recommend

ホンスキージョの気まぐれ読書:売れるコピーライティング単語帖 探しているフレーズが必ず見つかる言葉のアイデア2000


読書好き、書評好きの2人のライターによるオススメ本のご紹介(毎月10日&20日更新)

ホンスキージョ そのいち:Anzy

小学生の事は、毎月、親からもらったお小遣いを握りしめて、本屋に直行。親戚の家に行けば、本棚からごっそり本を取り出して、遊ぶいとこたちを横目に、山積みにした本を片っ端から読んでいく。特に伝記物が大好きで、「人の人生」に強い興味を抱き、のちのちのインタビューの仕事へとつながっていく。特にキュリー夫人に憧れて研究者になりたいと夢みたものの、バリバリの文系だということに気が付くまでそう時間はかからなかった。「世界中の非識字率をゼロにしたい」という想いを心に抱き続けている。現在は、毎週日曜日の読売新聞の書評欄にくまなく目を通し、面白そう♪と思ったものは、その場でかたっぱしからアマゾンで注文。毎週2~3冊読む本の中から、おすすめしたい書籍をゆる~くご紹介します。*ジャンルは相当偏っています。

ホンスキージョ そのに:JUNKA

幼少期から本が心の拠りどころで、毎日図書館に通い詰めては次の本を借りるのが楽しみでした。続きものの物語を読み始めたら止まらず、ゾーンに入って気付いたら朝、ということもしばしば。当時有隣堂のカバーに書かれた「本は心の旅路」に激しく同意する小学生でした。本はいつどんな時でも、その世界に入り込むことで冒険者にも哲学者にも魔法使いにもなんにでもなれる。嬉しい朝、泣きたい夜、困難にぶつかって頭を抱える日も、自分がどんな心の状態の時でも、いつも何かの答えをくれる。そんな本に支えられてきた人生を送ってきました。心に響く珠玉の作品から実生活に役立つ目からウロコの一冊まで、おすすめの本をご紹介します。なお、Anzyにつづきまして、ジャンルは相当偏っております!

***********************************************

第3回目の担当は、Anzy。

こんにちは。

今回は、ブログや記事を書くときに役立つ、とても実用的な一冊を。

タイトルの付け方にいつも頭を悩ましている方、必見です!

売れるコピーライティング単語帖

探しているフレーズが必ず見つかる 言葉のアイデア2000

 

著者は、セールスコピーライティングの第一人者神田昌典さんとコピーライターの衣田純一さん。

帯はご覧の通り、メンタリストDaigoさん。

「キャッチコピーに迷ったときは、この本をパラパラみてるとだいたいヒラメキます」とあります。

私は、いつも気になる表現とか、単語は専用のノートに書き写して、ときどきめくって見ているのですが、正直言うと必要なときにパッとは出てこないので、こういう一冊があるととても便利です。

集客のためにブログを書いていらっしゃる方は多いと思いますが、多くの方が頭を悩ますのが、その記事のタイトル。アクセスアップにつなげるために、ウェブ集客のセミナーなどでも、タイトルの重要性は重きを置いて説かれます。

が、そんなに簡単に出てきたら苦労はない!

ということで、この本の便利さをご紹介しましょう。

・問題提起する表現

・読み手に寄り添い共感する表現

・解決策を提示する表現

・提案する表現

・相手を選ぶ表現

・行動を促す表現

と6カテゴリに分けられ、その間にちりばめられた16本のコラムも興味深く勉強になります。

 

例えば、「好奇心をそそる」タイトルを書きたいとき。読者の「なんで?」「どうして?」をくすぐるタイトル、ネットにもたくさんありますよね。ポチっとして後悔することもしばしばですが^^;

以下、内容を一部抜粋してみました。

********************

■「好奇心をそそる」タイトルを書きたいとき

ワケ

              日本でスマートスピーカーが流行らないワケ

              真面目な人ほどお金が貯まらないワケ

              彼女が新婚旅行から戻ってきてすぐ離婚したワケ

ウソ・ホント

     鰻と梅干。天ぷらとスイカ。食べ合わせのウソ・ホント         

     輸入サプリメントのウソ・ホント

              人口減少時代のウソ・ホント

注目

              注目!幻想を捨てた女性たちが先導する市場のトレンド

              2020年春新色コスメ、注目は「溶け込みゴールド!」

              筆者が選ぶ、この夏公開される注目の映画3選

「効率性にフォーカスしたいとき」

たった〇分で

              今まで50時間かかった勉強が、たった5時間で終わらせることができた!

     「たった5分で体が変わる すごい熱刺激」

     事前準備なしで、たった15分で4人分の夕食を用意する方法

あっと言う間に

              あっという間に成約率を上げるコツ

              あっという間に入れ替わるIT業界の勢力図

              アッという間におかずに早変わりするお菓子

3分間

              3分間ドラッカー 経営学の巨人の名言・至言

              職場で手軽にできる3分間リフレッシュストレッチ

              あなたの女子力は高いほう?低いほう? 女子力3分間診断

********************

なんだプロのライターもこんなアンチョコを使ってたのね?!って思われるかもしれませんが、アンチョコというよりは、私はお風呂に入る時の一冊にしています(笑)。

 

 

 

