tomorrow

あなたに勇気をくれる言葉 「明日一歩踏み出す力」第11回


こんにちは。大内順加です。

2020年も残すところあと一ヶ月となりました。

 

波乱の幕開けから緊急事態宣言、混沌の日々へと激動の一年でしたが、みなさまにとって2020年は、どんな年になりましたか?

 

当たり前だと思っていたものが当たり前ではなかったことを知り、改めて気付く日常のありがたさや、自粛生活で与えられた「時間」というギフトの中で、大切なことや忘れていたことを取り戻した人もいるでしょう。

ピンチをチャンスにという言葉のごとく、何かにチャレンジしたり、自分と向き合って進化成長したり、新しく人生を歩み直した人もいるかもしれません。

そして「今こそ」と立ち上がり、命を賭して医療の最前線に立ったり、不安にうつむく人の手を取り励ましたりする背中に、幾度勇気をもらったことでしょう。

ネット上には心に響く歌や作品、芸術や試みがたくさん発信され、それぞれが自分のできることで世界を明るくしようとする温かな心に、胸を打たれることも多い一年でした。

その反面、見えない不安と恐怖がじわじわと蔓延し、人や社会と強制的に隔たりを持たざるを得ない日々に、孤独を感じることもあったでしょう。

自分を見つめて心が迷子になったり、生活に影響が出て未来が描けなくなってしまったり、暗闇の中にいるように感じてしまった人もいるかもしれません。

そんな激動の時代の中でも、覚えていてほしい言葉があります。

 

必要なことはただ一つ、できると信じることだ。」

 

                      ―アンソニー・ロビンス―

できると信じること。

明日も生きていける明けない夜は無い全部いつか笑い話にできる、必ずできる、と。

たとえ今、どんなに苦境に立たされているとしても、それを糧にできる日が必ず来る。

今の思いを味わったからこそ、わかることがある。できることがある。見えた世界がある。

 

今だけが全てじゃない明日はまた新しい一日いつかこの経験が大切な誰かの役に立つ日が来るかもしれない。今日のことを「これで良かった」と言える未来を作ることができる。必ず陽は、また昇るのだから。

そう、信じてみてほしいのです。

根拠のない自信こそが絶対的な自信である。」と、エマソンは言いました。

自信に根拠はなくていいのです。ただ、できると信じる

それが心に小さな明かりを灯し、次第に生きる勇気となり、新しい年に向かって希望の種を蒔くことを、私は信じています。

みなさまにとって、素晴らしい締めくくりの一ヶ月になりますように。

 

【大内順加 プロフィール】
1979年生まれ、二児の母。
フリーライター/心理カウンセラー、アンガーマネジメントキッズインストラクター。

大学では臨床心理を専攻。大手広告代理店勤務を経て、出産・育児中は認知行動療法を学ぶ傍ら、育児関連webサイトで在宅ライターに。2008年より本格的に活動を始める。

現在は主に、認知行動療法、ストレスマネジメントに関する書籍の執筆や、ライフスタイルマガジン、情報サイトの記事作成、企画・編集作業、横浜の地域密着型おでかけサイトで突撃取材&インタビュー記事、現地レポ作成などをおこなっている。

心理カウンセラーとして認知行動療法を用いたカウンセリングのほか、ギャングエイジの子どもを対象に「怒りを感じたとき、どう行動するか」「怒りをコントロールする方法と大切さ」について伝える日本アンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントキッズインストラクターとしても活動中。

 

【執筆メディア】

◆”知らなかった新しい横浜”を紹介するウェブサイト「ハマニア」にて「なかのひとに聞いてみた!」インタビュー

◆ブログ:「きもちの居場所―幸せをつかむチカラ磨き―」
https://ameblo.jp/utari-atuy

◆書籍「人生を変える無意識の使い方―なりたい自分に必ずなれる!―」
https://www.amazon.co.jp/dp/B08KDP7V56/

 

あなたに勇気をくれる言葉 「明日一歩踏み出す力」第18回

こんにちは、大内順加です。みなさんは、「順調だな」と思っているとき、その順調がなんとなく「ずっと続く」気がしたり、逆につらいできごとに直面したときは、そのつらさがもう「ずっと続くのではないか」と思ったりすることはありませんか。ものごとは常に変化していて、雲が流れていくように、ゆっくりであっても移り変わっていきます。「諸行無常」という言葉があるように、すべては変化し、一秒一秒、必ず過去になっていきます。命でさえも永久ではありません。

あなたに勇気をくれる言葉 「明日一歩踏み出す力」第17回

こんにちは。大内順加です。 皆さまは、落ち込んでしまうような出来事が起きた時、自分にどんな言葉を掛けていますか?普段、ポジティブに物事を捉える思考の癖がついている方でも、たまには失敗して落ち込んでしまったり、思うように事が進まず自分の弱点や至らなさに目が向いてしまったりする日もあるのではないでしょうか。

