recommend

ホンスキージョの気まぐれ読書:やる気に頼らずすぐやる人になる37のコツ


読書好き、書評好きの2人のライターによるオススメ本のご紹介(毎月10日&20日更新)

ホンスキージョ そのいち:Anzy

小学生の事は、毎月、親からもらったお小遣いを握りしめて、本屋に直行。親戚の家に行けば、本棚からごっそり本を取り出して、遊ぶいとこたちを横目に、山積みにした本を片っ端から読んでいく。特に伝記物が大好きで、「人の人生」に強い興味を抱き、のちのちのインタビューの仕事へとつながっていく。特にキュリー夫人に憧れて研究者になりたいと夢みたものの、バリバリの文系だということに気が付くまでそう時間はかからなかった。「世界中の非識字率をゼロにしたい」という想いを心に抱き続けている。現在は、毎週日曜日の読売新聞の書評欄にくまなく目を通し、面白そう♪と思ったものは、その場でかたっぱしからアマゾンで注文。毎週2~3冊読む本の中から、おすすめしたい書籍をゆる~くご紹介します。*ジャンルは相当偏っています。

ホンスキージョ そのに:JUNKA

幼少期から本が心の拠りどころで、毎日図書館に通い詰めては次の本を借りるのが楽しみでした。続きものの物語を読み始めたら止まらず、ゾーンに入って気付いたら朝、ということもしばしば。当時有隣堂のカバーに書かれた「本は心の旅路」に激しく同意する小学生でした。本はいつどんな時でも、その世界に入り込むことで冒険者にも哲学者にも魔法使いにもなんにでもなれる。嬉しい朝、泣きたい夜、困難にぶつかって頭を抱える日も、自分がどんな心の状態の時でも、いつも何かの答えをくれる。そんな本に支えられてきた人生を送ってきました。心に響く珠玉の作品から実生活に役立つ目からウロコの一冊まで、おすすめの本をご紹介します。なお、Anzyにつづきまして、ジャンルは相当偏っております!

***********************************************

ホンスキージョの気まぐれ読書

今回の担当は、JUNKA。

本はこちら。

やる気に頼らずすぐやる人になる37のコツ

大平信孝著

こちらの本は、ひと言で言えば「先延ばしをなくすためにはどうしたらいいか」を具体的行動ベースで教えてくれる本。タイトルの通り、やる気に頼らず「すぐやる人」になりたい人のための本です。

やらなきゃいけないとわかっているけれど「あとで」と先延ばししてしまう…

締め切りが先のことだとつい後回しにしてしまう…

そんな経験や心当たりがある方はいませんか。

私は読みながらまるで自分に言われているように感じていました。

わかっているのになかなか着手できない、取り掛かるまでに時間がかかる。

そんな時は期限ギリギリになって慌てる羽目になったり、どんどん仕事がたまって追い込まれてしまったり、そんな自分に「これじゃだめだ」と自己嫌悪にもなりかねません。

しかし本書では、「人間の脳の仕組みはそうなっているので、自己嫌悪になる必要はない」と言うのです。

人間の防衛本能による現状維持バイアスの働き、つまり「脳が生命維持のためにこれまでの安全な現状を維持しようとして、変化を避けるため新しい行動を抑制する働き」によって後回しグセが生まれるため、つい先延ばしをしたくなるのは自然なことなのだというわけです。

するとここで、ひとつの疑問が浮かんでくるのではないでしょうか。

「え?それなら、すぐやる人はどうなっているの?」と。

皆さんの周りにも「すぐやる人」や、有言実行でいつも考えを即座に行動へ移せる人がいるでしょう。ご自身がそのタイプだという人もいるかもしれません。

では、すぐに行動できる人は、「脳が後回しをしたくなる仕組み」に打ち克つほどの意志の強さを常に持っていると言うことなのでしょうか。

この疑問に対して、本書では「すぐやる人は、意志の力でやっているわけではない」と言います。

もともと「すぐやる」スイッチは誰でも持っているもので、「すぐやる人」は、スイッチの入れ方を知っているだけ。意志の力でやっているわけではないと言うのです。

後回しグセのある人は、ただそのスイッチの入れ方を忘れてしまっているだけなのだと。

こうなると、俄然勇気が湧いてきます。ついつい後回しにしたくなってしまうクセがあったとしても、スイッチの入れ方さえわかれば、今日から「すぐやる人」になれるのではないか?と思わせてくれます。

