いくつものオーディションを受けましたが、ことごとく落ちて最後に採用を決めてくれたのがラジオのDJ専門の事務所でした。

 

◆プロのラジオDJとして最初の一歩 

-念願叶っての最初の“声の仕事”は、どんなお仕事だったのでしょう? 

当時、新潟のFM portの立ち上げ予定があり、朝の顔になってくれる人を探していると言うお話でした。ジョン・カビラを見出した重鎮の方が、私のことを「色がついていないからいい」と言ってくださり、毎朝月~金「Morning Gate」土「Saturday All Request」という番組を担当することになりました。でも番組中で使用する「言葉のチョイスが悪い」「内容が薄っぺらい」など、毎日相当な数のお叱りの声をいただいて、最初はへこみました。でも私は、そういう風に言われるほうが燃え上がるタイプなんです(笑)。

 

-最初はご苦労もあったかとは思いますが、とはいえ洋子さんの夢が現実となったわけですね。ご家族もさぞ喜ばれたことでしょうね。

実は、新潟に引っ越す寸前に母に病気が見つかったんです。母の病状が心配だから、「(新潟には)行けない」と言ったのですが、母は「せっかく夢がかなったんだから、頑張ってきなさい」と背中を押してくれました。妹たちに母のことを託して新潟に向かいましたが、慣れない土地での1人暮らしと仕事への不安、それに母の病気が心配で、涙で枕を濡らす日々を送っていました。

 

新潟では2年ほど番組を担当し、その後群馬FMで採用が決定。新潟から自宅のあった横浜に戻り、群馬まで通った洋子さん。その後、洋子さんに大きなステップアップのチャンスが巡ってきます。

◆2年後に大阪FM802のDJに抜擢! 

-新潟、群馬からいきなり大阪とは、大きなステップアップですね。すごい競争率の中から選ばれたとうかがいましたが。

全国から年に1度開催される大阪FM 802のオーディションを受け、幸運なことに3,000人以上の中から選ばれました。FM大阪でのお仕事は、とても華やか。大物アーティストをはじめ、ビッグな経済界の方々へのインタビューは刺激的で楽しかったですね。でも母親に余命宣告をされたこともあり、1年後に仕事を辞めて横浜に戻ったんです。誰もが「もったいない」と惜しんで下さり、自分でも残念でしたが、母の介護を最優先とし退職を決心しました。 

2ページ目へ
3ページ目へ

 

【Backnumber】

「多くの人の人生に向き合った経験を活かして、頼れる存在に」ソニー生命保険株式会社 ライフプランナー 高橋宏和さん 後編

フランスの大学でMBAを取得後、商社に入社。その後、6年に及ぶヨーロッパ3か国での駐在生活を送った高橋さん。中でもフランスでの勤務中に課せられた大きな責任を伴うミッションは、学生インターンとして働く高橋さんを可愛がってくれていた従業員を対象としたリス

「かつての同僚をクビに!? 自分に課したミッションとは?」ソニー生命保険株式会社 ライフプランナー 高橋宏和さん 前編

ソニー生命保険株式会社 ライフプランナー/ファイナンシャルプランナー 高橋宏和さん 岐阜県岐阜市生まれ。1996年に大ヒットしたTVドラマ「ロングバケーション」に憧れ東京の大学に進学し、都市計画を専攻。商社に就職後、20 […]

「100歳まで、健康で楽しく、おしゃれ心を持って生きる」 オヌキマキさん 後編

前編では、愛する男性との結婚と同時に「嵐」の時代の幕開けとなったというお話をうかがいました。3年間も誰にも言えなかったというマキさんのトラ

「100歳まで、健康で楽しく、おしゃれ心を持って生きる」 アンチエイジングサロンbliss経営者 オヌキマキさん 前編

田園調布のアンチエイジングのサロン「bliss」経営するオヌキマキさん。アメリカ留学中に出会って結婚した男性は、茨城県水戸市で約130年続く写真館

「自信をもって理想の自分を笑って生きる」photostyling75c 代表 渕本奈美さん 後編

「自分で選んだ道なのに、苦しくて全てから逃げ出したかった。全てを捨てたかった」という奈美さん。仕事にも集中できない状態に陥ってしまいます。

「自信をもって理想の自分を笑って生きる」photostyling75c 代表 渕本奈美さん 前編

今から15年ほど前のこと。長女1歳の誕生日に撮影した韓国のハウススタジオの素晴らしさに感動し、「是非、日本にこのスタジオを!」と社長に直

「自分の人生を自由に描きましょう」メイクアップアーティスト 代表柴田祐美子さん 後編

前編では、メイクの力に気付いた大学時代、そして大阪でアルバイトをしながらシンガーへの夢を追う祐美子さんに「市場価値がない」と厳しい現実が突き付けられます。夢を諦めた祐美子さんのその後は…

