あなたに勇気をくれる言葉 「明日一歩踏み出す力」第9回


こんにちは、大内順加です。

激動の2020年も、残すところあと3ヶ月となりました。

今年は多くの人が様々な環境の変化の中で、自分の心と向き合う時間を持つ機会の多い一年になったのではないでしょうか。

 

それは大切なことである反面、普段は忘れていた自分の心の深淵を覗いてしまうきっかけにもなったかもしれません。

また、環境のめまぐるしい変化に振り回され、時として心が疲れてしまうこともあったかもしれません。

そんな時こそ、紹介させていただきたい言葉があります。

 

辛い思いはすべてプラスになる。

苦しかったこと、悲しかったことが、いつか必ず花開く時が来る。

 

辛いこと、悲しいことは、幸せになるための必要事項。

花開き、実を結ぶときに辞めてしまってはいけない。

                       ―美輪明宏―

                  

とても辛い思いをしている時は、どんなに強い人でも、どうしても辛い気持ちに心がとらわれてしまいがちです。

でもそこを越えた後には、辛い時に感じたもの、その環境だからこそ見えたものが、すべて糧として大きな心の財産に変わるでしょう。

 

ドン・キホーテの著者セルバンデスも、こう言っています。

 

運命というものは、人をいかなる災難にあわせても、必ず一方の戸口をあけておいて、そこから救いの手を差しのべてくれるものよ。

 

たとえ今、心にスコトーマ(思い込みによる心理的盲点)が生じて、どこにも道がない八方塞がりのように思えているとしても、ただ、今立っている角度から道が見えていないだけかもしれません。

 

ほんの一歩、動いてみて別の角度から見れば、そこにある道を見つけられるかもしれません。

どんな時も必ずどこかに道が繋がっていることを、忘れないでほしいのです。

 

 

そして、「山は西からでも東からでも登れる。自分が方向を変えれば、新しい道はいくらでも開ける。」と松下幸之助が言ったように、その道というのもひとつではありません。

山の頂上に行くことで言えば、西や東から登る道だけでなく、ヘリコプターで頂上に降ろしてもらったって良いわけです。

今この道しかないと思い込んでいることでも、自分が見る角度をほんの少し変えてみるだけで、全く違う視点や、別の道も見つかるかもしれません。

 

それでももし、今は道を探す気になるような心の力もないという時は、そんな自分に「それでいい。」と声に出してつぶやいてみて下さい。

今はそれでいい。そんな時があったっていい。人間そんな時だってあるものだ、と。

 

言葉には力があります

脳は、現実と想像の区別がつかないという性質を持っているので、「それでいい」と言葉にすると、不思議と本当にそう思えるしくみがあります。

心が動き出せない時は、言葉の方から心に呼びかけてみるという方法もあります。

 

そして少しでも、動ける余裕ができたなら。

砕けそうな心を守るためには、逃げるという選択肢を選ぶことも時として必要です。

古代ギリシャの政治家デモステネスのこんな言葉があるように。

 

逃げた者は、もう一度戦える。

 

心が力を失っていなければ、必ずいつかもう一度、始められるのです。

いつからだって、どこからだって。

 

その「もう一度」が、その先で誰かの笑顔を生み、誰かの幸せにつながるかもしれません。

ゲーテが「涙とともにパンを食べたものでなければ、人生の味はわからない」と言ったように、辛い思いをしてきたからこそ、得たものから花が咲くかもしれません。

そんなふうに、花開き、実を結ぶときを、どうか信じていてほしいと心から願っています。

 

 

【大内順加 プロフィール】
1979年生まれ、二児の母。
フリーライター/心理カウンセラー、アンガーマネジメントキッズインストラクター。

大学では臨床心理を専攻。大手広告代理店勤務を経て、出産・育児中は認知行動療法を学ぶ傍ら、育児関連webサイトで在宅ライターに。2008年より本格的に活動を始める。

現在は主に、認知行動療法、ストレスマネジメントに関する書籍の執筆や、ライフスタイルマガジン、情報サイトの記事作成、企画・編集作業、横浜の地域密着型おでかけサイトで突撃取材&インタビュー記事、現地レポ作成などをおこなっている。

心理カウンセラーとして認知行動療法を用いたカウンセリングのほか、ギャングエイジの子どもを対象に「怒りを感じたとき、どう行動するか」「怒りをコントロールする方法と大切さ」について伝える日本アンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントキッズインストラクターとしても活動中。

 

