interview

「自分の人生を自由に描きましょう」メイクアップアーティスト 代表柴田祐美子さん 後編


福岡市・天神にある骨格分析メイクレッスンサロン「スリーグラフィティ」代表・柴田祐美子さん。大学卒業後、広告代理店に勤務。その後、プロのメイクアップアーティストになるべく銀座でメイクを学び、実地経験を重ねて29歳で独立。福岡はもちろん、現在は遠方各地から足を運ぶ人も多い人気のサロンです。

前編では、メイクの力に気付いた大学時代、そして大阪でアルバイトをしながらシンガーへの夢を追う祐美子さんに「市場価値がない」と厳しい現実が突き付けられます。夢を諦めた祐美子さんのその後は…

◆やっと見つけられた、自分が心からやりたいこと

-シンガーになるための夢を諦めた後は、どんな仕事をされたのですか?

25歳で何のスキルもなく未経験でも雇ってくれるのは営業職だと思い、仕事を探したところ、広島の広告会社に採用されました。ただし、その会社は、入社後3年半くらいで辞める社員も多く、会社側も前向きに後押しする風土があり、私もそのタイミングで辞めました。「3年半」の期限を迎える前から、これから自分が本当にやっていきたいことを見つけるために、それまでの自分を振り返る作業をしていました。

-「過去の自分を振り返る」とは、具体的には、どんな作業ですか?

毎週末にカフェにいってノートを広げ、「私は、何がやりたいんだろう。「何が楽しかったかな」など、過去の自分を分析するんです。そんなことを半年ほど続けていました。

-それで探せたのが、「メイク」だったのですね?

私がまだ幼いときに、母親が結んでくれた髪の毛を「可愛いね」と人からほめてもらったときの嬉しい気持ちが強く思い出されて。人の見た目を磨く仕事、メイクの仕事がいいなと思いました。

さらに、メイクの仕事とは全く違うのですが、私には子どもの頃から「学校の先生への憧れ」がありました。人にわかりやすく教えてくれる人ってかっこいいなと。生徒に「将来何になりたい?」って聞いてあげられるような進路指導ができる人になりたいと思っていたんです。

-「メイクが好き」「先生への憧れ」を叶えるお仕事をしたいと。

「メイク」と「教える」を一緒にできる仕事はないかと思って探していたら、東京にメイクレッスンのサービスに加え、メイクアップアーティストの養成も行うサロンを見つけました。

◆東京で本格的にメイクの勉強をスタート

-なるほどメイクを教える仕事なら両方が叶えられるわけですね。

そのサロンにはフランチャイズ制度があり、卒業後フランチャイジーとして仕事をする人もいました。私もこの制度を利用して、福岡で独立したいと思っていたので、当時の私の希望にぴったりのサロンでした。結果的には、諸事情によりフランチャイズという形での独立にはなりませんでしたが。

広島の広告代理店を辞めたときの退職金をつぎこんで東京に引っ越し、スクールに入学しました。スクールの代表者・横山恵子さんには「仕事を辞めたばかりで、退職金を使ってここに来ました」と私の置かれている状況をまず伝えました。

-スクールの授業料に加えて、1人立ちできるまでの東京での生活を考えると、金銭的にも時間的にも限りがありますものね。

そうなんです、そんなにゆっくり時間をかけるわけにはいかないということを理解してくださり、通常、90分1コマのレッスンを1日に1~2コマ受けて半年~1年かかるところを、私は1日に4~5コマにして、短期間で習得できるように配慮してくださったんです。毎日大変でしたが、メイクを習うのはとっても楽しかった。さらに、その後の研修期間も同様に凝縮してくださり、その後、サロンで経験も積ませていただいたんです。

-いろいろと配慮してくださったんですね。それは素晴らしい方と巡り合いましたね。

研修生の間も少しでも収入になるようにと、事務の仕事をさせてくださったり、本当にありがたかったです。素晴らしい人格者と出会えたことは大変な幸運でした。初仕事は、サロンでメイクレッスンを受けられた一般の方のメイクを仕上げる、いわゆる「お仕上げ」でした。その後、一般の方やフリーアナウンサー、司会業の方などのパーソナルメイクレッスンも担当しました。

-実際にメイクのお仕事をしてみてされてみて、いかがでしたか?

