interview

経営者の「想い」を「ことば」にするプロ ココロイキ代表 大野幸子さん


大野幸子さんは、“理念づくり”の専門家。

「軸が定まり人が集まる経営理念のつくり方」セミナーを開催したり、経営者と1対1で理念をつくるのが主な仕事です。学生時代の成績はオール5、運動も音楽も得意。リーダーシップを取れる、アイデアマン…。国内トップの私立大学を卒業した幸子さんに、誰もがマルチな活躍を期待する中、大学卒業後5年の間に「自分のやりたいこと、できることが見つからず」に転職を重ねること3回。

ご本人いわく長い“ナメクジ”時代を過ごしますが、運命の出会いが幸子さんの人生を大きく変えることに。理念づくりを中心とした「言葉コンサル」の事業をスタートさせて4か月で、提案した社名での登記をしたお客様が2件、商品名、サービス名を商標登録申請をしたお客様が5件とそれまでの不遇な時期から人生が大きく動き出します。遠まわりしたけどやっと「最高の仕事に出会えた」という幸子さんの仕事が、なぜ「経営理念づくり」なのか。お話をうかがいました。

 

 

◆最大の武器は「感性」

―「経営理念づくり」と聞くと、何だか難しそうに感じますが、どのようなお仕事なのですか?

ご自身の事業をなさっている方の、事業にかける想いや将来的に実現したいビジョンなどをお聞きし、端的に伝わる言葉(10~70文字程度)で表現するお仕事です。 主たるアウトプットは「言葉」ですが、その過程の中で、クライアントさんと一緒に「事業の軸」を定めていくことも大きな役割だと思っています。

―これは私の勝手な印象ですが、「経営理念づくり」というと、「経験豊富なコンサルタントが指南します」というイメージがあります。幸子さんは、現在30歳という若さで、40代、50代の経営者の方々からもご依頼があるとか。こういった分野のコンサルティングではかなりお若い方だと思うのですが、どうしてそんなお仕事が可能なのですか?

確かに「30歳」は、まだまだ経験が浅いと感じる方もいらっしゃると思いますが、理念づくりに必要なのは、「感性」だと思っているんです。私は人一倍思考が多いようで、その特性が感性に繋がっていることを最近感じています。

―「思考が多い」とはどういうことですか?

いつも頭がフル回転していて、人と同じ経験をしても、「これがもし他の人だったらどう感じるんだろう」と想像してみたり、目の前で起きていることは、「社会の何が影響しているのだろう」、「どんな心理が影響しているんだろう」など、ありとあらゆる方向から、いろんな可能性を常に考え続けています。そういうことをずっと繰り返してきているので、1つ1つの経験がまさに「みっちり」と自分の中に貯蔵されている感じでしょうか。この思考の特性が今の感性に生きていて、お客様が何歳の方であっても、「理念づくり」において、私の年齢は関係ないと思っているんです。

―なるほど。年齢だけを考えるとお若いけれど、30年間の間に、人の何倍も考えて、ご自分の中に蓄積されてきたのですね。

最近、50〜60代向けのオーダースーツブランドの理念をつくったのですが、クリエイティブ業界30年の方から「どっからどう見ても若い女の子が創ったとは思えない、オジさんの感性にドストライクなストーリー!」とお褒めの言葉をいただきました(笑)。多分そうして貯めてきた私なりの知見が生きているのだと思います。

◆小学生の頃から「最上志向」&「現実主義」

―言葉に対する「感性」が優れているとおっしゃる幸子さん。小さい頃は、どんなお子さんだったのですか?

小さい時から、「なんで?」が多くて悩む子でした。例えば、小学2年生の頃には、「なんで分数の割り算は、逆数をかけるんだろう?」と。みんなは、公式みたいに覚えているけど。「なんでそうなるの?」と考えてしまう。

また、小学生も高学年になると女の子って一緒にトイレに行ったり群れだしますよね。私は「常に今が、一番よくありたい」という最上志向があったので、「同じ人たちと毎日一緒にいて世界が広がるのかな」と思い始めたら、いつも同じ友だちと「つるむ」ことができなくなってしまったんです。教室を移動するときも1人。でも1人でいて平気な子だったわけではないので、今度は「私1人になっちゃった。寂しい子じゃん。みんなにどう思われるだろう」って悩んでいました。