【執筆メディア】

◆”知らなかった新しい横浜”を紹介するウェブサイト「ハマニア」にて「なかのひとに聞いてみた!」インタビュー

◆ブログ:「きもちの居場所―幸せをつかむチカラ磨き―」
https://ameblo.jp/utari-atuy

◆書籍「人生を変える無意識の使い方―なりたい自分に必ずなれる!―」
https://www.amazon.co.jp/dp/B08KDP7V56/

 

あなたに勇気をくれる言葉 「明日一歩踏み出す力」第9回

こんにちは、大内順加です。激動の2020年も、残すところあと3ヶ月となりました。今年は多くの人が様々な環境の変化の中で、自分の心と向き合う時間を持つ機会の多い一年になったのではないでしょうか。

あなたに勇気をくれる言葉 「明日一歩踏み出す力」第8回

こんにちは、大内順加です。私たち人間は、人の間に生きています。支え合い、いつも思いやり助け合っていたいと願うものの、様々な人々がそれぞれの事情を抱えていて、ひとりでは生きられないからこそ、社

あなたに勇気をくれる言葉 「明日一歩踏み出す力」第7回

こんにちは、大内順加です。みなさんは今、「あなたが心から望む自分」を生きていますか。「なりたい自分になりたい」「心から望む自分で生きたい」と思っていても、生きてきた環境やその場の常識、他者との関。

あなたに勇気をくれる言葉 「明日一歩踏み出す力」第6回

こんにちは。大内順加です。最近、「こんなに一生懸命がんばっているのにな…」というお話をよく聴く機会があります。努力を続けてきても、なかなか思うような結果が見えてこない時。前に進んでいないのではな

あなたに勇気をくれる言葉 「明日一歩踏み出す力」第5回

こんにちは、大内順加です。緊急事態宣言が解除されて、皆様の生活もまた少し変化している時でしょうか。元々、春からこの時期にかけては新生活がスタートして何かと楽しみな季節ですが、反面、環境の変化やそれに伴うストレスを受けがちな時期でもあり、五月病と呼ばれる言葉が出てくる頃でもあります。

あなたに勇気をくれる言葉 「明日一歩踏み出す力」第4回

こんにちは、大内順加です。今回は、ありふれているかもしれませんが、きっと誰もが大切な人に一番伝えたい言葉についてお話したいと思います。「ありがとう」よく知られている通り、語源は「有り難い」=「有り難し」、「有る」ことが「難しい」、つまりめったに無いことに感謝する気持ちから生まれた言葉です。

あなたに勇気をくれる言葉 「明日一歩踏み出す力」第3回

こんにちは。大内順加です。今回は、世界的な問題に直面している今、お届けしたい言葉を紹介させていただきます。「たとえ明日、世界が滅亡しようとも、今日私はリンゴの木を植える。」(Even if I knew that tomorrow the world would go to pieces, I would still plant my apple tree.)

あなたに勇気をくれる言葉 「明日一歩踏み出す力」第2回

こんにちは、大内順加です。新型ウィルスの脅威に騒然とする昨今、錯綜する情報に不安を煽られたり、一喜一憂させられたり、振り回されてしまうことはありませんか。目まぐるしく変化する近くを見過ぎてしまうと、目が回ります。そんなときは少し遠くへ思いを馳せて、心のピントを調節するのも良いかもしれません。

新登場!あなたに勇気をくれる言葉 「明日一歩踏み出す力」第1回

はじめまして。心理士でライターの大内順加と申します。ありがたいご縁をいただき、ウーマンクロスロード5周年の記念すべき日にコラムをスタートさせていただくことになりました。これからお付き合いいただければ幸いです。さて、皆さまには「好きな言葉」がありますか?支え続けてくれた言葉、背中を押してくれた言葉、人生を変えた言葉…。

ピックアップ記事

  1. Vol.25 テルユキの世界ドラマ「半沢直樹」も好調のまま最終回を迎えたらしいが…、案の定、何をやっ…
  2. こんにちは、大内順加です。激動の2020年も、残すところあと3ヶ月となりました。今年は多くの人が様々…
  3. ここ2ヶ月間続いていた仕事の山がようやく終了。途中、疲弊しきっていた時もありましたが、働きづめの日々…
  4. 結婚が決まったら、式場、招待ゲスト、当日供する料理など決めなくてはいけないことがたくさん! さらに新…
  5. 書評好きの読書好きなライターによるオススメ本コーナー。毎週日曜日の読売新聞の書評欄にくまなく目を通し…

Twitter

バナーエリア

Because I am a Girl 世界の女の子たちに、生きていく力を 国際NGOプラン・ジャパン

Webをもっと
貴方の身近に B&Cカンパニー
PAGE TOP