あなたに勇気をくれる言葉 「明日一歩踏み出す力」第5回


こんにちは、大内順子です。

緊急事態宣言が解除されて、皆様の生活もまた少し変化している時でしょうか。

 

元々、春からこの時期にかけては新生活がスタートして何かと楽しみな季節ですが、反面、環境の変化やそれに伴うストレスを受けがちな時期でもあり、五月病と呼ばれる言葉が出てくる頃でもあります。

 

今年は新型コロナ影響下でその時期が遅れてくる、つまり緊急事態宣言が解除された今が、例年の新生活スタート時期に近い状況になっている方もいることでしょう。

 

もしくは緊急事態宣言以前からずっと変化にさらされてきて、心の緊張状態が続いていたり、環境の変化に順応すべく忙しく走り続けてきたりしたために、心のガス欠が起きそう…という方もいるかもしれません。

 

環境の変化への漠然とした不安や、なんとなく心にモヤがかかってしまう時。

いまひとつ、やる気を奮い起こせないとか、息切れしてしまったとか、心の元気を出せない時だってありますよね。

 

そんな時は、無理に頑張らなくていいんだと思っています。

そして代わりに少し、頭の中で遊びましょう。

ちょっと思い浮かべてみて下さい。

 

そういえば行きたいところやってみたいこと久しぶりに会いたい人食べてみたいものこんなことがあったら嬉しいなと思うこと叶えたい夢

 

小さなことから大きな夢まで、想像なら何だって自由です。

なんとなく思い浮かべるだけで顔がにやけてしまうような夢を、心に遊ばせてみて下さい。

 

 

「どこから」ではなく「どこへ」

 

                      フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ

                      (「ツァラトゥストラはかく語りき」より)

 

 

山の中で歩き疲れた時、「あそこに見える山小屋まで」と行き先が見えると、座りこみたい気分でも不思議と足が前に出るものです。

 

薄闇の中でどこに向かえば良いのかわからず立ち止まってしまった時、先に光が見えたとしましょう。

「光の方へ行きたい」と目指す先が見えると、今とこれまでがどんな状況だったとしても、人はそこへ向かって一歩前に進もうとするのです。

 

(これには認知心理学・認知科学に基づく脳の機能が関係するのですが、今そのことは置いておきますね。)

 

勇気を奮い立たせる必要も、あれこれ考える必要もありません。ただ「あっちに行こう」と行きたい方を見るだけ

 

「どこへ」

 

これは実は、かなり強力な心のガソリンです。

 

心のガソリンタンクの大きさは人それぞれなので、すぐに満タンにならなくても焦ることは全くありません。

 

 

モヤがかかっている時は、その向こうにある、行きたい先へ心を遊ばせてみて下さい。

すると、不思議と前に一歩が出て、いつの間にか行きたい場所にいるあなたに気づけるのではないでしょうか。

 

 

【大内順子 プロフィール】
1979年生まれ、二児の母。
フリーライター/心理カウンセラー、アンガーマネジメントキッズインストラクター。

大学では臨床心理を専攻。大手広告代理店勤務を経て、出産・育児中は認知行動療法を学ぶ傍ら、育児関連webサイトで在宅ライターに。2008年より本格的に活動を始める。

現在は主に、認知行動療法、ストレスマネジメントに関する書籍の執筆や、ライフスタイルマガジン、情報サイトの記事作成、企画・編集作業、横浜の地域密着型おでかけサイトで突撃取材&インタビュー記事、現地レポ作成などをおこなっている。

心理カウンセラーとして認知行動療法を用いたカウンセリングのほか、ギャングエイジの子どもを対象に「怒りを感じたとき、どう行動するか」「怒りをコントロールする方法と大切さ」について伝える日本アンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントキッズインストラクターとしても活動中。

