recommend

ホンスキージョの気まぐれ読書:「より少ない生き方 ものを手放して豊かになる」


読書好き、書評好きの2人のライターによるオススメ本のご紹介(毎月10日&20日更新)

ホンスキージョ そのいち:Anzy

小学生の事は、毎月、親からもらったお小遣いを握りしめて、本屋に直行。親戚の家に行けば、本棚からごっそり本を取り出して、遊ぶいとこたちを横目に、山積みにした本を片っ端から読んでいく。特に伝記物が大好きで、「人の人生」に強い興味を抱き、のちのちのインタビューの仕事へとつながっていく。特にキュリー夫人に憧れて研究者になりたいと夢みたものの、バリバリの文系だということに気が付くまでそう時間はかからなかった。「世界中の非識字率をゼロにしたい」という想いを心に抱き続けている。現在は、毎週日曜日の読売新聞の書評欄にくまなく目を通し、面白そう♪と思ったものは、その場でかたっぱしからアマゾンで注文。毎週2~3冊読む本の中から、おすすめしたい書籍をゆる~くご紹介します。*ジャンルは相当偏っています。

ホンスキージョ そのに:JUNKA

幼少期から本が心の拠りどころで、毎日図書館に通い詰めては次の本を借りるのが楽しみでした。続きものの物語を読み始めたら止まらず、ゾーンに入って気付いたら朝、ということもしばしば。当時有隣堂のカバーに書かれた「本は心の旅路」に激しく同意する小学生でした。本はいつどんな時でも、その世界に入り込むことで冒険者にも哲学者にも魔法使いにもなんにでもなれる。嬉しい朝、泣きたい夜、困難にぶつかって頭を抱える日も、自分がどんな心の状態の時でも、いつも何かの答えをくれる。そんな本に支えられてきた人生を送ってきました。心に響く珠玉の作品から実生活に役立つ目からウロコの一冊まで、おすすめの本をご紹介します。なお、Anzyにつづきまして、ジャンルは相当偏っております!

***********************************************

ホンスキージョの気まぐれ読書 

今回の担当も、JUNKA。

本は、こちら

「より少ない生き方」

ジョシュア・ベッカー 著

 

「ミニマリスト」という言葉をよく耳にするようになった数年前、「断捨離は趣味のひとつではあるけれど、私はそこまでやれないな」と思いながら何気なく手に取った一冊。

 

この本との出会いで、私の人生は大きく変わりました。

最近読み返し、改めて多くを与えてくれた一冊をご紹介します。

 

「もっとお金や時間に余裕がほしい」

「やりたくても後回しになっていることをやりたい」

「もっと心が満たされる、よりよい暮らしをしたい」

 

これらの願いはすべて、「必要最小限のモノで暮らすこと」で叶えられると著者は言います。

 

そもそも、「モノを所有する」ということは、買うためにまずお金を稼ぎ、買うものについて調べたり検索する時間を費やし、実際に購入する手間を掛け、梱包のゴミを捨て、磨いたり掃除したりメンテナンスしたりして、増えたものを整理し、壊れたら修理したり新しく買い替えたり、要らなくなったらゴミとして捨てる手配をしたり不用品として売ったり…

このように、うんざりするほど長くなる行程があるわけですが、あえて書き出してみると、モノを所有するために実際これだけの手間や時間、コストをかけていることに気付きます。

増えたモノを維持・保管するにはスペースも必要なので、自由に使える空間が減り、時には倉庫やレンタルスペースを借りて、更なるコストがかかることもあるでしょう。

これらをやめてみると、単純に考えてもこの分の時間とエネルギーを奪われることがなくなり、お金も減りません。

それどころか、空いた時間を家族や大切な人と過ごすことに充てられたり、趣味やスポーツを楽しんだりする時間に変えることもできるでしょう。

モノを買わずに残ったお金は、慈善事業に寄付するなど社会貢献に役立てたり、夢の実現や大切な誰かのために使ったりできます。自分にとってより有意義なものに投入することもできるでしょう。

つまり、「モノにかかる時間とお金とエネルギーを、もっと自分にとって大切なことや優先順位の高いことに集中させられれば、人生の幸福度が上がるのではないか」と著者は言うわけです。

スティーブ・ジョブズやマーク・ザッカーバーグは、「着る服にかける時間がもったいない」と同じ服を数着持ち、毎日考えなくて済むからと同じ服を着ていたそうですが、「私達はモノが多過ぎることで余計な時間やコスト、スペースやエネルギーを取られている」と考えると、「本当に必要なモノだけでいい」という結論へ行き着きます。

 

「本当に必要なモノ」は人それぞれで、物質的なものだけでなく精神的なものにも同じことが言えるでしょう。

 