そんな風にみんなにとっては何でもない普通のことが、私にとっては「悩み」になってしまう。色んなことを人より多く思考していたと思います。

あと「感性」に近いところでいうと、私は「作文」が非常に得意な子でした。小学校からバスケット部に入るなど活発な一方で、家では勝手に詩を書いてみたり(笑)。 特に評価が高かったのは、読書感想文で高校生のときに応募した全国規模のコンクールで入賞して、新聞に掲載されたこともあります。 また、小学校6年生から社会人2年目までの12年間、毎日欠かさず日記を書き続けていたのですが、 今思えば、「想いを言葉にする」ということを、小さい頃からやってきていたんだなぁと思います。 この仕事を始めてから、それを思い出したときに非常に感慨深く感じました。

―そんな大人びたお子さんだった幸子さんが、憧れていた職業はありましたか?

3歳の頃は、おしゃべりが好きだったから「バスガイド」でした。6歳くらいになると周りの子は、みんなは大きくなったら「ケーキ屋さん」とか「花屋さん」でしたが、私は「それで食べていけるの?」と斜に構える子で(笑)。小学1年生では、両親が会社員だったから「会社員」、2年生になると「生徒に愛される学校の先生」でした。「生徒に愛される」とか枕詞がつくあたり、現実主義でしょう?(笑)。それ以降は、なりたい職業は特になかったです。

好奇心が旺盛で頭の回転も速く、記憶力も抜群。周りの大人とも対等に会話ができる子だった幸子さん。大学卒業までトントンと”優等生”としての人生を歩みますが…

2ページ目へ
3ページ目へ
4ページ目へ

【Backnumber】

 

「多くの人の人生に向き合った経験を活かして、頼れる存在に」ソニー生命保険株式会社 ライフプランナー 高橋宏和さん 後編

フランスの大学でMBAを取得後、商社に入社。その後、6年に及ぶヨーロッパ3か国での駐在生活を送った高橋さん。中でもフランスでの勤務中に課せられた大きな責任を伴うミッションは、学生インターンとして働く高橋さんを可愛がってくれていた従業員を対象としたリス

「かつての同僚をクビに!? 自分に課したミッションとは?」ソニー生命保険株式会社 ライフプランナー 高橋宏和さん 前編

ソニー生命保険株式会社 ライフプランナー/ファイナンシャルプランナー 高橋宏和さん 岐阜県岐阜市生まれ。1996年に大ヒットしたTVドラマ「ロングバケーション」に憧れ東京の大学に進学し、都市計画を専攻。商社に就職後、20 […]

「100歳まで、健康で楽しく、おしゃれ心を持って生きる」 オヌキマキさん 後編

前編では、愛する男性との結婚と同時に「嵐」の時代の幕開けとなったというお話をうかがいました。3年間も誰にも言えなかったというマキさんのトラ

「100歳まで、健康で楽しく、おしゃれ心を持って生きる」 アンチエイジングサロンbliss経営者 オヌキマキさん 前編

田園調布のアンチエイジングのサロン「bliss」経営するオヌキマキさん。アメリカ留学中に出会って結婚した男性は、茨城県水戸市で約130年続く写真館

「自信をもって理想の自分を笑って生きる」photostyling75c 代表 渕本奈美さん 後編

「自分で選んだ道なのに、苦しくて全てから逃げ出したかった。全てを捨てたかった」という奈美さん。仕事にも集中できない状態に陥ってしまいます。

「自信をもって理想の自分を笑って生きる」photostyling75c 代表 渕本奈美さん 前編

今から15年ほど前のこと。長女1歳の誕生日に撮影した韓国のハウススタジオの素晴らしさに感動し、「是非、日本にこのスタジオを!」と社長に直

「自分の人生を自由に描きましょう」メイクアップアーティスト 代表柴田祐美子さん 後編

前編では、メイクの力に気付いた大学時代、そして大阪でアルバイトをしながらシンガーへの夢を追う祐美子さんに「市場価値がない」と厳しい現実が突き付けられます。夢を諦めた祐美子さんのその後は…