「自分の人生を自由に描きましょう」メイクアップアーティスト 柴田祐美子さん 前編

福岡市・天神にある骨格分析メイクレッスンサロン「スリーグラフィティ」代表・柴田祐美子さん。大学卒業後、広告代理店に勤務。その後、プロのメイクアップアーティストになるべく銀座でメイクを学び、実地経験を重ねて29歳で独立。現在、福岡はもちろん、遠方各地から足を運ぶ人も多い人気メイクアップアーティストです。

経営者の「想い」を「ことば」にするプロ ココロイキ代表 大野幸子さん

大野幸子さんは、“理念づくり”の専門家。 「軸が定まり人が集まる経営理念のつくり方」セミナーを開催したり、経営者と1対1で理念をつくるのが主な仕事です。学生時代の成績はオール5、運動も音楽も得意。リーダーシップを取れる、 […]

「年齢を重ねることを楽しみ、輝く女性に」株式会社Animato代表 佐藤真理子さん

広告代理店勤務からバッグの輸入販売、コスメや飲食店のプロデュース。さらにご自身も20歳の時からモデルとして活躍する佐藤真理子さん。活躍の幅が広いため、真理子さんを知る多くの人は、「真理子さんって、どんな方なの?」「何のお仕事をされているの?」と不思議がっている様子。ご自身の会社設立10周年を迎えた節目の今年、さらなるチャレンジに向けて準備を進めている真理子さんにお話をうかがいました。

代々木上原の人気エステサロン ヴィヴァーチェ代表 挑戦し続けるオーナー舟津真里さん

代々木上原の住宅街に佇む瀟洒な一軒家エステサロン「vivace(ヴィヴァーチェ)」代表の舟津真里さん。vivaceは、第4回のエステグランプリで、顧客満足度第1位を獲得、そして真里さんご自身もフェイシャル技術部門でグランプリに輝いています。小さい頃から「美しいもの」「華やかなもの」に憧れていたという真里さん。どんな分かれ道をたどってこられたのでしょう。

肌トラブルに悩む切実な思いから生まれたコスメを多くの女性に 株式会社ビープロテック役員 宮下忍さん

  小学生の頃は、ピンクレディに憧れ、人前で歌ったり、踊ったりするのが大好き。英語が得意で将来はCAに憧れていたという宮下忍さん。大学卒業後、トータル24年の会社員生活の後、40代でMBAを取得。現在は、化粧品会社の株式 […]

保護中: 母から受け継いだ「おしゃれ」のDNA 「装いコンシェルジュ」麻日奈芽実さん

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

ポッドキャストのインタビュー番組「Heartful Life」にて川崎あゆみインタビュー

6月20日 都内某所、Woman Crossroad主宰 川崎あゆみが、ポッドキャスト「Hearful Life」にて、私のこれまでのキャリアの道のりについて、お話させていただきました。   インタビュアーは、韓国コスメ […]

シェアコスメ®を広めたい! 株式会社ability 代表小出美知代さん

ツアーコンダクターになる夢を胸に、福岡から銀行から借りた50万円を手に上京したのが23歳。夢を叶えながらも、結婚・出産・離婚。シングルマザーとして子育てしながら働き、コスメのOEM工場と運命的な出会

ファッションキャリアからコスメ開発へ ディファインビューティ―代表 藤田陽子さん

今回は、テレビ通販番組に出演中のお姿をご存じの方も多いかもしれません。美容研究家の藤田陽子さんをご紹介します。アパレル業界で15年以上ものキャリアを積み、その後、オリジナルコスメ「ディファインビュ

結婚情報センターNOZZE代表 須野田珠美さん 第3話(終)~最愛の夫の死&新しい結婚観~

第1話では、進学塾・早稲田アカデミー創業者である須野田誠さんとの出会いから驚きの結婚生活について、第2話では、新しく会社を興すべく、全く未経験の結婚業界での修行時代エピソードと共働きご夫妻の心温まるコミュニケーション術に […]