さて、それでは「やる気スイッチ」の正体は一体何でしょうか。

簡単に結論から言うと、脳には「側坐核」と呼ばれるものがあります。

この「側坐核」が刺激されると、やる気ホルモンとも呼ばれる「ドーパミン」という脳内伝達物質が分泌され、行動力の源となります。

「じゃあ、どうやって側坐核を刺激すればいいの?」と聞きたくなりますよね。

側坐核は、頭で「これをやろう」と考えているだけでは刺激されません。こうしなきゃいけない、やりなさいと叱咤されたとしても側坐核は刺激されません。

側坐核は「行動すること」でしか刺激されないのです。

ここで、「え?行動できないからやる気スイッチを押したいのに、結局行動しなきゃスイッチを押せないってどういうこと?」という矛盾が生じますね。

確かに側坐核は「行動すること」で刺激され、ドーパミンという行動力のもとを分泌しますが、この「刺激となる行動」は、とても小さなもので良いのです。

脳には「可塑性」と呼ばれる、とても小さな変化でも受け取る性質があります。

このため、やろうとしている行動に比べればほんのごくわずかな動きでも、このスイッチを入れる刺激となるのです。したがって、どんなに小さな一歩でもいい、できるだけハードルを下げた小さな「行動」をすれば、自分を大きく動かすことができるというわけです。

たとえば、「資格や英語の勉強をしたい」なら、テキストを取り出したりノートを開いたり。「プレゼン資料を作る」なら、PCの電源を入れてツールを立ち上げるところから。

「それくらいならできる」という程度の取っ掛かりのほんの1アクションこそが、側坐核を刺激してやる気スイッチを押す一手となるのです。

こういった、いわゆる「やる気スイッチ」を押し「すぐやる人」になるためにできる具体的な37のコツが、すぐに生活へ無理なく取り入れられるよう、具体的に解説されている本書。

ここまで読んで期待感を持ったという人は、ぜひ本書をお手に取り、書かれているコツをいくつか実生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

私は読了後、実際に意識と行動に変化を感じたので、ぜひ皆さんにも感じてみていただきたいと思います。

新生活が始まる季節、この春におすすめの一冊です。

やる気に頼らず「すぐやる人」になる37のコツ 科学的に先延ばしをなくす技術 [ 大平 信孝 ]

価格:1,540円

ホンスキージョの気まぐれ読書:あなたの強さはあなたの弱さから生まれる

ホンスキージョの気まぐれ読書 今回の担当は、JUNKA。本はこちら。「あなたの強さはあなたの弱さから生まれる」小澤竹俊 著 人は、人生の終わりが間近に迫ったとき、何を思うのでしょうか。人生の残り時間を何に遣い、どう生きようと考えるのでしょうか。この問いは、私の人生の中で何度も浮

ホンスキージョの気まぐれ読書:本当の自信を手に入れる9つのステップ

ホンスキージョの気まぐれ読書 今回の担当は、JUNKA。本はこちら。「小さなことに左右されない『本当の自信』を手に入れる9つのステップ」水島広子著 先日、少し自信を失うような出来事があり、書店に立ち寄ったときのことです。「いかにも」というタイトルのこの本書を手に取ってしまった

ホンスキージョの気まぐれ読書:学び方の学び方

ホンスキージョの気まぐれ読書 今回の担当は、JUNKA。本はこちら。「学び方の学び方 LEARN LIKE A PRO」バーバラ・オークレー/オラフ・シーヴェ著 私は以前、勉強にはある種の才能があると思っていました。もちろん本人の努力や勉強に取り組む姿勢が一番だと思ってはいましたが、勉強に向く

ホンスキージョの気まぐれ読書:「めんどくさい」がなくなる本

ホンスキージョの気まぐれ読書 今回の担当は、JUNKA。本はこちら。『めんどくさい』がなくなる本 鶴田豊和 著 私は、面倒くさがりです。それを「やらなきゃダメ!」と、いつも自分を叱咤して行動しています。好きなことは時間を忘れていくらでも没