「自分の人生を自由に描きましょう」メイクアップアーティスト 柴田祐美子さん 前編

福岡市・天神にある骨格分析メイクレッスンサロン「スリーグラフィティ」代表・柴田祐美子さん。大学卒業後、広告代理店に勤務。その後、プロのメイクアップアーティストになるべく銀座でメイクを学び、実地経験を重ねて29歳で独立。現在、福岡はもちろん、遠方各地から足を運ぶ人も多い人気メイクアップアーティストです。

経営者の「想い」を「ことば」にするプロ ココロイキ代表 大野幸子さん

大野幸子さんは、“理念づくり”の専門家。 「軸が定まり人が集まる経営理念のつくり方」セミナーを開催したり、経営者と1対1で理念をつくるのが主な仕事です。学生時代の成績はオール5、運動も音楽も得意。リーダーシップを取れる、 […]

「年齢を重ねることを楽しみ、輝く女性に」株式会社Animato代表 佐藤真理子さん

広告代理店勤務からバッグの輸入販売、コスメや飲食店のプロデュース。さらにご自身も20歳の時からモデルとして活躍する佐藤真理子さん。活躍の幅が広いため、真理子さんを知る多くの人は、「真理子さんって、どんな方なの?」「何のお仕事をされているの?」と不思議がっている様子。ご自身の会社設立10周年を迎えた節目の今年、さらなるチャレンジに向けて準備を進めている真理子さんにお話をうかがいました。

代々木上原の人気エステサロン ヴィヴァーチェ代表 挑戦し続けるオーナー舟津真里さん

代々木上原の住宅街に佇む瀟洒な一軒家エステサロン「vivace(ヴィヴァーチェ)」代表の舟津真里さん。vivaceは、第4回のエステグランプリで、顧客満足度第1位を獲得、そして真里さんご自身もフェイシャル技術部門でグランプリに輝いています。小さい頃から「美しいもの」「華やかなもの」に憧れていたという真里さん。どんな分かれ道をたどってこられたのでしょう。

肌トラブルに悩む切実な思いから生まれたコスメを多くの女性に 株式会社ビープロテック役員 宮下忍さん

  小学生の頃は、ピンクレディに憧れ、人前で歌ったり、踊ったりするのが大好き。英語が得意で将来はCAに憧れていたという宮下忍さん。大学卒業後、トータル24年の会社員生活の後、40代でMBAを取得。現在は、化粧品会社の株式 […]

保護中: 母から受け継いだ「おしゃれ」のDNA 「装いコンシェルジュ」麻日奈芽実さん

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

ポッドキャストのインタビュー番組「Heartful Life」にて川崎あゆみインタビュー

6月20日 都内某所、Woman Crossroad主宰 川崎あゆみが、ポッドキャスト「Hearful Life」にて、私のこれまでのキャリアの道のりについて、お話させていただきました。   インタビュアーは、韓国コスメ […]

シェアコスメ®を広めたい! 株式会社ability 代表小出美知代さん

ツアーコンダクターになる夢を胸に、福岡から銀行から借りた50万円を手に上京したのが23歳。夢を叶えながらも、結婚・出産・離婚。シングルマザーとして子育てしながら働き、コスメのOEM工場と運命的な出会

ファッションキャリアからコスメ開発へ ディファインビューティ―代表 藤田陽子さん

今回は、テレビ通販番組に出演中のお姿をご存じの方も多いかもしれません。美容研究家の藤田陽子さんをご紹介します。アパレル業界で15年以上ものキャリアを積み、その後、オリジナルコスメ「ディファインビュ

結婚情報センターNOZZE代表 須野田珠美さん 第3話(終)~最愛の夫の死&新しい結婚観~

第1話では、進学塾・早稲田アカデミー創業者である須野田誠さんとの出会いから驚きの結婚生活について、第2話では、新しく会社を興すべく、全く未経験の結婚業界での修行時代エピソードと共働きご夫妻の心温まるコミュニケーション術に […]

結婚情報センター会社NOZZE代表 須野田珠美さん 第2話~結婚業界で修行&心を伝える可愛い知恵~

第1話では、進学塾・早稲田アカデミー創業者 須野田誠さんとの出会いから驚きの結婚生活についてお話いただきました。今回は、1日中ドラクエに興じる珠美さんに「会社をやったら?」の一言に一念発起、それまで全く未経験だった結婚業 […]

