recommend

ホンスキージョの気まぐれ読書:「あやうく一生懸命生きるところだった」


読書好き、書評好きの2人のライターによるオススメ本のご紹介(毎月10日&20日更新)

ホンスキージョ そのいち:Anzy

小学生の事は、毎月、親からもらったお小遣いを握りしめて、本屋に直行。親戚の家に行けば、本棚からごっそり本を取り出して、遊ぶいとこたちを横目に、山積みにした本を片っ端から読んでいく。特に伝記物が大好きで、「人の人生」に強い興味を抱き、のちのちのインタビューの仕事へとつながっていく。特にキュリー夫人に憧れて研究者になりたいと夢みたものの、バリバリの文系だということに気が付くまでそう時間はかからなかった。「世界中の非識字率をゼロにしたい」という想いを心に抱き続けている。現在は、毎週日曜日の読売新聞の書評欄にくまなく目を通し、面白そう♪と思ったものは、その場でかたっぱしからアマゾンで注文。毎週2~3冊読む本の中から、おすすめしたい書籍をゆる~くご紹介します。*ジャンルは相当偏っています。

ホンスキージョ そのに:JUNKA

幼少期から本が心の拠りどころで、毎日図書館に通い詰めては次の本を借りるのが楽しみでした。続きものの物語を読み始めたら止まらず、ゾーンに入って気付いたら朝、ということもしばしば。当時有隣堂のカバーに書かれた「本は心の旅路」に激しく同意する小学生でした。本はいつどんな時でも、その世界に入り込むことで冒険者にも哲学者にも魔法使いにもなんにでもなれる。嬉しい朝、泣きたい夜、困難にぶつかって頭を抱える日も、自分がどんな心の状態の時でも、いつも何かの答えをくれる。そんな本に支えられてきた人生を送ってきました。心に響く珠玉の作品から実生活に役立つ目からウロコの一冊まで、おすすめの本をご紹介します。なお、Anzyにつづきまして、ジャンルは相当偏っております!

***********************************************

今回の担当は、JUNKA。

本は、こちら。

「あやうく一生懸命生きるところだった」

ハ・ワン著

「ん?どういうこと??」

と、まずは目が素通りすることを許さないタイトル。

そしてタイトルのインパクトに畳み掛けるような表紙イラスト。

今回は、タイトルと著者本人が描いた表紙のなんとも脱力しきったイラストに、思わず吹き出しそうになりながらもレジに直行してしまった不思議な一冊をご紹介します。

「正直なところ、この選択がどんな結果を生むのか僕もわからない。"頑張らない人生"なんて初めてだ。これは、僕の人生を賭けた実験だ。」(本文引用)

表紙に滲み出るユーモアと思い切りのよさが随所で煌めく本書ですが、パラパラと軽く読み進めるうちに、いつの間にか著者の挫折人生とそこから生まれた価値観に引き込まれてしまう、実はとても深い内容でした。

この著者は「『絶対に諦めるな』という言葉が大嫌いだ」と言います。

いつも一生懸命頑張って、何事も諦めずに必死で努力し続けてきた人にとっては、もしかしたら少し抵抗を感じる内容かもしれません。

実際、「諦めたらそこで終わりだ」と自分に言い聞かせてくることも多かった私にとってはドキッとする話もありました。

しかし、そうやって真面目に努力し続けて頑張って来た人にこそ、一度でいいから読んでみてほしいと思う一冊です。

3浪してホンデ大学(美術系最難関の超一流大学)に入学した著者は、この体験を「絶対に諦めなければ夢は叶う」というサクセスストーリーではなく「自分はなんて愚かなことをしてしまったのだろう」と心から後悔して語ります。

「え?どうして?」

という疑問が浮かびながらも、よく読めば理由に頷く人も多いでしょう。

一つのものごとに執着してしまうことが視野を狭め、他の選択肢を見えなくさせることもあるということ、期待が絶望を生み、比較が苦悩を生むことを、著者は自らの人生を教材にして語っていきます。