ホンスキージョの気まぐれ読書:やる気に頼らずすぐやる人になる37のコツ

ホンスキージョの気まぐれ読書 今回の担当は、JUNKA。「エフォートレス思考」グレッグ・マキューン著 最近、書店で平置きになっていたりランキング上位を集めた棚で見かけたりすることが多いと感じていた「エフォートレス思考」。世界的に超ベスト

ホンスキージョの気まぐれ読書:エフォートレス思考

ホンスキージョの気まぐれ読書 今回の担当は、JUNKA。「エフォートレス思考」グレッグ・マキューン著 最近、書店で平置きになっていたりランキング上位を集めた棚で見かけたりすることが多いと感じていた「エフォートレス思考」。世界的に超ベスト

ホンスキージョの気まぐれ読書:言葉の教室

ホンスキージョの気まぐれ読書 今回は、久しぶりにAnzyです。「言葉」が好きな私。ついこんな本を手に取ってしまいました。 「言葉の教室」松本隆著 作詞家として2000曲以上を手がけ、「木綿のハンカチーフ」「A LONG VACATION」「ルビーの指輪」

ホンスキージョの気まぐれ読書:幸福優位

ホンスキージョの気まぐれ読書 今回の担当は、JUNKA。本は、こちら。「幸福優位7つの法則」ショーン・エイカー著 2022年、私が初めにご紹介したいのは、ハーバード大学で学生に最も人気のある「ポジティブ心理学」の授業を教えるショーン・エイカー

ホンスキージョの気まぐれ読書:嫌われる勇気

読書好き、書評好きの2人のライターによるオススメ本のご紹介(毎月10日&20日更新)今回の担当は、今回の担当も、JUNKA。「嫌われる勇気」岸見一郎・古賀史健著 言わずと知れた大ベストセラー、「嫌われる勇気」。勇気づけ心理学とも呼ばれ世界的に有名なアドラー心理学を提唱する、アルフレッド・アドラー博士の本です。

ホンスキージョの気まぐれ読書:イシューからはじめよ――知的生産の「シンプルな本質」

読書好き、書評好きの2人のライターによるオススメ本のご紹介(毎月10日&20日更新)今回の担当は、今回の担当も、JUNKA。本は、こちら。「ISSUEからはじめよ―知的生産のシンプルな本質」 安宅 和人 著私には「もっと早く読んでおけばよかった…!」と心から切実に思ったことのある本が何冊かありますが、本書は間違いなくそのうちの一冊と言え

ホンスキージョの気まぐれ読書:「より少ない生き方 ものを手放して豊かになる」

読書好き、書評好きの2人のライターによるオススメ本のご紹介(毎月10日&20日更新)今回の担当は、今回の担当も、JUNKA。本は、こちら。「より少ない生き方」ジョシュア・ベッカー 著 「ミニマリスト」という言葉をよく耳にするようになった数年前、「断捨離は趣味のひとつではあるけれど、私はそこまでやれないな」と思いながら何気なく手に取った一冊。

ホンスキージョの気まぐれ読書:「余命10年」

読書好き、書評好きの2人のライターによるオススメ本のご紹介(毎月10日&20日更新)今回の担当は、今回の担当も、JUNKA。本は、こちら。「余命10年」小坂流加 著。書店でふと目が止まったタイトルの横には、「この本の刊行を待たずに逝去した著者が命を賭けて綴った物語」というPOPが立っていました。著者の小坂流加さんは、この本の編集が終わったあと、主人公と同じ難病の病状が悪化し、刊行前に亡くなっ

ホンスキージョの気まぐれ読書:「あやうく一生懸命生きるところだった」

読書好き、書評好きの2人のライターによるオススメ本のご紹介(毎月10日&20日更新)今回の担当は、JUNKA。本は、こちら。「あやうく一生懸命生きるところだった」ハ・ワン著「ん?どういうこと??」と、まずは目が素通りすることを許さないタイトル。そしてタイトルのインパクトに畳み掛けるような表紙イラスト。今回は、タイトルと著者本人が描いた表紙のなんとも脱力しきったイラストに、思わず吹き出しそうになりながらもレジに直行してしまった不思議な一冊をご紹介します。