楽しかったです。今でも忘れられないのは、いつもはほとんどメイクをしないという50代の女性が、メイクレッスンにいらっしゃったときのこと。メイクするうちに、みるみる表情がキラキラし始めて、最後に「ありがとう」とそれは嬉しそうに言ってくださって。そのときに、「あぁ、この仕事、楽しいな」と思いました。

2ページ目へ
3ページ目へ

【Backnumber】

 

「100歳まで、健康で楽しく、おしゃれ心を持って生きる」 オヌキマキさん 後編

前編では、愛する男性との結婚と同時に「嵐」の時代の幕開けとなったというお話をうかがいました。3年間も誰にも言えなかったというマキさんのトラ

「100歳まで、健康で楽しく、おしゃれ心を持って生きる」 アンチエイジングサロンbliss経営者 オヌキマキさん 前編

田園調布のアンチエイジングのサロン「bliss」経営するオヌキマキさん。アメリカ留学中に出会って結婚した男性は、茨城県水戸市で約130年続く写真館

「自信をもって理想の自分を笑って生きる」photostyling75c 代表 渕本奈美さん 後編

「自分で選んだ道なのに、苦しくて全てから逃げ出したかった。全てを捨てたかった」という奈美さん。仕事にも集中できない状態に陥ってしまいます。

「自信をもって理想の自分を笑って生きる」photostyling75c 代表 渕本奈美さん 前編

今から15年ほど前のこと。長女1歳の誕生日に撮影した韓国のハウススタジオの素晴らしさに感動し、「是非、日本にこのスタジオを!」と社長に直

「自分の人生を自由に描きましょう」メイクアップアーティスト 代表柴田祐美子さん 後編

前編では、メイクの力に気付いた大学時代、そして大阪でアルバイトをしながらシンガーへの夢を追う祐美子さんに「市場価値がない」と厳しい現実が突き付けられます。夢を諦めた祐美子さんのその後は…

「自分の人生を自由に描きましょう」メイクアップアーティスト 柴田祐美子さん 前編

福岡市・天神にある骨格分析メイクレッスンサロン「スリーグラフィティ」代表・柴田祐美子さん。大学卒業後、広告代理店に勤務。その後、プロのメイクアップアーティストになるべく銀座でメイクを学び、実地経験を重ねて29歳で独立。現在、福岡はもちろん、遠方各地から足を運ぶ人も多い人気メイクアップアーティストです。

経営者の「想い」を「ことば」にするプロ ココロイキ代表 大野幸子さん

大野幸子さんは、“理念づくり”の専門家。 「軸が定まり人が集まる経営理念のつくり方」セミナーを開催したり、経営者と1対1で理念をつくるのが主な仕事です。学生時代の成績はオール5、運動も音楽も得意。リーダーシップを取れる、 […]

「年齢を重ねることを楽しみ、輝く女性に」株式会社Animato代表 佐藤真理子さん

広告代理店勤務からバッグの輸入販売、コスメや飲食店のプロデュース。さらにご自身も20歳の時からモデルとして活躍する佐藤真理子さん。活躍の幅が広いため、真理子さんを知る多くの人は、「真理子さんって、どんな方なの?」「何のお仕事をされているの?」と不思議がっている様子。ご自身の会社設立10周年を迎えた節目の今年、さらなるチャレンジに向けて準備を進めている真理子さんにお話をうかがいました。

代々木上原の人気エステサロン ヴィヴァーチェ代表 挑戦し続けるオーナー舟津真里さん

代々木上原の住宅街に佇む瀟洒な一軒家エステサロン「vivace(ヴィヴァーチェ)」代表の舟津真里さん。vivaceは、第4回のエステグランプリで、顧客満足度第1位を獲得、そして真里さんご自身もフェイシャル技術部門でグランプリに輝いています。小さい頃から「美しいもの」「華やかなもの」に憧れていたという真里さん。どんな分かれ道をたどってこられたのでしょう。

肌トラブルに悩む切実な思いから生まれたコスメを多くの女性に 株式会社ビープロテック役員 宮下忍さん

  小学生の頃は、ピンクレディに憧れ、人前で歌ったり、踊ったりするのが大好き。英語が得意で将来はCAに憧れていたという宮下忍さん。大学卒業後、トータル24年の会社員生活の後、40代でMBAを取得。現在は、化粧品会社の株式 […]

保護中: 母から受け継いだ「おしゃれ」のDNA 「装いコンシェルジュ」麻日奈芽実さん

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

ポッドキャストのインタビュー番組「Heartful Life」にて川崎あゆみインタビュー

6月20日 都内某所、Woman Crossroad主宰 川崎あゆみが、ポッドキャスト「Hearful Life」にて、私のこれまでのキャリアの道のりについて、お話させていただきました。   インタビュアーは、韓国コスメ […]

シェアコスメ®を広めたい! 株式会社ability 代表小出美知代さん

ツアーコンダクターになる夢を胸に、福岡から銀行から借りた50万円を手に上京したのが23歳。夢を叶えながらも、結婚・出産・離婚。シングルマザーとして子育てしながら働き、コスメのOEM工場と運命的な出会

ファッションキャリアからコスメ開発へ ディファインビューティ―代表 藤田陽子さん

今回は、テレビ通販番組に出演中のお姿をご存じの方も多いかもしれません。美容研究家の藤田陽子さんをご紹介します。アパレル業界で15年以上ものキャリアを積み、その後、オリジナルコスメ「ディファインビュ