結婚情報センターNOZZE 代表 須野田珠美さん 第1話 ~ご主人との出会い&驚きの結婚生活~

  創立22年、業界トップクラスの実績を誇る結婚サービス情報会社「NOZZE(ノッツェ)」。2013年に代表取締役社長に就任された須野田珠美さんは、進学塾・早稲田アカデミー元社長 須野田誠さんの妻として創業から株式上場ま […]

あなたのファン作りアドバイザー 増田恵美さん

Woman Crossroad 100人インタビュー File No.2 増田恵美(めぐみ)さん  「あなたのファン作りアドバイザー」として、多くの迷えるブロガーたちを導き、ご自身もパワーブロガー、インフルエンサー、読者 […]

ハンドメイド作家 千村祐子さん

ハンドメイド作家 千村祐子さん  現在、会社勤めをしながら、昔から得意だった裁縫の腕を活かして、友人・知人のリクエストに応じて、手作りのバッグやポーチ、キッチングッズなどを作る”手作り工房”を立ち上げた祐子さんの”分かれ […]

パーリィテラス “SEVEN” 「からだデザイン」代表 一井葉子さん

子育てが終わって一段落、そんな女性も多い40歳代は、まだまだ人生の折り返し地点。「これからは自分のための自分らしい人生を歩みたい」とこれから自分主役の人生を歩もうとしている女性達にエールを送りたいという想いから誕生したキ […]

アーティフィシャルフラワー第一人者  花装飾作家 FLORA ROOM主宰 中山亜希子さん

今から約10年ほど前(2015年現在)、プリザーブドフラワーが注目を浴びていた頃に、「アーティフィシャルフラワーの普遍的な美しさ、クリエイティブな発想をかきたてる魅力を広めたい」と日本に紹介し、“造花”とは一線を画す洗練 […]

”働く母ちゃんの背中を見せてやる!” 日本ママ起業家大学 代表理事 近藤洋子さん インタビュー

  一般社団法人日本女性起業家支援協会 日本ママ起業家大学代表理事として女性支援のスクール事業を行っている近藤洋子さん。以前はラジオDJとしてご活躍され、現在は各種イベントの司会や通販番組のナビゲーターとしての […]

“奇跡の50代” 美容研究家 飯塚かこさんインタビュー

  “奇跡の50代”として雑誌やテレビ番組に登場したり、ネットで話題になるなど、美容研究家として活躍中のKAKOさんこと、飯塚かこさん。短大卒業後、27歳で結婚。30代・40代と想像を超える苦しい時期を乗り越えて、生き生 […]

女性はもっと自由で輝く存在であるべき! イメージコンサルタント Venus Aura 代表 田中貴子さん

  2010年4月にサロンをオープンして以来わずか4年で、毎月受付開始とともに全ての診断予約の枠が埋まってしまうイメージコンサルタントの田中貴子さん。地方からわざわざカラー診断を受けにくる方がいたり、それまで勤 […]
コメントなし

固定ページ:

1

2 3 4

関連記事

  1. シェアコスメ®を広めたい! 株式会社ability 代表小出美知…
  2. 肌トラブルに悩む切実な思いから生まれたコスメを多くの女性に 株式…
  3. あなたのファン作りアドバイザー 増田恵美さん
  4. ポッドキャストのインタビュー番組「Heartful Life」に…
  5. ”働く母ちゃんの背中を見せてやる!” 日本ママ起業家大学 代表理…
  6. アーティフィシャルフラワー第一人者  花装飾作家 FLORA R…
  7. 「多くの人の人生に向き合った経験を活かして、頼れる存在に」ソニー…
  8. ファッションキャリアからコスメ開発へ ディファインビューティ―代…

おすすめ記事

あなたに勇気をくれる言葉 「明日一歩踏み出す力」第20回

こんにちは、大内です。みなさんは時として、「意味」を探して迷子になってしまうことはありませんか。仕事をする意味、頑張る意味、耐える意味、生きる意味…ここまでして頑張る意味があることなのか。自分や周りの人の幸せにとっても意味があることなのか。つらいときほど、そんなふうに意味を探すこともあるかもしれません。

ピックアップ記事

PAGE TOP