「自分にとって、本当に必要なモノは何か。」

それを本書は、読み進めながらじっくりと考えさせてくれるのです。

 

数年前に初めて本書を読んだ時、私は断捨離をしただけでなく、その後の物欲が大きく減り、時間とお金の遣い方、ものの選び方、価値判断の基準が変わりました。

何が自分にとって「本当に必要なモノ」なのかを、意識するようになったからです。

 

不要なものを持たないということは、必要なものだけが周りにある状態です。

研ぎ澄まされた少数精鋭のモノとの暮らしは、部屋の中だけでなく心の中にも「余白」という心のゆとりを作ってくれました。

 

自分の物欲の奥にある、本当に満たしたい欲求の正体にも向き合うことができ、モノに振り回されない日々は、これまでにない満足感を私にくれたのです。

 

もともと、広告業界出身の私は「消費=幸せ」のような構図に疑問を持っていました。

モノが増えても心は満たされないし、「もっともっと」を求める人の気持ちと広告業界の戦略に際限はないと思ったからです。

 

そこで著者の、「モノを買ってしまう裏にある承認欲求や満足感、安心感を求める気持ちは、モノを持つことで得られるものではない」と言う言葉に共感しました。

 

安心感は愛のある人間関係から生まれ、承認は自分で自分の価値を決めること、そして満足感は今あるものに感謝することで自然に得られるものでしょう。

 

「ものが増えても心は満たされない」と言いましたが、厳密に言えば、買った瞬間は所有欲や達成感が刺激されてドーパミンが分泌され、短時間の満足感は得られます。

しかし、世の中には次々と新商品が開発され、より便利なもの、より美しいもの、より質の高いものを求める物欲には限りがありません。

同時に、今や広告業界のマーケティング戦略は最新のAIを導入したターゲット・マーケティングへと進化し、私達はスマホを開くだけでも日々、自分の興味に合った様々な商品をセールスされ、目に入らなければ買おうと思わなかったものを欲しいと思わされ続ける毎日です。

思わず目を止めた広告からポチッと購入ボタンを押してしまい、あとになって「そんなに必要じゃなかった」ということがあってもおかしくないでしょう。

だからこそ、今、この本を多くの人に読んでほしいと思います。

そして「自分にとって本当に必要なモノは何か」を考え、自分にとって上質なモノだけを選び、多過ぎるモノに振り回されることのない生活をしてみてほしい。そのぶん、大切なことに時間とエネルギーとコストを集中させて、心から満たされる日々を笑顔で過ごして行ってほしい。そんなふうに思います。

 

読書の秋、あなたも「人生を変えるかもしれない一冊」との素敵な出会いがありますように。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

より少ない生き方 ものを手放して豊かになる [ ジョシュア・ベッカー ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2021/10/11時点)

楽天で購入

 

 

 

 

ホンスキージョの気まぐれ読書:「より少ない生き方 ものを手放して豊かになる」

読書好き、書評好きの2人のライターによるオススメ本のご紹介(毎月10日&20日更新)今回の担当は、今回の担当も、JUNKA。本は、こちら。「より少ない生き方」ジョシュア・ベッカー 著 「ミニマリスト」という言葉をよく耳にするようになった数年前、「断捨離は趣味のひとつではあるけれど、私はそこまでやれないな」と思いながら何気なく手に取った一冊。

ホンスキージョの気まぐれ読書:「余命10年」

読書好き、書評好きの2人のライターによるオススメ本のご紹介(毎月10日&20日更新)今回の担当は、今回の担当も、JUNKA。本は、こちら。「余命10年」小坂流加 著。書店でふと目が止まったタイトルの横には、「この本の刊行を待たずに逝去した著者が命を賭けて綴った物語」というPOPが立っていました。著者の小坂流加さんは、この本の編集が終わったあと、主人公と同じ難病の病状が悪化し、刊行前に亡くなっ

ホンスキージョの気まぐれ読書:「あやうく一生懸命生きるところだった」

読書好き、書評好きの2人のライターによるオススメ本のご紹介(毎月10日&20日更新)今回の担当は、JUNKA。本は、こちら。「あやうく一生懸命生きるところだった」ハ・ワン著「ん?どういうこと??」と、まずは目が素通りすることを許さないタイトル。そしてタイトルのインパクトに畳み掛けるような表紙イラスト。今回は、タイトルと著者本人が描いた表紙のなんとも脱力しきったイラストに、思わず吹き出しそうになりながらもレジに直行してしまった不思議な一冊をご紹介します。