結婚情報センターNOZZE代表 須野田珠美さん 第3話(終)~最愛の夫の死&新しい結婚観~

第1話では、進学塾・早稲田アカデミー創業者である須野田誠さんとの出会いから驚きの結婚生活について、第2話では、新しく会社を興すべく、全く未経験の結婚業界での修行時代エピソードと共働きご夫妻の心温まるコミュニケーション術に […]

結婚情報センター会社NOZZE代表 須野田珠美さん 第2話~結婚業界で修行&心を伝える可愛い知恵~

第1話では、進学塾・早稲田アカデミー創業者 須野田誠さんとの出会いから驚きの結婚生活についてお話いただきました。今回は、1日中ドラクエに興じる珠美さんに「会社をやったら?」の一言に一念発起、それまで全く未経験だった結婚業 […]

結婚情報センターNOZZE 代表 須野田珠美さん 第1話 ~ご主人との出会い&驚きの結婚生活~

  創立22年、業界トップクラスの実績を誇る結婚サービス情報会社「NOZZE(ノッツェ)」。2013年に代表取締役社長に就任された須野田珠美さんは、進学塾・早稲田アカデミー元社長 須野田誠さんの妻として創業から株式上場ま […]

あなたのファン作りアドバイザー 増田恵美さん

Woman Crossroad 100人インタビュー File No.2 増田恵美(めぐみ)さん  「あなたのファン作りアドバイザー」として、多くの迷えるブロガーたちを導き、ご自身もパワーブロガー、インフルエンサー、読者 […]

ハンドメイド作家 千村祐子さん

ハンドメイド作家 千村祐子さん  現在、会社勤めをしながら、昔から得意だった裁縫の腕を活かして、友人・知人のリクエストに応じて、手作りのバッグやポーチ、キッチングッズなどを作る”手作り工房”を立ち上げた祐子さんの”分かれ […]

パーリィテラス “SEVEN” 「からだデザイン」代表 一井葉子さん

子育てが終わって一段落、そんな女性も多い40歳代は、まだまだ人生の折り返し地点。「これからは自分のための自分らしい人生を歩みたい」とこれから自分主役の人生を歩もうとしている女性達にエールを送りたいという想いから誕生したキ […]

アーティフィシャルフラワー第一人者  花装飾作家 FLORA ROOM主宰 中山亜希子さん

今から約10年ほど前(2015年現在)、プリザーブドフラワーが注目を浴びていた頃に、「アーティフィシャルフラワーの普遍的な美しさ、クリエイティブな発想をかきたてる魅力を広めたい」と日本に紹介し、“造花”とは一線を画す洗練 […]

”働く母ちゃんの背中を見せてやる!” 日本ママ起業家大学 代表理事 近藤洋子さん インタビュー

  一般社団法人日本女性起業家支援協会 日本ママ起業家大学代表理事として女性支援のスクール事業を行っている近藤洋子さん。以前はラジオDJとしてご活躍され、現在は各種イベントの司会や通販番組のナビゲーターとしての […]

“奇跡の50代” 美容研究家 飯塚かこさんインタビュー

  “奇跡の50代”として雑誌やテレビ番組に登場したり、ネットで話題になるなど、美容研究家として活躍中のKAKOさんこと、飯塚かこさん。短大卒業後、27歳で結婚。30代・40代と想像を超える苦しい時期を乗り越えて、生き生 […]

女性はもっと自由で輝く存在であるべき! イメージコンサルタント Venus Aura 代表 田中貴子さん

  2010年4月にサロンをオープンして以来わずか4年で、毎月受付開始とともに全ての診断予約の枠が埋まってしまうイメージコンサルタントの田中貴子さん。地方からわざわざカラー診断を受けにくる方がいたり、それまで勤 […]
コメントなし

固定ページ:

1

2 3

関連記事

  1. “奇跡の50代” 美容研究家 飯塚かこさ…
  2. 肌トラブルに悩む切実な思いから生まれたコスメを多くの女性に 株式…
  3. パーリィテラス “SEVEN” 「からだ…
  4. 「年齢を重ねることを楽しみ、輝く女性に」株式会社Animato代…
  5. あなたのファン作りアドバイザー 増田恵美さん
  6. 「自信をもって理想の自分を笑って生きる」photostyling…
  7. ハンドメイド作家 千村祐子さん
  8. 結婚情報センターNOZZE 代表 須野田珠美さん 第1話 ~ご主…

おすすめ記事

ホンスキージョの気まぐれ読書:「悩む力」

読書好き、書評好きの2人のライターによるオススメ本のご紹介(毎月10日&20日更新)第8回目の担当は、JUNKA。さて、みなさんに質問です。突然ですが、ちょっと考えてみて下さい。1.清掃人が高い建物の窓を拭いていたところ、20メートルのはしごから足を滑らせてコンクリートの床に叩きつけられてしまいました。しかし無傷でした。

ピックアップ記事

PAGE TOP