あなたに勇気をくれる言葉 「明日一歩踏み出す力」第16回

陽の光が明るさを増して、花々が芽吹き、春の息吹を感じる「始まり」の季節がやって来ました。皆さまはいかがお過ごしでしょうか。4月になり、新生

あなたに勇気をくれる言葉 「明日一歩踏み出す力」第15回

陽の光が明るさを増して、花々が芽吹き、春の息吹を感じる「始まり」の季節がやって来ました。皆さまはいかがお過ごしでしょうか。4月になり、新生

あなたに勇気をくれる言葉 「明日一歩踏み出す力」第14回

みなさんは、この世にたったひとりしかいない、唯一無二のかけがえない自分自身を尊び、慈しんでいますか?あなたという人は一人しかいません。。ど

あなたに勇気をくれる言葉 「明日一歩踏み出す力」第13回

人の間で生きていれば、日々色々なことがあります。幸せや喜びを分かち合い、感謝や愛情で心温かに満たされる日もあれば、つらく理不尽なことや、自

あなたに勇気をくれる言葉 「明日一歩踏み出す力」第12回

新年明けましておめでとうございます。2021年、元日は心洗われるような快晴となりましたが、皆さまはどのような新年の幕開けをお過ごしでしょうか。

あなたに勇気をくれる言葉 「明日一歩踏み出す力」第11回

こんにちは。大内順加です。2020年も残すところあと一ヶ月となりました。波乱の幕開けから緊急事態宣言、混沌の日々へと激動の一年でしたが、みなさ

あなたに勇気をくれる言葉 「明日一歩踏み出す力」第10回

こんにちは、大内順加です。いま、明日の見えない情勢や続く混乱の中で、未来への不安を抱えている方もいるのではないでしょうか。長引く社会の昏迷

あなたに勇気をくれる言葉 「明日一歩踏み出す力」第9回

こんにちは、大内順加です。激動の2020年も、残すところあと3ヶ月となりました。今年は多くの人が様々な環境の変化の中で、自分の心と向き合う時間を持つ機会の多い一年になったのではないでしょうか。

あなたに勇気をくれる言葉 「明日一歩踏み出す力」第8回

こんにちは、大内順加です。私たち人間は、人の間に生きています。支え合い、いつも思いやり助け合っていたいと願うものの、様々な人々がそれぞれの事情を抱えていて、ひとりでは生きられないからこそ、社

あなたに勇気をくれる言葉 「明日一歩踏み出す力」第7回

こんにちは、大内順加です。みなさんは今、「あなたが心から望む自分」を生きていますか。「なりたい自分になりたい」「心から望む自分で生きたい」と思っていても、生きてきた環境やその場の常識、他者との関。

あなたに勇気をくれる言葉 「明日一歩踏み出す力」第6回

こんにちは。大内順加です。最近、「こんなに一生懸命がんばっているのにな…」というお話をよく聴く機会があります。努力を続けてきても、なかなか思うような結果が見えてこない時。前に進んでいないのではな

あなたに勇気をくれる言葉 「明日一歩踏み出す力」第5回

こんにちは、大内順加です。緊急事態宣言が解除されて、皆様の生活もまた少し変化している時でしょうか。元々、春からこの時期にかけては新生活がスタートして何かと楽しみな季節ですが、反面、環境の変化やそれに伴うストレスを受けがちな時期でもあり、五月病と呼ばれる言葉が出てくる頃でもあります。

あなたに勇気をくれる言葉 「明日一歩踏み出す力」第4回

こんにちは、大内順加です。今回は、ありふれているかもしれませんが、きっと誰もが大切な人に一番伝えたい言葉についてお話したいと思います。「ありがとう」よく知られている通り、語源は「有り難い」=「有り難し」、「有る」ことが「難しい」、つまりめったに無いことに感謝する気持ちから生まれた言葉です。

あなたに勇気をくれる言葉 「明日一歩踏み出す力」第3回

こんにちは。大内順加です。今回は、世界的な問題に直面している今、お届けしたい言葉を紹介させていただきます。「たとえ明日、世界が滅亡しようとも、今日私はリンゴの木を植える。」(Even if I knew that tomorrow the world would go to pieces, I would still plant my apple tree.)

あなたに勇気をくれる言葉 「明日一歩踏み出す力」第2回

こんにちは、大内順加です。新型ウィルスの脅威に騒然とする昨今、錯綜する情報に不安を煽られたり、一喜一憂させられたり、振り回されてしまうことはありませんか。目まぐるしく変化する近くを見過ぎてしまうと、目が回ります。そんなときは少し遠くへ思いを馳せて、心のピントを調節するのも良いかもしれません。

新登場!あなたに勇気をくれる言葉 「明日一歩踏み出す力」第1回

はじめまして。心理士でライターの大内順加と申します。ありがたいご縁をいただき、ウーマンクロスロード5周年の記念すべき日にコラムをスタートさせていただくことになりました。これからお付き合いいただければ幸いです。さて、皆さまには「好きな言葉」がありますか?支え続けてくれた言葉、背中を押してくれた言葉、人生を変えた言葉…。

関連記事

  1. あなたに勇気をくれる言葉 「明日一歩踏み出す力」第12回
  2. あなたに勇気をくれる言葉 「明日一歩踏み出す力」第5回
  3. あなたに勇気をくれる言葉 「明日一歩踏み出す力」第4回
  4. あなたに勇気をくれる言葉 「明日一歩踏み出す力」第17回
  5. あなたに勇気をくれる言葉 「明日一歩踏み出す力」第6回
  6. あなたに勇気をくれる言葉 「明日一歩踏み出す力」第18回
  7. あなたに勇気をくれる言葉 「明日一歩踏み出す力」第8回
  8. 新登場!あなたに勇気をくれる言葉 「明日一歩踏み出す力」第1回

おすすめ記事

ホンスキージョの気まぐれ読書:「あやうく一生懸命生きるところだった」

読書好き、書評好きの2人のライターによるオススメ本のご紹介(毎月10日&20日更新)今回の担当は、JUNKA。本は、こちら。「あやうく一生懸命生きるところだった」ハ・ワン著「ん?どういうこと??」と、まずは目が素通りすることを許さないタイトル。そしてタイトルのインパクトに畳み掛けるような表紙イラスト。今回は、タイトルと著者本人が描いた表紙のなんとも脱力しきったイラストに、思わず吹き出しそうになりながらもレジに直行してしまった不思議な一冊をご紹介します。

ピックアップ記事

PAGE TOP