全力で走り続けることをやめ、みんなによく見られるように生きることを捨てたとき、「本当に恥ずべきなのは、この歳で何も持っていないことではなく、自分なりのポリシーや方向性を持たずに生きていることだ」と感じた著者は、「自分は何のレースをしていたんだろう。誰が先に家を買うか大会?誰が一番出世するか大会?さっぱりわからない。」と言います。

少しシュールな角度から現代社会を見つめ、思い切った言葉でバッサバサと斬っていくのが小気味よい本書、思わず吹き出してしまうような著者本人のイラストと共に「あるある」な内容も多く含み、楽しみながらサクサク読めるのですが、時に鋭く深く、心にズシッと響いてきます。

個人的には、自分を過大評価も過小評価もすることなく、ニュートラルにそのままを認めたとき、ほんとうの自尊感情が湧いてくるという内容に深く共感。

マンガを読むような軽さで読み進められて、読後は肩の力が抜け、長い間抱えてきた重い荷物を下ろしたような気分になる、極上の読書体験をもらいました。

頑張りすぎて疲れてしまったとき、周囲が眩しく見えてしまったとき、自分の人生にふと

立ち止まってしまったとき、やる気が出なくて苦しいとき。

そんなとき、ぜひ手にとっていただきたい一冊です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

あやうく一生懸命生きるところだった [ ハ・ワン ]
価格:1595円(税込、送料無料) (2021/7/10時点)

楽天で購入

 

 

ホンスキージョの気まぐれ読書:イシューからはじめよ――知的生産の「シンプルな本質」

読書好き、書評好きの2人のライターによるオススメ本のご紹介(毎月10日&20日更新)今回の担当は、今回の担当も、JUNKA。本は、こちら。「ISSUEからはじめよ―知的生産のシンプルな本質」 安宅 和人 著私には「もっと早く読んでおけばよかった…!」と心から切実に思ったことのある本が何冊かありますが、本書は間違いなくそのうちの一冊と言え

ホンスキージョの気まぐれ読書:「より少ない生き方 ものを手放して豊かになる」

読書好き、書評好きの2人のライターによるオススメ本のご紹介(毎月10日&20日更新)今回の担当は、今回の担当も、JUNKA。本は、こちら。「より少ない生き方」ジョシュア・ベッカー 著 「ミニマリスト」という言葉をよく耳にするようになった数年前、「断捨離は趣味のひとつではあるけれど、私はそこまでやれないな」と思いながら何気なく手に取った一冊。

ホンスキージョの気まぐれ読書:「余命10年」

読書好き、書評好きの2人のライターによるオススメ本のご紹介(毎月10日&20日更新)今回の担当は、今回の担当も、JUNKA。本は、こちら。「余命10年」小坂流加 著。書店でふと目が止まったタイトルの横には、「この本の刊行を待たずに逝去した著者が命を賭けて綴った物語」というPOPが立っていました。著者の小坂流加さんは、この本の編集が終わったあと、主人公と同じ難病の病状が悪化し、刊行前に亡くなっ

ホンスキージョの気まぐれ読書:「あやうく一生懸命生きるところだった」

読書好き、書評好きの2人のライターによるオススメ本のご紹介(毎月10日&20日更新)今回の担当は、JUNKA。本は、こちら。「あやうく一生懸命生きるところだった」ハ・ワン著「ん?どういうこと??」と、まずは目が素通りすることを許さないタイトル。そしてタイトルのインパクトに畳み掛けるような表紙イラスト。今回は、タイトルと著者本人が描いた表紙のなんとも脱力しきったイラストに、思わず吹き出しそうになりながらもレジに直行してしまった不思議な一冊をご紹介します。

ホンスキージョの気まぐれ読書:「シンプルルールズ」

読書好き、書評好きの2人のライターによるオススメ本のご紹介(毎月10日&20日更新)第十回目の担当は、JUNKA。本は、こちら。「SIMPLE RULES」(シンプル・ルールズ)ドナルド・サル&キャスリーン・アイゼンハート著 ワシントン・ポスト、タイムズ紙などで絶賛されたという「SIMPLE RULES」。冒頭から、過酷な野戦病院で働く衛生兵の事例に