連載:”知らなかった新しい横浜”を紹介するウェブサイト「ハマニア」にて「なかのひとに聞いてみた!」インタビュー

あなたに勇気をくれる言葉 「明日一歩踏み出す力」第8回

こんにちは、大内順子です。私たち人間は、人の間に生きています。支え合い、いつも思いやり助け合っていたいと願うものの、様々な人々がそれぞれの事情を抱えていて、ひとりでは生きられないからこそ、社会

あなたに勇気をくれる言葉 「明日一歩踏み出す力」第7回

こんにちは、大内順子です。みなさんは今、「あなたが心から望む自分」を生きていますか。「なりたい自分になりたい」「心から望む自分で生きたい」と思っていても、生きてきた環境やその場の常識、他者との関。

あなたに勇気をくれる言葉 「明日一歩踏み出す力」第6回

こんにちは。大内順子です。最近、「こんなに一生懸命がんばっているのにな…」というお話をよく聴く機会があります。努力を続けてきても、なかなか思うような結果が見えてこない時。前に進んでいないのではな

あなたに勇気をくれる言葉 「明日一歩踏み出す力」第5回

こんにちは、大内順子です。緊急事態宣言が解除されて、皆様の生活もまた少し変化している時でしょうか。元々、春からこの時期にかけては新生活がスタートして何かと楽しみな季節ですが、反面、環境の変化やそれに伴うストレスを受けがちな時期でもあり、五月病と呼ばれる言葉が出てくる頃でもあります。

あなたに勇気をくれる言葉 「明日一歩踏み出す力」第4回

こんにちは、大内順子です。今回は、ありふれているかもしれませんが、きっと誰もが大切な人に一番伝えたい言葉についてお話したいと思います。「ありがとう」よく知られている通り、語源は「有り難い」=「有り難し」、「有る」ことが「難しい」、つまりめったに無いことに感謝する気持ちから生まれた言葉です。

あなたに勇気をくれる言葉 「明日一歩踏み出す力」第3回

こんにちは。大内順子です。今回は、世界的な問題に直面している今、お届けしたい言葉を紹介させていただきます。「たとえ明日、世界が滅亡しようとも、今日私はリンゴの木を植える。」(Even if I knew that tomorrow the world would go to pieces, I would still plant my apple tree.)

あなたに勇気をくれる言葉 「明日一歩踏み出す力」第2回

こんにちは、大内順子です。新型ウィルスの脅威に騒然とする昨今、錯綜する情報に不安を煽られたり、一喜一憂させられたり、振り回されてしまうことはありませんか。目まぐるしく変化する近くを見過ぎてしまうと、目が回ります。そんなときは少し遠くへ思いを馳せて、心のピントを調節するのも良いかもしれません。

新登場!あなたに勇気をくれる言葉 「明日一歩踏み出す力」第1回

はじめまして。心理士でライターの大内順子と申します。ありがたいご縁をいただき、ウーマンクロスロード5周年の記念すべき日にコラムをスタートさせていただくことになりました。これからお付き合いいただければ幸いです。さて、皆さまには「好きな言葉」がありますか?支え続けてくれた言葉、背中を押してくれた言葉、人生を変えた言葉…。

ピックアップ記事

  1. Vol.24 夏の奇跡 暑さ寒さも彼岸までというが…このコラムが更新される頃には秋めいているだろうか…
  2. Vol.23 カラダの傷なら治せるけれど♪ カラダの傷なら治せるけれどぉ…と、ジュリーはその昔唄って…
  3. 子育て中のお母さんたち、日々の生活の中で自分の子どもと同年代のお子さんとの違いを感じてしまうこと、あ…
  4. コロナ禍(新型コロナウイルスが招いた災難や危機的状況)により、大きなダメージを受けた日本経済。政府か…
  5. 子育てをする中で、お母さんたちを悩ませることの1つが「離乳食」です。「いつから始めるの?」「どうやっ…

Twitter

バナーエリア

Because I am a Girl 世界の女の子たちに、生きていく力を 国際NGOプラン・ジャパン

Webをもっと
貴方の身近に B&Cカンパニー
PAGE TOP