ホンスキージョの気まぐれ読書:「シンプルルールズ」

読書好き、書評好きの2人のライターによるオススメ本のご紹介(毎月10日&20日更新)第十回目の担当は、JUNKA。本は、こちら。「SIMPLE RULES」(シンプル・ルールズ)ドナルド・サル&キャスリーン・アイゼンハート著 ワシントン・ポスト、タイムズ紙などで絶賛されたという「SIMPLE RULES」。冒頭から、過酷な野戦病院で働く衛生兵の事例に

ホンスキージョの気まぐれ読書:家族写真の魔法

読書好き、書評好きの2人のライターによるオススメ本のご紹介(毎月10日&20日更新)第7回目の担当は、Anzy。茨城県水戸市で130年続く老舗写真館「小貫写真館」4代目であり、フォトグラファー森藤ヒサシさんによる著書「家族写真の魔法」。みなさんは、撮っていますか?「家族写真」。我が家では、2人の子どもたちの入学や卒業の折りにはいつ

ホンスキージョの気まぐれ読書:「悩む力」

読書好き、書評好きの2人のライターによるオススメ本のご紹介(毎月10日&20日更新)第8回目の担当は、JUNKA。さて、みなさんに質問です。突然ですが、ちょっと考えてみて下さい。1.清掃人が高い建物の窓を拭いていたところ、20メートルのはしごから足を滑らせてコンクリートの床に叩きつけられてしまいました。しかし無傷でした。

ホンスキージョの気まぐれ読書:脳のパフォーマンスを最大まで引き出す 神・時間術

読書好き、書評好きの2人のライターによるオススメ本のご紹介(毎月10日&20日更新)第6回目の担当は、JUNKA。一日は誰でも24時間と平等に決まっています。でもいつも時間に追われてしまう人と、ゆったり過ごせる人がいるのはなぜでしょうか。もちろん、収入や能力、仕事などの違いがあること

ホンスキージョの気まぐれ読書:鈍器本と呼ばれる厚さ5センチの「独学大全」

読書好き、書評好きの2人のライターによるオススメ本のご紹介(毎月10日&20日更新)第5回目の担当は、Anzy。今回のおススメは、またマニアックですよ。「独学大全」なんと788ページ。厚さ5センチです。大全とは、「その物事に関する事柄をすべて集めた書物」という意味だそうですが、タイト

ホンスキージョの気まぐれ読書:「自己肯定感」を上げるための3冊

読書好き、書評好きの2人のライターによるオススメ本のご紹介(毎月10日&20日更新)第4回目の担当は、JUNKA。今回は、3冊一挙にご紹介します!

ホンスキージョの気まぐれ読書:売れるコピーライティング単語帖 探しているフレーズが必ず見つかる言葉のアイデア2000

読書好き、書評好きの2人のライターによるオススメ本のご紹介(毎月10日&20日更新)第3回目の担当は、Anzy。本は、こちら。「売れるコピーライティング単語帖

ホンスキージョの気まぐれ読書:「イヤな気持ち」を消す技術~

読書好き、書評好きの2人のライターによるオススメ本のご紹介(毎月10日&20日更新)第二回目の担当は、JUNKA。本は、こちら。「イヤな気持ち」を消

ホンスキージョの気まぐれ読書:自分で始めた女たち~In the company of women~

書評好きの読書好きなライターによるオススメ本コーナー。毎週日曜日の読売新聞の書評欄にくまなく目を通し、面白そうだと思ったものは、その場でかたっぱしからアマゾンで注文。毎週2~3冊読む本の中から、お

関連記事

  1. ホンスキージョの気まぐれ読書:鈍器本と呼ばれる厚さ5センチの「独…
  2. ホンスキージョの気まぐれ読書:売れるコピーライティング単語帖 探…
  3. ホンスキージョの気まぐれ読書:自分で始めた女たち~In the …
  4. ホンスキージョの気まぐれ読書:言葉の教室
  5. ホンスキージョの気まぐれ読書:学び方の学び方
  6. ホンスキージョの気まぐれ読書:本当の自信を手に入れる9つのステッ…
  7. ホンスキージョの気まぐれ読書:イシューからはじめよ――知的生産の…
  8. ホンスキージョの気まぐれ読書:「悩む力」
PAGE TOP