ホンスキージョの気まぐれ読書:家族写真の魔法

読書好き、書評好きの2人のライターによるオススメ本のご紹介(毎月10日&20日更新)第7回目の担当は、Anzy。茨城県水戸市で130年続く老舗写真館「小貫写真館」4代目であり、フォトグラファー森藤ヒサシさんによる著書「家族写真の魔法」。みなさんは、撮っていますか?「家族写真」。我が家では、2人の子どもたちの入学や卒業の折りにはいつ

ホンスキージョの気まぐれ読書:「悩む力」

読書好き、書評好きの2人のライターによるオススメ本のご紹介(毎月10日&20日更新)第8回目の担当は、JUNKA。さて、みなさんに質問です。突然ですが、ちょっと考えてみて下さい。1.清掃人が高い建物の窓を拭いていたところ、20メートルのはしごから足を滑らせてコンクリートの床に叩きつけられてしまいました。しかし無傷でした。

ホンスキージョの気まぐれ読書:脳のパフォーマンスを最大まで引き出す 神・時間術

読書好き、書評好きの2人のライターによるオススメ本のご紹介(毎月10日&20日更新)第6回目の担当は、JUNKA。一日は誰でも24時間と平等に決まっています。でもいつも時間に追われてしまう人と、ゆったり過ごせる人がいるのはなぜでしょうか。もちろん、収入や能力、仕事などの違いがあること

ホンスキージョの気まぐれ読書:厚さ5センチの「独学大全」

読書好き、書評好きの2人のライターによるオススメ本のご紹介(毎月10日&20日更新)第5回目の担当は、Anzy。今回のおススメは、またマニアックですよ。「独学大全」なんと788ページ。厚さ5センチです。大全とは、「その物事に関する事柄をすべて集めた書物」という意味だそうですが、タイト

ホンスキージョの気まぐれ読書:「自己肯定感」を上げるための3冊

読書好き、書評好きの2人のライターによるオススメ本のご紹介(毎月10日&20日更新)第4回目の担当は、JUNKA。今回は、3冊一挙にご紹介します!

ホンスキージョの気まぐれ読書:売れるコピーライティング単語帖 探しているフレーズが必ず見つかる言葉のアイデア2000

読書好き、書評好きの2人のライターによるオススメ本のご紹介(毎月10日&20日更新)第3回目の担当は、Anzy。本は、こちら。「売れるコピーライティング単語帖

ホンスキージョの気まぐれ読書:「イヤな気持ち」を消す技術~

読書好き、書評好きの2人のライターによるオススメ本のご紹介(毎月10日&20日更新)第二回目の担当は、JUNKA。本は、こちら。「イヤな気持ち」を消

ホンスキージョの気まぐれ読書:自分で始めた女たち~In the company of woman~

書評好きの読書好きなライターによるオススメ本コーナー。毎週日曜日の読売新聞の書評欄にくまなく目を通し、面白そうだと思ったものは、その場でかたっぱしからアマゾンで注文。毎週2~3冊読む本の中から、お

関連記事

  1. ホンスキージョの気まぐれ読書:「より少ない生き方 ものを手放して…
  2. ホンスキージョの気まぐれ読書:売れるコピーライティング単語帖 探…
  3. ホンスキージョの気まぐれ読書:「イヤな気持ち」を消す技術~
  4. ホンスキージョの気まぐれ読書:厚さ5センチの「独学大全」
  5. ホンスキージョの気まぐれ読書:「余命10年」
  6. ホンスキージョの気まぐれ読書:脳のパフォーマンスを最大まで引き出…
  7. ホンスキージョの気まぐれ読書:「シンプルルールズ」
  8. ホンスキージョの気まぐれ読書:家族写真の魔法

おすすめ記事

女の分かれ道研究所ブログ~もう一度~

キレイになりさえすれば、失くしたものを取り戻せると思った。でも夫は言う。「今さら、お前に女を求めていない」と。そんなことを言われる前に 自分でも「もう女じゃないかも

ピックアップ記事

PAGE TOP