結婚情報センター会社NOZZE代表 須野田珠美さん 第2話~結婚業界で修行&心を伝える可愛い知恵~

第1話では、進学塾・早稲田アカデミー創業者 須野田誠さんとの出会いから驚きの結婚生活についてお話いただきました。今回は、1日中ドラクエに興じる珠美さんに「会社をやったら?」の一言に一念発起、それまで全く未経験だった結婚業 […]

結婚情報センターNOZZE 代表 須野田珠美さん 第1話 ~ご主人との出会い&驚きの結婚生活~

  創立22年、業界トップクラスの実績を誇る結婚サービス情報会社「NOZZE(ノッツェ)」。2013年に代表取締役社長に就任された須野田珠美さんは、進学塾・早稲田アカデミー元社長 須野田誠さんの妻として創業から株式上場ま […]

あなたのファン作りアドバイザー 増田恵美さん

Woman Crossroad 100人インタビュー File No.2 増田恵美(めぐみ)さん  「あなたのファン作りアドバイザー」として、多くの迷えるブロガーたちを導き、ご自身もパワーブロガー、インフルエンサー、読者 […]

ハンドメイド作家 千村祐子さん

ハンドメイド作家 千村祐子さん  現在、会社勤めをしながら、昔から得意だった裁縫の腕を活かして、友人・知人のリクエストに応じて、手作りのバッグやポーチ、キッチングッズなどを作る”手作り工房”を立ち上げた祐子さんの”分かれ […]

パーリィテラス “SEVEN” 「からだデザイン」代表 一井葉子さん

子育てが終わって一段落、そんな女性も多い40歳代は、まだまだ人生の折り返し地点。「これからは自分のための自分らしい人生を歩みたい」とこれから自分主役の人生を歩もうとしている女性達にエールを送りたいという想いから誕生したキ […]

アーティフィシャルフラワー第一人者  花装飾作家 FLORA ROOM主宰 中山亜希子さん

今から約10年ほど前(2015年現在)、プリザーブドフラワーが注目を浴びていた頃に、「アーティフィシャルフラワーの普遍的な美しさ、クリエイティブな発想をかきたてる魅力を広めたい」と日本に紹介し、“造花”とは一線を画す洗練 […]

”働く母ちゃんの背中を見せてやる!” 日本ママ起業家大学 代表理事 近藤洋子さん インタビュー

  一般社団法人日本女性起業家支援協会 日本ママ起業家大学代表理事として女性支援のスクール事業を行っている近藤洋子さん。以前はラジオDJとしてご活躍され、現在は各種イベントの司会や通販番組のナビゲーターとしての […]

“奇跡の50代” 美容研究家 飯塚かこさんインタビュー

  “奇跡の50代”として雑誌やテレビ番組に登場したり、ネットで話題になるなど、美容研究家として活躍中のKAKOさんこと、飯塚かこさん。短大卒業後、27歳で結婚。30代・40代と想像を超える苦しい時期を乗り越えて、生き生 […]

女性はもっと自由で輝く存在であるべき! イメージコンサルタント Venus Aura 代表 田中貴子さん

  2010年4月にサロンをオープンして以来わずか4年で、毎月受付開始とともに全ての診断予約の枠が埋まってしまうイメージコンサルタントの田中貴子さん。地方からわざわざカラー診断を受けにくる方がいたり、それまで勤 […]
コメントなし

 

固定ページ:

1

2 3

関連記事

  1. パーリィテラス “SEVEN” 「からだ…
  2. 肌トラブルに悩む切実な思いから生まれたコスメを多くの女性に 株式…
  3. 代々木上原の人気エステサロン ヴィヴァーチェ代表 挑戦し続けるオ…
  4. アーティフィシャルフラワー第一人者  花装飾作家 FLORA R…
  5. ポッドキャストのインタビュー番組「Heartful Life」に…
  6. 結婚情報センターNOZZE 代表 須野田珠美さん 第1話 ~ご主…
  7. 「自分の人生を自由に描きましょう」メイクアップアーティスト 柴田…
  8. 「多くの人の人生に向き合った経験を活かして、頼れる存在に」ソニー…

おすすめ記事

ホンスキージョの気まぐれ読書:「より少ない生き方 ものを手放して豊かになる」

読書好き、書評好きの2人のライターによるオススメ本のご紹介(毎月10日&20日更新)今回の担当は、今回の担当も、JUNKA。本は、こちら。「より少ない生き方」ジョシュア・ベッカー 著 「ミニマリスト」という言葉をよく耳にするようになった数年前、「断捨離は趣味のひとつではあるけれど、私はそこまでやれないな」と思いながら何気なく手に取った一冊。

ピックアップ記事

PAGE TOP