ホンスキージョの気まぐれ読書:「シンプルルールズ」

読書好き、書評好きの2人のライターによるオススメ本のご紹介(毎月10日&20日更新)第十回目の担当は、JUNKA。本は、こちら。「SIMPLE RULES」(シンプル・ルールズ)ドナルド・サル&キャスリーン・アイゼンハート著 ワシントン・ポスト、タイムズ紙などで絶賛されたという「SIMPLE RULES」。冒頭から、過酷な野戦病院で働く衛生兵の事例に

ホンスキージョの気まぐれ読書:家族写真の魔法

読書好き、書評好きの2人のライターによるオススメ本のご紹介(毎月10日&20日更新)第7回目の担当は、Anzy。茨城県水戸市で130年続く老舗写真館「小貫写真館」4代目であり、フォトグラファー森藤ヒサシさんによる著書「家族写真の魔法」。みなさんは、撮っていますか?「家族写真」。我が家では、2人の子どもたちの入学や卒業の折りにはいつ

ホンスキージョの気まぐれ読書:「悩む力」

読書好き、書評好きの2人のライターによるオススメ本のご紹介(毎月10日&20日更新)第8回目の担当は、JUNKA。さて、みなさんに質問です。突然ですが、ちょっと考えてみて下さい。1.清掃人が高い建物の窓を拭いていたところ、20メートルのはしごから足を滑らせてコンクリートの床に叩きつけられてしまいました。しかし無傷でした。

ホンスキージョの気まぐれ読書:脳のパフォーマンスを最大まで引き出す 神・時間術

読書好き、書評好きの2人のライターによるオススメ本のご紹介(毎月10日&20日更新)第6回目の担当は、JUNKA。一日は誰でも24時間と平等に決まっています。でもいつも時間に追われてしまう人と、ゆったり過ごせる人がいるのはなぜでしょうか。もちろん、収入や能力、仕事などの違いがあること

ホンスキージョの気まぐれ読書:厚さ5センチの「独学大全」

読書好き、書評好きの2人のライターによるオススメ本のご紹介(毎月10日&20日更新)第5回目の担当は、Anzy。今回のおススメは、またマニアックですよ。「独学大全」なんと788ページ。厚さ5センチです。大全とは、「その物事に関する事柄をすべて集めた書物」という意味だそうですが、タイト

ホンスキージョの気まぐれ読書:「自己肯定感」を上げるための3冊

読書好き、書評好きの2人のライターによるオススメ本のご紹介(毎月10日&20日更新)第4回目の担当は、JUNKA。今回は、3冊一挙にご紹介します!

ホンスキージョの気まぐれ読書:売れるコピーライティング単語帖 探しているフレーズが必ず見つかる言葉のアイデア2000

読書好き、書評好きの2人のライターによるオススメ本のご紹介(毎月10日&20日更新)第3回目の担当は、Anzy。本は、こちら。「売れるコピーライティング単語帖

ホンスキージョの気まぐれ読書:「イヤな気持ち」を消す技術~

読書好き、書評好きの2人のライターによるオススメ本のご紹介(毎月10日&20日更新)第二回目の担当は、JUNKA。本は、こちら。「イヤな気持ち」を消

ホンスキージョの気まぐれ読書:自分で始めた女たち~In the company of woman~

書評好きの読書好きなライターによるオススメ本コーナー。毎週日曜日の読売新聞の書評欄にくまなく目を通し、面白そうだと思ったものは、その場でかたっぱしからアマゾンで注文。毎週2~3冊読む本の中から、お

関連記事

  1. ホンスキージョの気まぐれ読書:「悩む力」
  2. ホンスキージョの気まぐれ読書:「自己肯定感」を上げるための3冊
  3. ホンスキージョの気まぐれ読書:「イヤな気持ち」を消す技術~
  4. ホンスキージョの気まぐれ読書:「余命10年」
  5. ホンスキージョの気まぐれ読書:売れるコピーライティング単語帖 探…
  6. ホンスキージョの気まぐれ読書:家族写真の魔法
  7. ホンスキージョの気まぐれ読書:自分で始めた女たち~In the …
  8. ホンスキージョの気まぐれ読書:「シンプルルールズ」

おすすめ記事

ホンスキージョの気まぐれ読書:「より少ない生き方 ものを手放して豊かになる」

読書好き、書評好きの2人のライターによるオススメ本のご紹介(毎月10日&20日更新)今回の担当は、今回の担当も、JUNKA。本は、こちら。「より少ない生き方」ジョシュア・ベッカー 著 「ミニマリスト」という言葉をよく耳にするようになった数年前、「断捨離は趣味のひとつではあるけれど、私はそこまでやれないな」と思いながら何気なく手に取った一冊。

ピックアップ記事

PAGE TOP