ホンスキージョの気まぐれ読書:「あやうく一生懸命生きるところだった」

読書好き、書評好きの2人のライターによるオススメ本のご紹介(毎月10日&20日更新)今回の担当は、JUNKA。本は、こちら。「あやうく一生懸命生きるところだった」ハ・ワン著「ん?どういうこと??」と、まずは目が素通りすることを許さないタイトル。そしてタイトルのインパクトに畳み掛けるような表紙イラスト。今回は、タイトルと著者本人が描いた表紙のなんとも脱力しきったイラストに、思わず吹き出しそうになりながらもレジに直行してしまった不思議な一冊をご紹介します。

ホンスキージョの気まぐれ読書:「シンプルルールズ」

読書好き、書評好きの2人のライターによるオススメ本のご紹介(毎月10日&20日更新)第十回目の担当は、JUNKA。本は、こちら。「SIMPLE RULES」(シンプル・ルールズ)ドナルド・サル&キャスリーン・アイゼンハート著 ワシントン・ポスト、タイムズ紙などで絶賛されたという「SIMPLE RULES」。冒頭から、過酷な野戦病院で働く衛生兵の事例に

ホンスキージョの気まぐれ読書:家族写真の魔法

読書好き、書評好きの2人のライターによるオススメ本のご紹介(毎月10日&20日更新)第7回目の担当は、Anzy。茨城県水戸市で130年続く老舗写真館「小貫写真館」4代目であり、フォトグラファー森藤ヒサシさんによる著書「家族写真の魔法」。みなさんは、撮っていますか?「家族写真」。我が家では、2人の子どもたちの入学や卒業の折りにはいつ

ホンスキージョの気まぐれ読書:「悩む力」

読書好き、書評好きの2人のライターによるオススメ本のご紹介(毎月10日&20日更新)第8回目の担当は、JUNKA。さて、みなさんに質問です。突然ですが、ちょっと考えてみて下さい。1.清掃人が高い建物の窓を拭いていたところ、20メートルのはしごから足を滑らせてコンクリートの床に叩きつけられてしまいました。しかし無傷でした。

ホンスキージョの気まぐれ読書:脳のパフォーマンスを最大まで引き出す 神・時間術

読書好き、書評好きの2人のライターによるオススメ本のご紹介(毎月10日&20日更新)第6回目の担当は、JUNKA。一日は誰でも24時間と平等に決まっています。でもいつも時間に追われてしまう人と、ゆったり過ごせる人がいるのはなぜでしょうか。もちろん、収入や能力、仕事などの違いがあること

ホンスキージョの気まぐれ読書:厚さ5センチの「独学大全」

読書好き、書評好きの2人のライターによるオススメ本のご紹介(毎月10日&20日更新)第5回目の担当は、Anzy。今回のおススメは、またマニアックですよ。「独学大全」なんと788ページ。厚さ5センチです。大全とは、「その物事に関する事柄をすべて集めた書物」という意味だそうですが、タイト

ホンスキージョの気まぐれ読書:「自己肯定感」を上げるための3冊

読書好き、書評好きの2人のライターによるオススメ本のご紹介(毎月10日&20日更新)第4回目の担当は、JUNKA。今回は、3冊一挙にご紹介します!

ホンスキージョの気まぐれ読書:売れるコピーライティング単語帖 探しているフレーズが必ず見つかる言葉のアイデア2000

読書好き、書評好きの2人のライターによるオススメ本のご紹介(毎月10日&20日更新)第3回目の担当は、Anzy。本は、こちら。「売れるコピーライティング単語帖

ホンスキージョの気まぐれ読書:「イヤな気持ち」を消す技術~

読書好き、書評好きの2人のライターによるオススメ本のご紹介(毎月10日&20日更新)第二回目の担当は、JUNKA。本は、こちら。「イヤな気持ち」を消

ホンスキージョの気まぐれ読書:自分で始めた女たち~In the company of woman~

書評好きの読書好きなライターによるオススメ本コーナー。毎週日曜日の読売新聞の書評欄にくまなく目を通し、面白そうだと思ったものは、その場でかたっぱしからアマゾンで注文。毎週2~3冊読む本の中から、お

関連記事

  1. ホンスキージョの気まぐれ読書:厚さ5センチの「独学大全」
  2. ホンスキージョの気まぐれ読書:「あやうく一生懸命生きるところだっ…
  3. ホンスキージョの気まぐれ読書:「イヤな気持ち」を消す技術~
  4. ホンスキージョの気まぐれ読書:「自己肯定感」を上げるための3冊
  5. ホンスキージョの気まぐれ読書:家族写真の魔法
  6. ホンスキージョの気まぐれ読書:脳のパフォーマンスを最大まで引き出…
  7. ホンスキージョの気まぐれ読書:「悩む力」
  8. ホンスキージョの気まぐれ読書:自分で始めた女たち~In the …

おすすめ記事

ホンスキージョの気まぐれ読書:「あやうく一生懸命生きるところだった」

読書好き、書評好きの2人のライターによるオススメ本のご紹介(毎月10日&20日更新)今回の担当は、JUNKA。本は、こちら。「あやうく一生懸命生きるところだった」ハ・ワン著「ん?どういうこと??」と、まずは目が素通りすることを許さないタイトル。そしてタイトルのインパクトに畳み掛けるような表紙イラスト。今回は、タイトルと著者本人が描いた表紙のなんとも脱力しきったイラストに、思わず吹き出しそうになりながらもレジに直行してしまった不思議な一冊をご紹介します。

ピックアップ記事

PAGE TOP